東大合格生のノートはかならず美しい
東大合格生のノートはかならず美しい

進研ゼミで有名なベネッセの編集者だった著者が
偶然、知り合いの東大生のノートを見せてもらったところ、
恐ろしくきれいだった。
これはたまたまその学生固有の特性なのか
それとも東大生全般にあてはまることなのか
興味を持った。
知り合いに頼んで借りまくって集まったノートが200冊。
そこに共通して見える東大生のノートの特徴を
7つの法則にまとめている。

アマゾンのレビューを読むと、評価が真っ二つに分かれている。
これだけ見事に評価が分かれる本も珍しい。(^_^;)
読者が求めているものが多岐に渡っていたということだろう。
本書に勉強法を期待するのは間違っている。

本書の存在意義は実際のノートをカラー写真で載せていること。
それに尽きる。
本の装丁が実際のノートの大きさと紙質に近いため
非常に雰囲気がよく伝わっていて参考になる。

勉強方法や合格体験記はおまけであると割り切って
考えれば、十分買いである。

それにしてもこういう本を見ると、もう一度
受験生に戻って受験し直したいと思う。
「もっとたくさん勉強しておくべきだった」という後悔ではない。
自分にやれることは当時もすべてやっていた。

もっと合理的に勉強できたのではないか、
という反省である。

通信添削なんて不要だった。
参考書なんて要らなかった。
睡眠時間は削るんじゃなかった。
授業をもっと大切にすべきだった。。。
反省はいくつもある。

でもこれらはすべて息子の受験時に活かせるから、
それはそれでいいかな。

2009年度ブックレビュー#16