タグ

タグ:コミック

5

カテゴリ:
本が好き!」様から指名献本頂いた。
「感動コミックス」シリーズ5作目。
本シリーズは「感動コミックス」の名の通り、
非常に心揺さぶられる話ばかりで
毎回非常に楽しませてもらえる。


全員主役の感動創造企業 沖縄教育出版 1
Amazonで購入
書評/


会社名の通り、元々出版会社からスタートしたが、
紆余曲折を経て、今は健康食品と化粧品の通信販売の会社。

この会社は日本一長くて楽しい「朝礼」が有名。
1時間はザラで、時には2時間にも及ぶという。
その意味も本書に書かれている。
納得。(^_^)

本当にこんな会社が存在するのかと
俄に信じらないほど。
心温まるエピソード満載で、
こんな会社が近くにあったらぜひ入社したいと
願う人は多いだろう

「心を育てる」感動コミックシリーズでは、
失礼ながら私が全く存じ上げない人、会社を
毎回教えてもらえ、大変勉強になる。
こんなに素晴らしい会社が日本にあることに
同じ日本人として大変誇りに思う。

マスメディアは不景気な暗い話ばかりを垂れ流すが
そんなマイナス波動に染まることなく、
どんなに絶望が巨大であろうとも、
それを圧倒する希望を打ち立てる意志の力だけは
持ち続けていきたいと思った。
この「沖縄教育出版」さんのように。

過去の「感動コミックシリーズ」エントリ
(1)愛と感謝の美容室 バグジー 1
(2)愛と感謝の美容室 バグジー 2
(3)一人ひとりに未来を創る力がある テラ・ルネッサンス 1
(4)山元加津子さんのねがい かっこちゃん 1




2009年度ブックレビュー#98
5

カテゴリ:
本が好き!」から指名献本頂いた。
この「感動コミックス」シリーズはご縁があって、
これまでも、
1.愛と感謝の美容室 バグジー1
2.愛と感謝の美容室 バグジー2
3.一人ひとりに未来を創る力がある テラ・ルネッサンス1
と3冊出ているが、いずれも「本が好き!」経由で
読ませて頂いている。今回がシリーズ4作目。


かっこちゃん 1―「心を育てる」感動コミック VOL.4
Amazonで購入
書評/


今回は養護学校の先生が主人公。
山元加津子さん。
愛称「かっこちゃん」。
彼女の体験した5つの実話が紹介されている。
どれも心温まる感動的な物語ばかり。
個人的には、第4話「校長先生のはなし」が特に印象深い。

学生が先生の話を静かに聴けないのは、
半分以上は先生に責任がある。
先生の話が面白くないから。
学生を叱って静かにさせるのは教師の怠慢、
というのが私の持論。
それを「かっこちゃん」が見事に証明している。
「感動」でしか人は動かせないもの。

第5話も読みながら号泣。(T.T)
部屋で一人で読んでいてよかった!
人前で絶対読んではいけない本。(笑)
====================
みんなみんなそのままが素敵
色々な人がいて当たり前
すべてのことに意味がある
====================
このメッセージをいつでもどこでもだれにでも
ずっと語り続けているかっこちゃん。

これまでの「感動コミックス」シリーズ中、
最も心に響いた。
職業柄、教師ネタには弱い。(^_^;)

尚、本書の作・画は池田 奈都子さん。
温かな絵のタッチで「かっこちゃん」の空気感を
うまく伝えている。彼女自身も「かっこちゃん」の
思想に深く共鳴していることがよくわかる。

優しさと温もりに包まれる幸せな一冊。




2009年度ブックレビュー#69

このページのトップヘ

見出し画像
×