先週から私の一番の楽しみとなっていたドラマ『美しい人』。
DISCASで一気に最終話まで借りる。
すべて電車内でiPodにて鑑賞。
う〜〜ん、いつものことながらシリアス路線の正和様のドラマは重い。(笑)

このドラマの撮影時50歳代後半だったと思われる正和様だが
ドラマとはいえ、あの年齢で「花言葉」をあんなに
次々口に出しても無理のない役者はそういないだろう。(笑)
しかも号泣する姿の何と悲しく絵になることか!?
すべてが正和様だ。

「土曜日曜月曜」「ニューヨーク恋物語」では
「決別」の最終話だったが、今回は例外のようだ。
それが嬉しい。

それにしても後半3話のドンデン返しの連続には
マイッタ。(;´▽`A``
昼メロのようなドロドロ感。
しかし最終回できちんと話を全て完結している。
最終回の1話前まで盛り上げるだけ盛り上げておいて
最終回でそれを全部切り捨てて中途半端に終えて
フラストレーションだけ残す2流作家とは訳が違う。
野島伸司脚本。

正和様はもちろんだが、その相手役・常盤貴子がイイ。
彼女の作品は今回はじめて見たが、本当に魅力的。(*^_^*)
正和様とは実年齢で30歳ほどの年齢差があるはずだが、
それを全く感じさせずに正和様とがっぷり四つに組んだ
リズム感満点の二人のやりとりは本当に楽しめた。

映画「ラストラブ」で伊東美咲とのコンビが
あまりにぎこちなく全て台無しにしてしまったので、
5才年上とはいえ、常盤貴子の演技の上手さと田村との呼吸の良さに感動。

ところで、題名「美しい人」はずっと常盤貴子のことかと
おもっていたら、最終回でそれが田村の側であることがわかった。
「奇跡の人」がヘレン・ケラーでなく、サリバン先生の側で
あったことを知った時と同じ程の驚き。

全10話iPodに全部収録してある。
毎週1回は見直したい。
最終回泣かずに見終えることができるのはいつのことか!?
私のお気に入りのライブラリーがまたひとつ増えた。(^_^)

1999年放映とのことだが、当時は話題になったのだろうか!?
その頃はちょうど息子が3歳。
子育て真っ只中で、今以上にTVなど見ている暇など全くなかったので全然知らなかった。

正和様の作品群のなかでも
本作品はベスト3に入るほど私は気に入った。(^○^)
ちなみにあとの二つはこれ。
「ニューヨーク恋物語(1988)」(超二枚目路線)


「男たちによろしく(1987)」(二枚目半路線)