Ordinary

日常生活の些細なことに幸せの種を見つけて楽しんでいる平凡なオヤジの視点

デザイナーベビー

恐ろしいTEDを見た。


遺伝子組換え作物でさえも危なっかしいのに
人間までも同じ感覚で作ってしまおうとするのは
完全に狂気の沙汰。

しかもアメリカ科学アカデミーはそれに賛同している、というのだから、呆れる。
もっともこの団体は、遺伝子組換え作物も「安全」と言っているから
お里が知れる。(笑)

それは完全に神の領域であり、
人間が立ち入るべき場所ではない。
「デザイナー・ベビー」は断固反対である。

ロハコ火災

ここ最近は日常品の購入はほとんどロハコ
を使っていた。
とにかく早いし、安い。

他のサイトではお茶などの重い商品は
別途料金がかかるのだが、ロハコはそれが
かからないのも魅力。

Tポイントがドンドン貯まっていくため、
それを使うのにまたここを利用して
ドンドン深みにハマっている。(笑)

それが今回の火事。

発送に多少時間がかかるのはまだ良いが
これまで定期的に購入してきた、
「コーヒー」やら「ひげ剃り」がすべて「欠品」
になっているのは非常に困る。

今更「楽天」でなんてアホらしくて使えないし。
いつになったら回復するのか。。。
当分無理っぽいなぁ。。。

臨場



自分ではテレビはほぼ見ないが、
嫁が強く勧めるものだけは、時々渋々見る。
その中には「科捜研の女」のように確かに面白いものもある。

が、最近の一番のヒットは「臨場」。

録画してあったシリーズ1が余りに面白かったので、
続章を近所のゲオで6本全作借りてきた。
今どき、わざわざ会員登録してまで。(笑)

朝ドラのお遊戯会のような演技しか最近見ていなかったので
内野聖陽の渋い演技に超感動。
今週毎日1話ずつ見ていこう。
楽しみだ〜〜。\(^o^)/

ところで、レンタル屋なんて、10年以上行っていなかったが
1本80円なのね!?
セルフレジってのもはじめてやってみた。(^_^)

せどりしていた頃なら、中古を購入して自分で見た後、
売るって事も考えたが、もうそんなこともしていられない。
値下がりのリスクを考えたら、80円でレンタルしたほうが
全然気楽だし、安上がりだ。(笑)

確定申告

E-tax利用して、確定申告終了。

土日でも思い立った時に
すぐに提出できるのはネットの良い点。

なかなか一発でうまくできないことが多いのだが
今年はなぜかあっさり終了。(^_^;)

いくつもパスワードを要求されるのだが
すべてメモして控えてきたので
今年はパスワードで一つも引っかからなかった。
それが良かったか!?

ふ〜〜。
何はともあれ、大きな仕事を一つ終えた気分。
これが終わらないと、気持ちが落ち着かなくて
どこにも行けなかったからな。(笑)

新TOEICテスト 文法問題 でる1000問



本書を通しで3周した後、別冊問題集で1019問
を毎日54問(6ページ)ずつ、時間を測定して
解いている。
記録として残っている回数としては今日で4周終了。
大体1ヶ月で1周している計算。

今回の正解率は、1003/1019(98.4%)。
何回もやっているのに未だに16問も
間違えているのは我ながら情けない。(^_^;)

ただ、これだけ解くと、ここ数回TOEICで
Part5の正解率は90%切ることはさすがにない。

今の私の課題はPart5とPart6を15分で終えて
Part7に60分時間を残すこと。
これができれば、Part7を塗り絵なく
できるはず。(私の計算では)

さぁ、明日から5週目に突入。
がんばろう!!

暗闘



最近「虎ノ門ニュース」にも時々登場されるようになった、
著者の山口敬之氏。

その発言の正確さからして、本書も面白いだろうと
予想したが、期待を裏切らない面白さだった。

同じ政治の裏側を扱うにしても
青山さんの場合、パッション溢れる表現になるが
それを山口氏の場合は、冷徹に押さえ、
淡々と第三者的に語る。
どちらが良い悪いの問題ではない。
著者の性格の反映である。

マスメディアには出てこない数々の情報が散りばめられている。
外務省の無能さは今に始まったことではないが、
それにしてもひどい。

外交官試験や東大入試といった答えのわかっている試験にで高得点を取るだけの
受験秀才の能力など実社会では全くあてにならないことがよく分かる。
記憶力だけはいいが、腐った「性根」の受験エリートは有害無益。

青山さんが東大で教えることによって、
偏った知識エリートが多少なりとも
改善されることを期待したい。

ぼくらの哲学



やっと家庭教師の仕事もひと山越え、
時間的にも多少ゆとりが出てきたので
大量に「積読」してある本を少しずつ解消していく。(笑)

まずは手始めに我が師、青山さんの新刊本。

青山さんの回の「虎ノ門ニュース」はすべて閲覧済みなので
大体の逸話は聞いたことのなる話。
復習している気分。

彼の話はいつも行動が伴う点が
メディアに登場する大半の評論家・コメンテーター
と大きく異なる。
だから説得力がまるで違う。

まだ青山さんを知らない方はぜひ本書を手にとって
「一緒に考えて」欲しい。
日本人であることの矜持を持てるように。

bad-badder-baddest

「ヤバイ」がプラスのイメージを持つようになって久しい。
私自身はどうも違和感があって、自分でその意味で使うことは
ないが、若い人がそう言っていることには違和感はまったくない。
言葉は生き物であるから。

日本語がそうなら、英語でも同じ。
最近読んだ話。

badは、もちろん「悪い」の意味だが、
最近は全く正反対の「すばらしい、イケてる」の意味にも
使われるそうな。

マイケル・ジャクソンの「BAD」もこちらの意味だったと
初めて知った。

さらに。
その意味の時は、変化が
bad-badder-baddest
になって、通常の
bad-worse-worst
と区別するとのこと。
これには驚いた。\(◎o◎)/!

でも学校のテストで書いたら×になってしまうから、
さすがにそれはやめた方がいい。(笑)

学力と照明

大学や塾で教えていて様々な学生に出会えて面白いが、
家庭教師としてお宅に伺うと
家ごとに様々な特徴が垣間見えてまた興味深い。

最近、発見した法則。
「勉強部屋の照明の明るさとその生徒の学力は正比例する」

勉強のできない子の部屋は決まって薄暗い。
部屋そのものも明るくない上に、
机に電気スタンドがない。
勉強する習慣がないから気にならないのか!?

こちらは老眼なので、薄暗い部屋では小さな文字が
見えなくて辟易する。(^_^;)

勉強ができる子は、必ずスタンドが準備してある。
居間で教えることもあるが、そのときでも
必ずキチンとスタンドが置いてある。
当然のこととして。

そういう子だからできるのか、
できるからそういう子になるのか、
どちらが先からわからないが・・・

TOEIC#217

今日はTOEIC。豊橋会場で受験。
今回もいつもの大学とは異なる会場。
こちらのほうが断然近いので、
これからもこちらで実施して欲しい。(笑)

問題は、大体いつもと同水準。
特別難しくもなく、簡単でもなく。

Part5にどうしても10分かかるので
Part7の最後の3-4問がいつも塗り絵。
Part5を8分、Part6を7分で終わらせ、
Part7に60分時間を残さないと
塗り絵をなくせない。

それができたときが900点突破できる時か!?

でもこれ以上、Part5を速く解ける気がしないのだが。。。(^_^;)
プロフィール


最新コメント
月別
カテゴリー別
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

twitter