カテゴリ:
軽い気持ちで見始めた映画が思いのほか、
示唆に富む良作だったのでシェアしておこう。
アンダーカバー・エンジェル 守護天使

どうして人間が現世で愚痴を言ってはいけないのか?
それは、そんな苦難を百も承知の上で何も不足のない天国から
自らの意思で舞い降りてきているから、
というお話。

単なるハートウォーミングなストーリーと見るか、
哲学的示唆を読み取るかどうかは、見る側の問題。