秘伝 大学受験の国語力 (新潮選書) (新潮選書)
Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/教育・学習



私も30年程前、人並みに受験勉強に励んだ。
尚、この「人並み」には「一浪」も掛けている。(笑)
ただ、勉強そのものは嫌いでなかったので
世間で言われるほど、「灰色」でも「憂鬱」でも
なかった。

文系だったが、実は一番の苦手教科は「現代国語」だった。
本書でも触れられている「新釈現代文」も読んでみたが
全く何のことか意味がわからず、「右から左へ」
受け流していただけだった。(×_×)

「Z会」も挑戦したが、基礎力のない者には
手に負えるはずもなく、無惨な玉砕を遂げた。
浪人時は、ワラにもすがる思いで堀木先生の授業を受講したが
解説されればわかるものの自分自身で
納得して解けるというレベルまではついに到達できなかった。
そんな悲しい思い出がある教科である。

結局、コストパーフォーマンスが悪いのだ。
歴史や英語のように掛けた時間の分だけ
きちんと点数でかえってくればやりがいもあるのだが
「現国」は私にとっては、そういう科目ではなかった。

仕方なく、小西 甚一先生の「古文研究法 改訂版
を1冊仕上げ古文でほぼ満点を取って、
現国の点数のムラを補う作戦を
とるほかなかった。

閑話休題。
さて本書。
前半では戦後の大学受験国語の傾向を俯瞰し、
後半では問題を実際に解きながら
現在の大学受験問題の特徴を明示する。

「国語は道徳である」という主張する。
小説の答えは「自由に読む」のではなく、
「学校空間にふさわしいようによむ」のが正解。
つまり「個性」を試しているのではなく、
昔あったテレビ番組「クイズ100人に聞きました」
のように世間の平均値を知っているかを問うている、
という指摘は、まさに目から鱗。

「評論文」も「小説文」の読解同様
基本の鉄則を1つだけ掲げ、それに従って解説していく。
何十もの公式を覚えさせるようなこともなく
参考書にありがちな「はじめに答えありき」式で
ないのもよい。

前述書「古文研究法」ほど学究的ではないにせよ
条理明晰に受験問題を分析し、解説している。
文章も硬軟織り交ぜながらとても読みやすい。

この理論で数年後、息子の受験問題を
教えてみたい、そう思わずにはいられない本。
受験生はもちろんだが、大人が読むと一層おもしろいだろう。
「現国」ってこういう科目だったんだ!、
と改めて目が開かれるに違いない。