体調も良く元気で、明日のパンの心配を全くしなくて
いいような状態の時に、明るく振る舞うのはたやすい。

体調もよくなく、睡眠不足で、収入の予定はないのに
支出の予定ばかり次々襲ってくるような生活の中で
快活さを保てるかで人間の器が計られる。
カラ元気でも良いから、明るく振舞うこと。

全ては良き方向に向かっている。