マイブームの小山薫堂さんシリーズ第5弾。(^o^)
人を喜ばせるということ―だからサプライズがやめられない (中公新書ラクレ)人を喜ばせるということ―だからサプライズがやめられない (中公新書ラクレ)
著者:小山 薫堂
販売元:中央公論新社
発売日:2009-04
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


薫堂さんはサプライズが大好き。
社員の方々の誕生日には必ずサプライズを
実施し、それをビデオ録画して忙しいさなかに
編集までするという。

そんな実際に行ったサプライズの数々を紹介している。
もっとも、ここに書かれているサプライズを
そのまま真似しても意味がない。
人を喜ばせて、わくわくした気分を疑似体験して
その現場の空気感を味わうことが本書の目的。

ただ、かなり個人的な話が多いので、
裏Future Scapeをある程度聴いて
人間関係を理解した上で読まないと
楽しさが十分伝わらないかもしれない。
それがちょっと残念。

かくいう私もこっそりサプライズは大好き。
秘かに準備して、相手が驚き、喜ぶ顔を見ると
本当に幸せな気分になれる。(*^_^*)

そういえば、EXILEのリーダーであるHIROさんも
サプライズ大好きで、メンバーの誕生日には
必ずサプライズプレゼントを準備することでも有名。

類は友を呼ぶ、というべきか、
すべてがあなたにちょうどよい、というべきか。
同じオーラを発している人に好感を感じるのか。

EXILEにも小山薫堂さんの周りにも
温かで幸せなオーラが満ちている。
人は「光」あるところに集まる。

ところで、今日更新された今週の裏Future Scapeでは、
自分が今週されたサプライズを楽しそうに告白している。(*^_^*)
それを聞いているだけでもこちらまで楽しくなってくる。
相方の柳井麻希さんとのコンビも最高。

2009年度ブックレビュー#55