カテゴリ

カテゴリ:本

カテゴリ:
明朗であれ 父、渡部昇一が遺した教え [ 渡部 玄一 ]
明朗であれ 父、渡部昇一が遺した教え [ 渡部 玄一 ]

わが私淑する故・渡部昇一先生のご子息の書かれた、
追悼エッセイ集。

高校時代に初めて昇一先生の本に出会って以来
私の精神的支柱を作って下さったことは
以前エントリーした通り。

一時期、本気で中大を辞めて、上智大を再受験しようと思ったが
父親に止められ断念したことを告白しておく。(笑)

その昇一先生の晩年の様子が、ほぼ私と同年代のご子息の目
から描かれている。
知っている話もあったし、初めて聞く話もあった。

最後にこう書いておられる。
父の愛読者が、将来のことを考えて暗い気持ちになっていたら、父が書くであろう言葉が示す方向は決まっている。
明るい方へー
私は父と半世紀を過ごして、父が嘆き悲しむ姿はおろか、涙をこぼすところも、泣いているところも、見たことが一度もない。
武漢肺炎のこの混沌の中でも、「明るい方」を目指して歩んでいきたいと思う。

カテゴリ:
夏の騎士 [ 百田 尚樹 ]
夏の騎士 [ 百田 尚樹 ]
本当は夏に読むつもりで買っておいた本。
表紙は、子供の頃によく見た真っ青な空に白い入道雲。
ザ・夏。
蝉の声まで聞こえてきそうである。

さて、内容。
主人公は小学生3人組。
運動・勉強ともちょっと苦手な悪ガキたち。
彼らが「騎士団」を作り、一人の「レディ」を守る誓いを立てる。
その騎士団の「恋心」が中心になって物語は展開する。

白と思ったものが黒かったり、
陰と思ったものが陽だったり。
人は全く見かけによらない。
Beauty is but skin-deep.
美貌も皮ひとえ。

次はどんな展開になるんだ〜!?
一度読み始めたら、止められない。
完全に百田ワールドに引き込まれる。
一気読了は必至。

そして最後のページをめくると見事なオチ
がきちんと準備されている。

胸躍る数時間の後、爽快な読後感も楽しめる。
エンターテインメントのお手本のような一冊。

カテゴリ:
経済で読み解く日本史(1)文庫版 室町・戦国時代 [ 上念司 ]
経済で読み解く日本史(1)文庫版 室町・戦国時代 [ 上念司 ]

日本史の中でも、概して地味な印象の室町時代。
正直、「足利尊氏」「金閣寺・銀閣寺」「応仁の乱」程度の
用語しか私は思い浮かばない。(;^_^A
教科書は概ね面白くない。

著者は、教科書の記述が面白くない理由を「意図の欠落」にあると指摘する。
歴史的な出来事を起こした人々が何を考え、何を求めていたのか?
これが「意図(インセンティブ)」。
「経済的インセンティブ」と呼んでも良い。
そのことに対する答えが無いのだ。

「貧乏より金持ちの方がいい。お金はないよりあった方がいい」
「人間は生まれながらにして欲張り」
こういった万国共通の人間の変わらぬ性質のことを、
経済学では「アニマルスピリット」と呼ぶらしい。
そのアニマルスピリットの視点で室町時代を俯瞰する。

すると1本の線が浮かび上がってくる。

室町時代はシナからの銅銭による貨幣経済。
銅銭の流入量は貿易取引に依存するため、
常に不安定で不足気味である。
不景気になれば人の心は荒れる。
すると平時ならば見向きもされない過激思想に走る。
・・・
かくして「経済的インセンティブ」を探って
著者の筆は軽やかに進む。

また、「世田谷自然左翼」とか「あなご一本勝負」等
著者特有の言語センスで、事の本質を端的かつユーモラスに表現する。
比叡山延暦寺は・・・暴力団で言うなら山口組、大学で言うなら東大法学部、不動産会社で言うなら住友不動産・・・(P.88)
はその一例。

現代に生きる我々の生活と比較しながら、飽きさせることなく、
退屈な室町時代を一気に読ませる著者の筆致はお見事と言う他ない。

カテゴリ:
今こそ、韓国に謝ろう そして、「さらば」と言おう/文庫版 [ 百田尚樹 ]
今こそ、韓国に謝ろう そして、「さらば」と言おう/文庫版 [ 百田尚樹 ]

「虎ノ門ニュース」で幾度となく内容は聞いていたので
それほど驚かないかな、と思ったが、改めて読んでみると
やはり絶句してしまう、あの国の国民性。

「正直は善」という意識が多くの日本人のDNAには
染み込んでいると思うが、それに真っ向反する性格。

「義理人情」「正々堂々」「スポーツマンシップ」
こういった言葉があの国の辞書にはないようだ。

劣等感の裏返しなので、かわいそうな気もするが
そんな同情は何の意味もないので、できる限り
関わり合いを持たずに生きていくのが最も得策という結論になる。
福沢諭吉先生の「脱亜論」一択。

カテゴリ:
「昇一先生が亡くなったよ」
息子からLINEが来た。

授業の合間に見て、驚愕。
しばし、言葉を失う。
「書痴の楽園」で毎週元気なお姿を
拝見していたので、寝耳に水だった。

私の今の生活の起点は名著「知的生活の方法」を
高校生の時に読んだ瞬間から始まったと言って良い。
それほど衝撃的な内容だった。
こんな生活があるんだ!
高校生の私に人生の指針を示してくれた。

20代の頃は出版される書籍はことごとく熟読した。
先生の対談を読むために雑誌「Big Tomorrow」を
定期購読した。

インターネットのない時代。
まだサヨクが全盛期の頃。
進歩的文化人が跳梁跋扈し
朝日新聞と岩波書店が言論界を支配していた暗黒時代。
そんな時代に、昇一先生はたった一人で
そんな闇の勢力と対峙された。

30年前からずっと昇一先生の本に触れていたので
南京大虐殺などというものは存在しないことは
30年前から知っていた。

日露戦争の世界史的な意味も知っていた。

英語では、生きて、野にいる豚はpigなのに
料理として出されると単語が変わってporkになる。
その秘密も先生の英文学史で読んだ。

マルクス・アウレリウスの『自省録』も
露伴の『努力論』も先生に言われて読んだ。
『古今集』も先生に言われて私家版古今集を作った。

ただただ感謝あるのみ。
ありがとうございました。
同時代に生きることができて幸せでした。m(_ _)m

カテゴリ:


最近「虎ノ門ニュース」にも時々登場されるようになった、
著者の山口敬之氏。

その発言の正確さからして、本書も面白いだろうと
予想したが、期待を裏切らない面白さだった。

同じ政治の裏側を扱うにしても
青山さんの場合、パッション溢れる表現になるが
それを山口氏の場合は、冷徹に押さえ、
淡々と第三者的に語る。
どちらが良い悪いの問題ではない。
著者の性格の反映である。

マスメディアには出てこない数々の情報が散りばめられている。
外務省の無能さは今に始まったことではないが、
それにしてもひどい。

外交官試験や東大入試といった答えのわかっている試験にで高得点を取るだけの
受験秀才の能力など実社会では全くあてにならないことがよく分かる。
記憶力だけはいいが、腐った「性根」の受験エリートは有害無益。

青山さんが東大で教えることによって、
偏った知識エリートが多少なりとも
改善されることを期待したい。

カテゴリ:


やっと家庭教師の仕事もひと山越え、
時間的にも多少ゆとりが出てきたので
大量に「積読」してある本を少しずつ解消していく。(笑)

まずは手始めに我が師、青山さんの新刊本。

青山さんの回の「虎ノ門ニュース」はすべて閲覧済みなので
大体の逸話は聞いたことのなる話。
復習している気分。

彼の話はいつも行動が伴う点が
メディアに登場する大半の評論家・コメンテーター
と大きく異なる。
だから説得力がまるで違う。

まだ青山さんを知らない方はぜひ本書を手にとって
「一緒に考えて」欲しい。
日本人であることの矜持を持てるように。

カテゴリ:
地上波TVのつまらなさは今に始まったことではない。
朝ドラと乃木坂の出演する歌番組以外の
地上波は殆ど見ない。

食事中に流れているので仕方なく
目に入る地上波の下らなさは目に余る。

それと対照的にネット配信の面白さといったらない。

参議院選挙中も青山さんの街頭演説を
有志が次々とアップしてくれる動画で見まくった。
地上波ではありえない。

ネット配信の中でも最近のわたしのツボは
DHCシアター。

「真相深入り虎ノ門ニュース」はもちろん
「ニュース女子」といった保守層を満足させる
番組はネットならでは。

さらにまた今日超お気に入りの番組を発見。
渡部昇一『書痴の楽園』

蔵書数15万冊と言われている昇一先生の書庫に
宮崎美子女史が訪問して本の話を伺うというシンプルな番組。
「知的生活の方法」で、間違いなく私の20代の生き方の指針を
示してくださった昇一先生の書斎を見られるなんて
夢の様な番組。
前後編を一気に鑑賞。
地上波では絶対ありえない面白さ。
ぜひ続編を見てみたい。

DHCは本当にいい番組を作る。
こんないい番組を作ってくれるなら途中に入るコマーシャルも許せる。
というより「速攻ブルーベリー」は服用するようになった。(笑)

これこそコマーシャルの本質だろう。

カテゴリ:


20代の私の精神的支柱は渡部昇一先生だった。
その後、30代は斎藤一人さん、40代は小林正観さん
と変遷してきた。
そして50代の今、私のメンターは間違いなく、
青山繁晴さんだろう。

死ぬ理由、生きる理由 -英霊の渇く島に問う」「ぼくらの祖国」はもちろん、
ネット配信の「虎8」「ザ・ボイス」も
すべて追いかけている。
その青山さんの最新刊。

青山さんの主催している会員制のクラブで
強行スケジュールでハワイに行かれたことは、
幾つかの番組で語られていたので、知っていた。

その旅行の一部始終を活字にしたものが本書。
カラー写真もたくさん載せられているし、
会員の方に行われた説明がそのまま
語られているので、まるで自分もハワイを
一緒に旅しているような、嬉しい錯覚に陥る。

予期せぬトラブルもあり、臨場感いっぱいだ。

これまでの青山さんの本とはちょっと趣が異なり、
良い意味で裏切られた。

「逆転ガイド」とは内容を反映したうまいタイトルだと思う。

尚、「ガイド」の名はついているが、青山さんのことだから
当然安易な「模範解答」を用意しない。

いつもおっしゃっている通り、
青山さんの提示すものは考える「材料」だけ。
ただ、戦後今まで全く隠されていた「生の、新鮮な」材料。

国民一人ひとりがこの正確な材料から「熟考」しなくては
意味がない。

本書を読んで、「一緒に考えましょう!」

カテゴリ:


「ねずさん」シリーズの第三弾。
このシリーズは全部読んでいるが。
今回は「戦い」にスポットを当てた話。

反日的教科書や学校では全く語られることのない、
日本人の戦時下での気高き行動の数々がいつもの
柔らかな文体で語られている。

ねずさんの本を読むといつも
誇り高い日本人の血が騒ぐ、
日本人に生まれて良かった、
と思える。

それにしても中国・朝鮮半島のあの人たちの
民度の低さは歴史を振り返ると全く変わっていないことがわかる。
今に始まったことでなく、ずっとあの調子だったんだ。
しっかり肝に銘じておく必要がある。

ところで、Youtubeでねずさんの話のいくつかを聴くことができる。

書き言葉も話し言葉も同じように穏やか。
本物の人。

このページのトップヘ

見出し画像
×