愛と感謝の美容室 バグジー 1―『心を育てる』感動コミック VOL.1
Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/ビジネス


斎藤一人さんが美容室を経営すれば、
おそらくこんな風になるのではないか、
と思わせる。

腕は超一流であるが、経営者としては三流の
カリスマ美容師があるセミナーをきっかけに
「経営」に目覚め、「人として」成長していく過程を
描くサクセスストーリー。

会社をひとつの「家族」と考える「大家族主義」を貫き
皆で助け合い、成長し合う姿はたしかに美しい。
琴線に触れる言葉も散見される。

ただ、「仕事」と「家庭」を峻別したいと
考える人には耐え難いだろう。
「社員旅行に参加しない者は問答無用でクビ」
である。(^_^;

机上の空論でなく、実際に結果も出しているのだから、
部外者がアレコレいうことは何もない。

好き嫌いがはっきり分かれる本。
ゼロか100か。
私は思想的には◎だが、
この職場で働きたいとは思わない。(笑)

近すぎる人間関係は苦手なので。
遠すぎるのは耐えられるが、
近すぎるのは耐えられない。

コミックなので30分もあれば読めてしまう。
手軽に読めてしまう分だけ
軽く読み流してしまいそう。
個人的には普通の単行本で読めば
もっとよかったのかも。
と、いうことで★4つ。