タグ

タグ:アンビリバボー

5

カテゴリ:
この動画をご存知でしょうか?


全く偶然にこの数ヶ月でこの動画に関連する番組に2つ出会った。
まずは6月に、Podcast「新刊ラジオ(第1144回)

これを聴いて興味をもち、読もうと思いつつ、読めずにいた。
すると、まるで読むことを急かすかのようにその1ヶ月後
アンビリバボー7/8日放送分」で、再び腰塚先生が登場。
これは読まないワケにはいかない。(;´▽`A``
早速読んでみた。
命の授業
腰塚 勇人
ダイヤモンド社 ( 2010-05-28 )
ISBN: 9784478012406
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


「鬼の腰塚」の異名をとった熱血教師がスキー事故により
頚椎を損傷し、医者から「一生車イス生活」を宣言される。
自分ひとりでは何もできないことに絶望し、
自殺未遂までもするが、妻や同僚、教え子の支えで
再び生きる希望を見出し、奇跡的回復を遂げるまでの
波乱万丈を描く。
その過程で人生観を180度転換し「5つの誓い」を立てる。

言葉にすると簡単だが、この境地に到るまでには
どれほどの深い絶望と暗い深淵を彷徨ったことだろう。
著者の苦悩は想像に余りある。

しかし、今はこう断言する。
「麻痺してあまり動かない右半身と下半身」は
私にとっての宝物です。
いつも私に、
「手足が当たり前に動くことの幸せ」を
教え続けてくれるから(P.81)

平凡な一日は実に非凡であること。
つい忘れてしまう。
普通な毎日こそ奇跡であることを。

「ありがとう」を言い続けていたら「ありがとうを言いたくなるような幸せな出来事」が起き始めた(P.116)
正観さん思想の正しさを証明してくれる人が
ここにも現れた。(^-^)

200ページにも満たない小著だが、
カラー写真を多用し、行間も広く
非常に読みやすい。
中学生にも読める。
若いうちにこんな良書に触れておけたら、
一生の財産だろう。

人生に行き詰まった方も読むといい。
何もしなくてもいい。
生きているだけで、人は誰かを幸せにしていることを
きっと気づかせてくれるから。

2010年度ブックレビュー#060
5

カテゴリ:
昨年放送された『アンビリバボー』でホスピタル・クラウンとして
登場されたハンターアダムスさんの話に感銘を受けたので、
レンタルしてみた。

パッチ・アダムス [DVD]パッチ・アダムス [DVD]
出演:ロビン・ウィリアムス
販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2009-03-12
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


「笑い」による免疫効果に着目し、道化師役で
入院患者に笑いを届けてまわる「ホスピタル・クラウン」。
その世界最初の人と言われているハンターアダムスさんが主人公。
今でこそ「笑い」の免疫効果は科学的にも実証されているが
それを1980年代にすでに気づき、実践している。
慧眼恐るべし。

映画では、彼が「ホスピタルクラウン」になるまでの波乱万丈を描く、
のかと思ったら全然違った!!
彼の大学時代を主に描く。
彼は医学部を卒業した立派な医者だった!

自殺未遂をしてしまうほど人生に行き詰まっていた彼が
精神病院で同室となった患者とのヤリトリからヒントを得て、
人生の目標を悟り、医者として生きる決心をする。
しかし、普通の医者ではない。
患者と同じ目線に立ち、「笑い」で病を癒す心のドクター。

余りに過激な発想のため、
既存の権威主義的な立場からは激しい妨害を受ける。
危うく放校されそうになるが、圧倒的な熱意とユーモアで乗り切る。
映画で描かれているのは大学卒業までで、
ホスピタルクラウンへの過程は一切描かれないが
医大生時代まででもその萌芽は充分見られる。

主人公ハンターアダムスさんを演じるのは、
名優ロビン・ウィリアムズ。
既存の枠組みからはみ出してはいるが、
人間味あふれる魅力的な人物を演じさせれたら
彼の右にでるものはいまい。
いまを生きる』のキーティング先生が
そのまま医者になったようなもの。

久しぶりに感動して泣くことができた。
笑うことも健康にいいが、泣くことも体の浄化に役立つ。
映画では言っていないけれど・・・(^^;)

感謝される。
喜ばれる。
それが一番の幸せ、
一番の喜び。
「他の存在から喜ばれる存在」になること
それが魂(エクサピーコ)のプログラム。

【小林正観】う・た・し ごよみ #17
このことを自らの人生で証明した人、ハンターアダムスさん。
別名はパッチ・アダムス。
「パッチ」とは「つぎあて・あて布」のこと。
その名の由来は映画を見てのお楽しみ。(*^^)

録画しておいた「アンビリバボー」を見る。
今週は10周年SPで過去の番組の中から
選りすぐりの回を再放送。

その中でも一番私好みなのは、やっぱり
奇跡をありがとう 号泣BEST3
中でも第1位だったのは「たかし君 命のメッセージ」

確か以前も見たような気がするが、すっかり忘れていた。

脳梗塞の後遺症で右半身に麻痺が残り、
日常生活で常にクラスメートの助けをもらうばかりで
何もしてあげられないと落ち込んでいたたかし君
だったが、次第にあることを気づく。

生き続ければみんな喜んでくれて、
励まされて役に立っているんだ。
人のために何かやってあげるのではなく、
生きているだけでそれをやってるのと一緒なんだ、
少しでも長く生き続けよう、と。

まさに「生きてるだけで 君は宝物さ」
というEXILEの世界。(^_^;

わずか12才でこのレベルの気づきはスゴイ。
たましい年齢の高さは尋常でない。

今日も思い切り泣けて「魂の浄化」が
図れました。

今日も一日生かせてもらえて
ありがとうございました。<(_ _)>

カテゴリ:
私が基本的に1週間に見るテレビは2番組だけ。
「オーラの泉」と「奇跡体験!アンビリバボー」
どちらも放送日当日に見られることは滅多になく
早くて翌日。下手すれば翌週。

昨日は珍しく時間ができて、「アンビリバボー」を
追っかけ再生で見ることができた。
昨日は「アート」なアンビリバボー

前半は様々な前衛的なアートの数々。
「砂絵」に特に感動。
自分には「絵心」が全くないだけに
まさにアンビリバボーな世界。\(◎o◎)/!
「砂絵(サンドアート)」とは、たとえばこちら

後半は「感動」のアンビリバボー。
こちらも今回は芸術家が主人公。
落葉で絵を描く(葉彩画)とよばれる手法を
発明した赤崎一雄氏の数奇な人生を描く。

これが枯葉だなんて信じられます!?

彼がここにたどり着くまでには紆余曲折があり
一時、借金でどうにもならなくなり
「死」の直前のところまで来た。
呆然たる思いで山中を彷徨っているときに、
落ち葉が光り輝く様を見て、この画法を
思いつく。

彼の最後の支えは
「捨てる神あれば拾う神あり」
と、いう母親の口癖だった。
枯葉を素材として利用しようと思いつくのも
死の淵で山中を彷徨った時だった。
「禍福はあざなえる縄のごとし」
人生には無駄はない、

今回もまたこの単純明快な真実にたどり着いた。



1週間遅れでやっと今日の昼間見ることができた
先週の「アンビリバボー」。
「オーラの泉」とこれだけは外せない。(笑)

前半部の「心霊写真」は笑止。
あのようなおどろおどろしい演出は
もはや時代遅れだろう。
スタッフのセンスを疑う。
あのコーナーは不要。

後半はすばらしかった。(^O^)
6千の瞳を救った赤ひげ先生

父の死をきっかけに医師の道を選び、
4浪の末、医学部に入学する。

周りの「普通」の医者との軋轢に苦しみながら
「他人に喜んでもらう」という人間の最高の喜びを
求めて世界中を飛び回る。

他人にあれこれ命令するのではなく
黙って自分一人でひたすら「実践する」
という生き方を貫く。
周りは皆、はじめ彼を胡散臭い目で見るが
無私な行動に感動して最終的には彼に付いていく。

============================
感謝される。
喜ばれる。
それが一番の幸せ、
一番の喜び。
「他の存在から喜ばれる存在」
になること、
それが「魂(エクサピーコ)」のプログラム。
    〜小林正観
============================
をまさに地でいくような生き方。

私は服部医師のような生き方はとてもできないが
今、自分の目の前にいる人にだけは少なくとも
「喜ばれる存在」でありたいと思う。

そのためには来週の再履修クラスの授業プランは
しっかり練らないとな。(^^ゞ

ところで、服部先生はこんな本を書いているようです。
興味のある方はどうぞ。
はっちゃんベトナムに行く―自分さがしの旅

今日は晴れたと思ったら、突然大雨になったり
夏らしいといえば、夏らしい天気だった。
子供の頃は、夏にはこんな天気だった気がする。

魂が洗われるような、すばらしい番組にも
出会え、平凡な幸せな一日でした。
ありがとうございました。

---------------
歩数:10,920歩
ノルマ達成\(^o^)/
---------------
ありがとう:1,011
マラソン累計:1,278,620
---------------
今日の体重:63.7

このページのトップヘ

見出し画像
×