カテゴリ:
ちょうど昨年の今頃、私が帯状疱疹を患った。
あの頃はまだブログ休止中だったので
その頃のことはエントリーしていないので
写真もないが、ググってもらえばいくらでも
症例は出てくる。

要は、50代以上のシルバー世代によくみられる病で、
なぜか体の右半分(または左半分)にだけ、
痛みを伴う湿疹が出る。

私は新学期が始まってちょうど一か月ほど経過して
疲れがピークに達していたころだった。
1〜4時限目まであり、そのあと家庭教師で
TOEIC対策の授業をしていた月曜日。
よく覚えている。

昼間から妙に左胸から背中にかけて痒かった。
痛みより痒み。
帰宅して風呂に入ろうとシャツを脱いだら、
体半分に真っ赤な湿疹が広がっていた。
私よりそれを見た嫁が卒倒しかけた。(笑)
すぐにググったら、どうやら「帯状疱疹」というものらしい
と、その時初めて知った。
翌日、皮膚科に行ったら、先生も「かなりひどい帯状疱疹ですね。
何か強い疲労かストレスありました?」と訊かれた。

ストレスはないが、疲労は自覚はないものの
あったのだろう。
昔から4〜7月は大学で忙しかったから、慣れているつもりだったが
気持ちはともかく体の方はかなり疲れていたようだ。

で、今年。
帯状疱疹は一度かかれば、二度はかからないものらしい。
だから今年の方が、昨年よりはるかに多忙でストレス感じるのだが
私はならない。
その代わりに嫁が患った。(;^_^A

ただ、腕だけに出て、症状は私よりはるかに軽症。
昨日、同じ病院へ行って診察してもらった。
「昨年は主人がお世話になりました」と嫁が伝えると、
先生苦笑いだったそうな。
二年連続で夫婦で帯状疱疹って、どんな苦労している
夫婦と思っただろうな。(笑)