私が一番受けたいココロの授業 講演編 与える者は、与えられる―。
比田井 和孝, 比田井 美恵
ごま書房新社 ( 2010-02-27 )
ISBN: 9784341131906
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


昨年初頭に一作目の『私が一番受けたいココロの授業』を読んで、非常に感動した。
この手のいい話を相当読み慣れている私でも泣きながら読んだ。
さらにTSUTAYAでDVDレンタルされていることを知り、
それも見た。1も2も両方共。
どれも皆、同じ位熱い。
テニスの松岡修造か、ウエジョビのヒダカズ先生(比田井和孝)かと言うほど。(笑)
DVDは全部、動画変換してiPodに入れてあるほどのマニアです
私σ(o^_^o)。

さて本書。
今回も前作同様、ヒダカズ先生の講演を
奥様が編集再現したもの。
夫婦二人三脚での作品。
講演時間は今回は何と4時間40分。
いつも時間が足らずに中途半端に終わってしまうので
時間を気にせずトコトン満足行くまで話そう、
ということで企画された特別講演会。
熱くないはずはない。(^-^)
今回も感動の波が怒涛のように押し寄せる。
読み始めて10分でもう泣き出す私を
怪訝な目で見る嫁。
いつもの構図。。。(;´▽`A``

テンコ盛りの内容を180ページ程に苦労してまとめ、
写真も多数載せ、行間もゆったりと取り、
とても読みやすく編集してある。
全ページから愛がこぼれている。

本書の題名『私が受けたいココロの授業』の
「私」とは奥様を指している。
ご主人の授業をご覧になった奥様がいたく感動し、
メルマガにして発行したのが本シリーズの端緒。
その熱いパッションは本書にも引き継がれている。

私も学生たちにこれほどの感動を与えるような
授業をしたいと思う。
「与える者は与えられる」

時まさに春・新学期。
新入生諸君はもちろん、新社会人の方も
逆にそれを迎える先生方にも
ぜひおススメしたい素晴らしい一冊。
☆ミ凸ヽ(^-^) タイコバン!

PS.DVDのVOL.3は出ないのかなぁ〜!?

2010年度ブックレビュー#027