Ordinary

日常生活の些細なことに幸せの種を見つけて楽しんでいる平凡なオヤジの視点

英語

TOEIC900

TOEIC#218

あの日から再開した英語学習のとりあえずの目標、TOEIC900点にやっと到達した。

試験直後の感想では、
Part2と7の不出来が深刻だったので、とても900は無理だと思ったが、
Part3-4がそれを上回るほど出来が良かったのか、
Part2の不出来が思ったほどではなかったのか、
アビメを見ないとわからない。(^_^;)

昨年度のTOEICの大改訂がなければ、
もう半年くらい早く達成できたのではないかと思われるが、
まぁ、難易度が上がってからの達成なので、気分は良い。

2年前、NHKラジオの「入門ビジネス英語」のレベルがちょうどよく、
「実践ビジネス英語」は難しくて続かなかった。
が今は、前者は簡単に思え、
後者を楽しんで聴けるようになった。
前者が700-800、後者は900前後をターゲットにしているということか。

ただ、900と言っても海外ドラマの英語なんて
ほとんど聞き取れないのが現実なので
もっともっと修行しなくてはならないことは
言うまでもない。

TOEIC#218

久しぶりにA大でのTOEIC。
ここ数回もっと近いの大学での受験だったので
こうしてみるとA大は随分遠いなぁ。(笑)

さて、今回のでき。
Part2で沈没。(^_^;)
Part3-4がこれまでで一番できたのと比較すると、
Part2の不出来が悔しい。

しかし気を取り直して、Part5-6はそこそこ回復したものの、
Part7のMPで再び沈没。(T_T)

まだまだ修行が足りませぬ。
もっともっと英文を読む必要を痛感。

愛知県公立高校入試

が今週実施された。
英語の問題のみ全部解いてみたが、
一部で大きく傾向が変わった。

その1
Listeningが大幅に簡単になった。
これまでは5問中、3問選択、2問ディクテーションの
形式だったのが、5問全てが○×の選択問題になった。

しかも以前は2分程度の長文を聴いた後
5つの問に答える形式だったが、
今年から3問は会話文を聞いて
それに続くのに適当な文を選択
という英検やTOEICの形式に変更。

残り2問は短い英文を聞いて、内容を問うもの。

圧倒的に簡単になった。
上位校受験者は満点が続出だろう。

その2
英作文が高度な条件英作文になった。
しかも配点が2点。

愛知県はずっと全問題配点1点という
悪名高い形式が我々のころ何十年も続いていたが、
ついにそれが破られた。

ただ、この高度な英作文では、上位クラス以外
皆、白紙になるので大勢に影響はない。(笑)

5科目中、ずっと英語は最低の平均点だったが
これなら平均はあがるはず。
他の科目のことはわからないので何とも言えないが
50%以上になるのは確実。

私が担当していた生徒は普通科志望ではないので
何とか5点取れれば上出来と予想していたが
8点くらいは取れたかもしれない。

Listeningを集中的に指導したのは大正解だった。

新TOEICテスト 文法問題 でる1000問



本書を通しで3周した後、別冊問題集で1019問
を毎日54問(6ページ)ずつ、時間を測定して
解いている。
記録として残っている回数としては今日で4周終了。
大体1ヶ月で1周している計算。

今回の正解率は、1003/1019(98.4%)。
何回もやっているのに未だに16問も
間違えているのは我ながら情けない。(^_^;)

ただ、これだけ解くと、ここ数回TOEICで
Part5の正解率は90%切ることはさすがにない。

今の私の課題はPart5とPart6を15分で終えて
Part7に60分時間を残すこと。
これができれば、Part7を塗り絵なく
できるはず。(私の計算では)

さぁ、明日から5週目に突入。
がんばろう!!

bad-badder-baddest

「ヤバイ」がプラスのイメージを持つようになって久しい。
私自身はどうも違和感があって、自分でその意味で使うことは
ないが、若い人がそう言っていることには違和感はまったくない。
言葉は生き物であるから。

日本語がそうなら、英語でも同じ。
最近読んだ話。

badは、もちろん「悪い」の意味だが、
最近は全く正反対の「すばらしい、イケてる」の意味にも
使われるそうな。

マイケル・ジャクソンの「BAD」もこちらの意味だったと
初めて知った。

さらに。
その意味の時は、変化が
bad-badder-baddest
になって、通常の
bad-worse-worst
と区別するとのこと。
これには驚いた。\(◎o◎)/!

でも学校のテストで書いたら×になってしまうから、
さすがにそれはやめた方がいい。(笑)

TOEIC#217

今日はTOEIC。豊橋会場で受験。
今回もいつもの大学とは異なる会場。
こちらのほうが断然近いので、
これからもこちらで実施して欲しい。(笑)

問題は、大体いつもと同水準。
特別難しくもなく、簡単でもなく。

Part5にどうしても10分かかるので
Part7の最後の3-4問がいつも塗り絵。
Part5を8分、Part6を7分で終わらせ、
Part7に60分時間を残さないと
塗り絵をなくせない。

それができたときが900点突破できる時か!?

でもこれ以上、Part5を速く解ける気がしないのだが。。。(^_^;)

ふりをする

私の大好きな徒然草第85段の話は
すでにエントリしてあるので、
もはや繰り返さない。

それを社会科学者の視点からプレゼンしている、
TEDの話があった。
「Your body language shapes who you are」


字幕は英語も日本語もあるので、お好きな方でどうぞ。(^_^)

人間というのは変わらないものだ。(笑)

TOEIC#215

いつもは愛大で受験だが、今日は愛知創造大。
初めての会場。

これからずっとここなのか!?
と、慌てたが、調べてみると
今日はたまたま愛大が入試日と重なったみたい。
多分次回から愛大に戻るかな。

今回の問題は個人的には、
Part2とPart7が鬼門。

元々Part2は得意でないが、
今回はまた一段と難しく感じた。
ボーナス問題がほとんどない。(T_T)
公式問題集だけでは全く手に負えないレベル。

リーディングでPart7。
今回も最後の3問は塗り絵。
Part5-6はそこそこ調子が良かったが、
Part7のMPからは全く時間が足らず。

長文の読み方をもっと抜本的に変えないと
900点なんて一生取れないと実感。

次回受験は1月。2ヶ月の余裕があるので
Part7克服をテーマに本腰を入れて、
長文対策を模索する。

TOEIC#213

前回、息子の入院の関係で受験できなかったため
2ヶ月ぶりの公開テスト。

今年の夏は、幸か不幸か仕事が少なかったため
英語の勉強にかなり時間を割けた。
その分、それなりの結果がでないと
モチベも下がる。(笑)

で、その結果。。。

Part2以外は、ほぼ過去最高の達成感。
特にテスト直前に金フレで見た、
waiveがPart7で出た時には思わずニヤリ。

Readingは今回は塗り絵はなく、
3分ほど時間が余った。

Readingは450届いたんじゃないかな!?

問題はListening。
というか、Part2。
これが最大の課題だ。(^_^;)

TOEIC#210

新形式の初のTOEIC。
公式問題集をやってみたが、これまでどおりのやり方では
リーディングが時間内に最後までたどり着けない。(^_^;)

色々試行錯誤し、タイムマネジメントを
厳密に考え、チャレンジした。

それは・・・
Part5 7分30秒
Part6 7分30秒
(つまり14:00ちょうどにPart7に突入する)

Part7(176〜200)30分
DP・TPを1題6分で処理

Part7(147〜175)30分
SPは1問1分で処理

結果的にこの作戦が功を奏し、
とりあえず最後まで塗り絵はなく
解き切った。

しかし・・・
途中でわからない問題は深追いせずに
さっさと捨てて次の問題に行ったので
すべてわかって塗ったわけではない。(^_^;)

全般的に、リスニングはPart2が途中から
わからない問題が続いて焦った。
Part2の苦手意識は旧形式の時から変わらない。

Part3・4は覚悟していてので、予定通り。

Part5は普通。
Part6は難しい。
長文挿入はほとんど勘に近い。(^_^;)

Part7はDP・TPから先に解いた作戦が当たった。
むしろ解きやすかった。

総合では、800はあるだろうが、
前回のベスト記録を破ることは難しそうだ。
プロフィール


最新コメント
月別
カテゴリー別
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

twitter