Ordinary

日常生活の些細なことに幸せの種を見つけて楽しんでいる平凡なオヤジの視点

巨星墜つ

「昇一先生が亡くなったよ」
息子からLINEが来た。

授業の合間に見て、驚愕。
しばし、言葉を失う。
「書痴の楽園」で毎週元気なお姿を
拝見していたので、寝耳に水だった。

私の今の生活の起点は名著「知的生活の方法」を
高校生の時に読んだ瞬間から始まったと言って良い。
それほど衝撃的な内容だった。
こんな生活があるんだ!
高校生の私に人生の指針を示してくれた。

20代の頃は出版される書籍はことごとく熟読した。
先生の対談を読むために雑誌「Big Tomorrow」を
定期購読した。

インターネットのない時代。
まだサヨクが全盛期の頃。
進歩的文化人が跳梁跋扈し
朝日新聞と岩波書店が言論界を支配していた暗黒時代。
そんな時代に、昇一先生はたった一人で
そんな闇の勢力と対峙された。

30年前からずっと昇一先生の本に触れていたので
南京大虐殺などというものは存在しないことは
30年前から知っていた。

日露戦争の世界史的な意味も知っていた。

英語では、生きて、野にいる豚はpigなのに
料理として出されると単語が変わってporkになる。
その秘密も先生の英文学史で読んだ。

マルクス・アウレリウスの『自省録』も
露伴の『努力論』も先生に言われて読んだ。
『古今集』も先生に言われて私家版古今集を作った。

ただただ感謝あるのみ。
ありがとうございました。
同時代に生きることができて幸せでした。m(_ _)m

TOEIC900

TOEIC#218

あの日から再開した英語学習のとりあえずの目標、TOEIC900点にやっと到達した。

試験直後の感想では、
Part2と7の不出来が深刻だったので、とても900は無理だと思ったが、
Part3-4がそれを上回るほど出来が良かったのか、
Part2の不出来が思ったほどではなかったのか、
アビメを見ないとわからない。(^_^;)

昨年度のTOEICの大改訂がなければ、
もう半年くらい早く達成できたのではないかと思われるが、
まぁ、難易度が上がってからの達成なので、気分は良い。

2年前、NHKラジオの「入門ビジネス英語」のレベルがちょうどよく、
「実践ビジネス英語」は難しくて続かなかった。
が今は、前者は簡単に思え、
後者を楽しんで聴けるようになった。
前者が700-800、後者は900前後をターゲットにしているということか。

ただ、900と言っても海外ドラマの英語なんて
ほとんど聞き取れないのが現実なので
もっともっと修行しなくてはならないことは
言うまでもない。

リラックスレンズ

寄る年波には勝てず、老眼が進んでいる。(笑)

一番不便なのは、手元の文字を読む時にはメガネを外し、
PCのモニターを見るときにはメガネを書けなくてはならないこと。
作業効率が悪いこと限りない。(^_^;)

行きつけのメガネの21に相談に行ったところ、
リラックスレンズ」なるものを紹介された。
新製品らしい。

遠近両用ほど差は激しくないが、
レンズの度に上下に緩やかな差があるらしい。
将来的に遠近両用にするための
練習台のような位置づけって言っていた。

これならメガネを掛けたり、外したり
しなくてもいい。

ダメ元で購入してみた。

手元の本もPCのディスプレイを見るときも
同じ眼鏡で見えるようになった!!
これは便利だ。

しばらくはこれでいこう。
この度が合わなくなったら、今度こそ本物の遠近両用だな。

空飛ぶタイヤ



この春休みは嫁とドラマ三昧。

今更ながらの感もあるが、6-7年前に話題になった、
このドラマをまとめてレンタルして見た。

池井戸潤の原作なので、面白いだろうとは
予想していたが、それを遥かに上回る出来。

池井戸の作品らしい勧善懲悪な結末は、
後味の良さを満喫できる。爽快感抜群。

DVD3枚、全5話の作品だが、一度見始めたら
とても途中では止められない。
それほど引き込まれる。

脚本とキャストが良ければ、
これだけの作品が作れるんだ。
日本のテレビドラマも捨てたものではない。
ちょっと見直した。

それにしても仲村トオルはいい俳優だ。

誕生日

今日は嫁の○○回目の誕生日。
珍しく私も嫁もたまたまオフ。

午前中から二人でショッピング。
春ものの服やらスカートやらを買い、
外でランチ。

帰りにデザートを買い込んで帰宅。

息子がいた頃は一緒に「明太子パスタ」を
作るのが我が家の習わしだったが
息子が上京してからはその習慣も途絶えた。(笑)
今日は母がお寿司を買ってきてくれたので
それを食べて、嫁の支度の労力を多少緩和。

夜は、最近我が家のブームになっている
アメリカのミステリードラマを見る。

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪

ボディ・オブ・プルーフ/死体の証言

Major Crimes 〜重大犯罪課

ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル
などがお気に入り。

日本のドラマとは違って、中々グロくて面白い。(笑)
もちろん、英語の勉強が一番の目的。(^_^;)

平凡な楽しい一日に感謝。

EXILE ATSUSHI LIVE TOUR 2016 "IT'S SHOW TIME!!"



もうATSUSHIの歌は聴くことはないと思っていたが、
SOLOライブにSHUNがゲスト出演した、との話を聴いて
早速聴いてみた。

絶品。

ソロのアツシの歌はたしかにうまいが
残念ながら私の心には全然響かない。

それがSHUNとの共演となると、全く次元が変わる。
It's a different story.

この二人だとごくごく自然にハモる。
TAKAHIROとの絡みでは決して見られない。

TAKAHIROと一緒には歌うことなどもうないだろうな。
そんなことを予感させるライブだった。

TOEIC#218

久しぶりにA大でのTOEIC。
ここ数回もっと近いの大学での受験だったので
こうしてみるとA大は随分遠いなぁ。(笑)

さて、今回のでき。
Part2で沈没。(^_^;)
Part3-4がこれまでで一番できたのと比較すると、
Part2の不出来が悔しい。

しかし気を取り直して、Part5-6はそこそこ回復したものの、
Part7のMPで再び沈没。(T_T)

まだまだ修行が足りませぬ。
もっともっと英文を読む必要を痛感。

愛知県公立高校入試

が今週実施された。
英語の問題のみ全部解いてみたが、
一部で大きく傾向が変わった。

その1
Listeningが大幅に簡単になった。
これまでは5問中、3問選択、2問ディクテーションの
形式だったのが、5問全てが○×の選択問題になった。

しかも以前は2分程度の長文を聴いた後
5つの問に答える形式だったが、
今年から3問は会話文を聞いて
それに続くのに適当な文を選択
という英検やTOEICの形式に変更。

残り2問は短い英文を聞いて、内容を問うもの。

圧倒的に簡単になった。
上位校受験者は満点が続出だろう。

その2
英作文が高度な条件英作文になった。
しかも配点が2点。

愛知県はずっと全問題配点1点という
悪名高い形式が我々のころ何十年も続いていたが、
ついにそれが破られた。

ただ、この高度な英作文では、上位クラス以外
皆、白紙になるので大勢に影響はない。(笑)

5科目中、ずっと英語は最低の平均点だったが
これなら平均はあがるはず。
他の科目のことはわからないので何とも言えないが
50%以上になるのは確実。

私が担当していた生徒は普通科志望ではないので
何とか5点取れれば上出来と予想していたが
8点くらいは取れたかもしれない。

Listeningを集中的に指導したのは大正解だった。

家電リサイクル

家電リサイクル法が施行されてもう15年以上経過したが、
今回初めて自宅のテレビを出してきた。

まずは郵便局で「家電リサイクル券」を購入。
SHARPの24インチのブラウン管テレビだと
手数料と合わせて3000円ちょっと。

その用紙に、住所・氏名を書く。
それ以外の必要事項は郵便局の人がすべて記入してくれた。

それを持って「指定引取場所」へ。
ありがたいことに自宅から車で10分ほどの
場所にある。

むろん、初めて行ったが、次から次へと車が
入って行くので経路はすぐにわかった。

係の人も丁寧に対応してくれて、
とても段取りはスムーズ。
これなら簡単。

まだ処理すべきTVが3台程残っているが
いつでもやれる。(笑)

instinctive

日本のマスコミが全く信用出来ないことは知っていたが、
アメリカもそれに近いことがトランプ大統領の登場でよくわかった。
「フェイクニュース」という言葉が流行するほどだから。(笑)

毎日必ずトランプ大統領のtwitterは読むことにしている。
第一次情報だけに一番信用できる。

日本のニュースは、むろん地上波は一切見ない。
1日2時間虎ノ門ニュースを見るだけでよい。
今日のはこれ。


藤井厳喜さんがトランプ大統領に関するマスコミの嘘情報を
すべて看破してくれている。

昔から私は、村上春樹の本を全く受けつけなかった。
その利用が今日よくわかった。(笑)

「本能的に」左巻きの人間は大嫌いのようだ。(爆)
プロフィール


最新コメント
月別
カテゴリー別
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

twitter