といって、すぐ「越智啓子」という名前が浮かぶ方は
相当スピリチュアル度数(?)が高い方ではないだろうか。(笑)

ここ1ヶ月マイブームだった、「生きがい」論の飯田先生の著作にも
登場される、非常にぶっ飛んだ方。
彼女のトップページをみるだけで、一般人は少々近寄りがたい。(^_^;

「致知」にも時々登場されるのでお名前は存じ上げていたが、
著作はまだ一度も読んだことはなかった。
昨日、偶然BOでこの本を見つけたので早速読んでみた。
人生の創造
人生の創造

ひと言で言うと、上記のWEBサイトの如く、かなり「突き抜けている」。
宮古島の話からいつの間にかモヘンジョダロへ行き、
ペルーに飛び、アマゾンに至る。
岡本太郎からピカソの話になり、宇野千代からゴーギャンに進む。

この手の不思議な話は相当読み慣れている私も正直ちょっと引き気味。(^_^;

しかし参考になる話もたくさんあった。
===============================
演劇の世界でも悲劇役者より喜劇役者の方が数段難しい。
人生において大きなハードルや壁に突き当たり悩んでいる人は、
「自分だけこんな思いをしている」とつい悲劇の主人公になりがちですが、それよりも大笑いして、またまわりの人を笑わせながら喜劇の主人公を務める方が、エネルギーを使うし大変です。
でもこのほうが最終的には楽になる。
生きがいを得られるから。
・・・
地球の未来が暗いと思うか明るいと思うかは、個人の自由ですが
明るいと思い、それを信じる力でパワーアップすると、
創造性が増して本当に素晴らしい明るい未来図ができると思います。
一人ひとりの明るい自己変容が、やがて、まわりに伝染して、
愛と笑いに世の中があふれてくるでしょう!
(pp.86-87)
===============================
には両手を挙げて賛成したい。\(^o^)/

とはいえ、
===============================
地球と一緒に踊ればいいのです。
これくらいの突き抜けた楽しい発想でこれからの時代を
乗り切っていきましょう。
時間というものは本当はなくて、
モノごとの場所移動が位相としてあるだけです。
自分の意識の移動、肉体レベルでの移動が起きているだけなのです。
だから大切なのは、自分の意識の中心がいまどこにあるかです。
(p.97)
===============================
となると、もう私の理解範疇を超える。(^_^;

いずれにせよ、越智ワールドの導入本としては
本書はオススメできない。難解すぎる。
まずはお弟子さんと思われるこちらのサイト
まずは彼女の基本スタンスを理解した上で、
自分の好みに合うようなら、そのサイトに紹介されている本
あたりから入っていくのが無難でしょう。
ただ私の向かっている方向とはちょっと違うかな!?
というのが率直な感想です。(笑)

たとえそうであっても、私の人生が
「すべてはうまくいっている」
ことに変わりありません。(^^)V

---------------
売上冊数:4冊
売上金額:6,965
在庫数:1,608冊
---------------
歩数:10,149歩
ノルマ達成\(^o^)/
---------------
ありがとう:1,266
マラソン累計:1,683,203
---------------
今日の体重:62.9