ご存知、福岡伸一先生のベストセラー。
「動的平衡」をコア概念に、
生物の特徴と不思議さを絶妙なレトリックで
興味深く描き切っている。
生物と無生物のあいだ
福岡 伸一
講談社 ( 2007-05-18 )
ISBN: 9784061498914
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


生物学者でありながらも、
文体の美しさと表現技法の巧みさは
凡庸な作家を遥かに凌ぐ。
全15章からなるが、その章タイトルも
抒情的視座に富んでいる。
例えば・・・
第8章 原子が秩序を生み出すとき
第10章 タンパク質のかすかな口づけ
第15章 時間という名の解けない折り紙

硬軟織りまぜて、生物学の知的空間へ我々を誘う。
専門的な解説も興味深いが、下っ端の学者の苦労話、
形而下学的な話も楽しく読めた。(^-^)
印象に残っているのはこの戯れ言。
博士号とかけて
足の裏についた米粒と解く
そのこころは
とらないとけったくそ悪いが、
とっても喰えない
なるほどね〜(^^;)

当然のことながら、「学問ノススメ」で聴いた内容より
広範かつ深遠に展開しており、
あの番組を楽しめた方なら面白く読めること必至。

アマゾンのレビューの中には、本書が題名ほど
専門知識が書かれていない事を非難する向きもあるが、
元々、講談社BOOK倶楽部:読書人の雑誌−本 の連載であることを知れば、そんな批判が的はずれであることがわかるだろう。
私もこの雑誌を学生時代、定期購読していたが、
読書好きな人のための公約数的な話題を提供する雑誌である。
特殊な読者層を対象にしていない。

理科系の話にもちょっと興味のある、
文系頭の私のような人間にはピッタリの本。
福岡先生を追いかけたいと思わせる一冊。

2010年度ブックレビュー#064