Ordinary

日常生活の些細なことに幸せの種を見つけて楽しんでいる平凡なオヤジの視点

教育

学力と照明

大学や塾で教えていて様々な学生に出会えて面白いが、
家庭教師としてお宅に伺うと
家ごとに様々な特徴が垣間見えてまた興味深い。

最近、発見した法則。
「勉強部屋の照明の明るさとその生徒の学力は正比例する」

勉強のできない子の部屋は決まって薄暗い。
部屋そのものも明るくない上に、
机に電気スタンドがない。
勉強する習慣がないから気にならないのか!?

こちらは老眼なので、薄暗い部屋では小さな文字が
見えなくて辟易する。(^_^;)

勉強ができる子は、必ずスタンドが準備してある。
居間で教えることもあるが、そのときでも
必ずキチンとスタンドが置いてある。
当然のこととして。

そういう子だからできるのか、
できるからそういう子になるのか、
どちらが先からわからないが・・・

一難去って・・・

毎年12月、1月は高3生の授業が一気に入り、
いきなり超多忙になるのが慣例。
今年も3名の受験生を抱えたが、
今日で授業はそのすべて終えた。
一人は推薦入試で合格したので良かったが
あとの二人はこれから本番。
正直、なかなかキツイかな。(^_^;)

一人は直近のセンター模試が偏差値35。
この数字を見た時はどうしようかと思った。(笑)

実際、授業をしてみると、
たしかに英語の構文が全くわかっていない。
疑問詞の疑問文の作り方も危うい。

時間は1ヶ月半しかない。
構文は捨てて、単語1000と必須の英文法のみに絞る。
後は過去問をひたすら解く。

センター試験本番の偏差値は45までになっていた。
過去最高の点数だったそうな。
とりあえず伸びてよかった。

過去問を数年分解いたが、5割が精一杯。
本番もそんなもんだろう。
日本史が得意なので、そこでどれくらい
貯金ができるかにかかっている。

今年は珍しく中3生も一人抱えている。
農業科志望なので、そんなに高い点数は
必要ないが、それでも7点位は取らせたい。
(22点満点)

愛知県の公立高校の英語の問題は昔は
面白いほど簡単だったが、ここ数年
難化の一途をたどっている。

長文は2問とも長いし、注が多い。
もう少し注が少ない問題を作れないものか。

Listeningも難しい。
5問中1問できればいいところ。
でもListeningが3問位正解しないと
筆記で5問の正解はまず無理。

こちらも頭がイタイ。(/_;)

ミッション(ほぼ)終了

2ヶ月間の鬼のようなスケジュールが
今日でとりあえず終了。
まだ2月に数コマ残っているものの
98%のコマは終えた。

昨年も慌ただしかったが、
今年はその比ではなかった。(^_^;)

昨年は高3生が2名だったが、今年は6名。
レベルも昨年は愛大が最高だったが
今年は法政やら同志社やら国立も1人。

当然、この時期は赤本で志望校対策が必須なので
その準備が超大変。

赤本をそのままやってもいいのだが、
文字が小さすぎて解きにくいので
スキャナーとって、OCRかけて、Wordにコピペして
フォントサイズを12ptに拡大して編集。
その作業をのべ10大学ほどひたすら繰り返し。

もちろん、その後、その問題を解いて
予習しなくてはならない。

そんなことを2ヶ月間続けたら
英文読む勘を取り戻した。\(^o^)/

センター試験も解いてみたが、
昨年解いた時より、圧倒的に速く正確に
楽に読めた。

やはり、何かに上達するには「教わる」より「教える」に限る。(笑)

さぁ、明日はTOEICだ。
顔晴ろう!

ラスト1週間

12月から始まった家庭教師の嵐。
休みは年末年始12/31-1/3だけ。
それ以外は毎日授業してる。(^_^;)

年々多忙になっていく。
今年は受験生6名だった。
もう一人追加依頼されたが、断った。(笑)
これが限度でしょ!?

その多忙さもあと1週間。
入試問題を鬼のように解く日々もあと1週間。

緊張感をもって励む。

最終日

今日は授業最終日。
今年も楽しくて、為になる授業を心がけた。

分かりやすかったし先生が優しかったです!
授業たのしかったです!

とっても楽しくて、この授業のみんなと一緒に授業を受けれてよかったと思った。

一番好きな授業でした
先生ありがとうございました

なんだかんだで楽しい講義でした
先生も優しいし教え方うまいし、楽しかった
ありがとうございます

目標はほぼ達成できたようだ。(^^)

さて、残り2週間は受験生のラストスパート。
さしあたり、明日はセンター。
皆、ガンバってくれ〜〜。

夏期講習

大学の授業が終わったのが7/21。
その翌日から嵐が始まった。

個別教室のトライは家庭教師と違って、
移動の手間がなく、生徒のほうが教室に来てくれるので
教師は楽チン。
それをいいことにドンドン仕事を受けていたら
いつの間には生徒は10人。
ほぼ毎日13時から22時まで授業が続いた。(^_^;)
全て高校生。

中学英語の総復習も6回位行っただろうか。
お陰で、2時間×3コマやれば
中学英語はひと通りまとめることができるところまで
勘を取り戻した。

今日は完全オフ。
久しぶりに寝まくった。(笑)

そういえば塾業界の夏はこんな嵐の日々だったことを
20年ぶりに思い出した。

おかげでブログはすっかりご無沙汰で、
多方面から「大丈夫か!?」のご心配を頂いた。
かたじけない。m(_ _)m

やっと落ち着いたので今日から
またボチボチ始めます。(^^)

読取革命

多忙を極めている。

高校生英語、しかもレベルの高い生徒を
担当すると、消化するプリントの量が半端無いので
その準備が超大変。(^_^;)

5人中4人は偏差値50未満なので
まだ中学の復習中心でいいのだが、
1人は60近い。
当然同じ教材は使用できない。

20年以上も前に塾で教えていた時に作った、
プリントがあるのだが、当時はPCでなく
ワープロで作成したもの。
紙原稿はあるが、データはフロッピーディスクに
保存してあったが、もうどこかに消失してしまった。

先日パラパラみていたら、なかなかいいこと書いてある。(笑)
時間があるときなら、ゆっくり推敲しながら
作り直せばいいが、時間が切迫している。
ほぼ毎日授業がある。
そこでOCRという作戦を決行。

「読取革命15」の試用版がDLできたので
試用してみると、精度は極めて高い。
大幅に時間を短縮できそう。
使えることがわかったので早速アマゾンで
製品版を購入した。
Vecorのダウンロード版よりAmazonの製品版の方が安い。(^_^;)

これなら1枚5分で復元できる。
ありがたい。

前期終了

今日で春学期が無事終わった。
今学期は台風のによる休講に怯え、高速渋滞に苦労させられた。
渋滞を避けて下道を2倍の時間を掛けて
行った回数は例年の倍以上だった。

それでも終わってみればあっという間。
今年は出来はそれほど突出していなかったが
素直な学生のクラスに当って、ラッキーだった。

感想は概ね好評。
今までわからなかったところも丁寧に指導していただいたおかげで、とてもわかりやすく理解することができた。 退屈なこともなく、楽しく授業を受けることができてよかった。

とても楽しかったです。
この授業は受けたい!と思う授業でした。

短い時間でしたが
大学生活1年目、初めてのパソコンの授業が先生で本当によかったです。
ありがとうございました!!!

この授業が今日で最後と考えると悲しい。

先生の授業は楽しくて春学期の科目では一番楽しかったです。
また、先生の授業を受けたいです。

いや〜、春学期ももう終わってしまうんですね・・・
早いもので入学してからもう三か月たつんですね〜
この授業もとても面白く受けることができ、先生には感謝です!
またぜひどこかでお会いしましょう!

さぁ、パソコンはしばらく休憩。明日からは英語だ。
早速準備に入ろう!!(^^)

若者のコンピューター能力



日本の若者のコンピュータ能力が先進国中最低レベル
であるというニュース。

実際に大学生にパソコンを教えている現場にいる者として
このニュースは非常に頷ける。

スマホの能力は著しく高いが、パソコンの基本操作、
例えばWordの入力とか、Exceの関数知識等はおそらく
5年前より明らかに下降している。

もちろんこれはスマホの普及率に反比例する。

パソコンはせいぜい大きな画面でゲームができるとか
動画を見る程度の利用価値しか彼らは見出していない。

スマホ以上のパソコンの価値を教えないと
パソコン離れは食い止められない。

教科書

20年ぶりに中学生に数学を教えている。
英語は教えるべき内容はもう完全に頭のなかに
入っているのだが、
数学はさすがに不安なので
教科書を全部読みなおしている。

そこで今更ながら気づいたのだが、
教科書の内容の素晴らしさ。

なんて論理的にまとめてくれているのだろう。
一字一句に無駄がない。

学生の時は教科書を馬鹿にして
すぐに参考書や問題集ばかりに目を向けていたが
教科書をトコトンやりこめば、
相当のところまでいける。
やっとそのことに気づいた。

遅すぎるか!?(^_^;)
プロフィール

本宮とが



最新コメント
月別
カテゴリー別
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

twitter
「最新トラックバック」は提供を終了しました。