タグ

タグ:スピリチュアル

5

最近、面白いTV番組を発見。
金曜日のキセキ

一般視聴者の悩みを様々な「鑑定士」と呼ばれる方が
解決していく。占い方はそれぞれ特徴があって面白い。

個人的に好きなのは、
上地さんという名の女性のカウンセラー。
番組内では一切触れられていないが、
霊的存在が完全に「見えている」方。(笑)
HPでは「スピリチュアルカウンセリング」
として紹介されている。

江原さん・美輪さんの「オーラの泉」の相談者を
一般人に変えた番組と言えるだろう。
「スピリチュアル」的側面を全面に出すと
どうしても反感を持つ人がいるので、
その側面を番組内では一切強調せず、
問題点と考え方だけをアドバイスする形式を
とっている。
が、彼女に何か見えていることは明らか。

相談者のみに関わる個人的な問題だけでなく
どんな人にも当てはまるであろう汎用的な問題を
解決する有用な生き方の指針を説く。
視座はまさに「オーラの泉」と同じ。

スピリチュアル的濃度を薄くして、
多くの人の耳に入りやすくする作戦だろう。

「オーラの泉」がなくなって残念に思っている、
私のような人間にはこの番組は大変興味深い。
家族全員、この種の番組は大好きなので、
毎週金曜日の夜が一層楽しみになってきた。(^-^)
5

カテゴリ:
著者は長年、形成外科医として数々の手術を
手がけられた名医。

40年以上も医者として第一線で活躍されたのちに
紆余曲折を経て67才の時に春日大社の宮司となる。
その波瀾万丈の人生とその中での数々の出会いと
人生の不思議さを語る。

「神道」のこころ「神道」のこころ
著者:葉室 頼昭
販売元:春秋社
発売日:1997-10
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

この経歴だけでも、タダモノでないことは推測がつく。(笑)
事実その通り。

大学時代、「結核」となり、自宅に強制帰省させられた
その帰りの電車の中で寝ながら、ある本を読み、余りに
感動して数時間泣き続けたら、駅に着く頃にはすっかり
元気になってしまったとか。(^_^;)

こんな不思議な実話が次々出てくる。
面白くないはずはない。(^o^)
不思議な話大好きな人間にはもうたまらない。

「西洋医学」から入り、「東洋医学」へ進み、
さらに「神道」に至る不思議な経緯が天の配剤とも
言える不思議な糸で紡がれていく様子はまさに感動的。
神の意志を思わずにはいられない。

主な章として
「宇宙の仕組みといのちのバランス」
「神の恵みと祖先の恩」
「人間が誕生したわけ」
「ガンとボケを治す法」
「35億年前の記憶」
「見えないものを信じる力」
「生かされて生きる」等々

特に印象深かったのは・・・
=======================
神のお恵みはみんな平等にいただいている。
でも、ある人は不幸になり、ある人は幸せになる。
なぜか、感謝ですよ。
神の波動は感謝しなければお恵みとなって出てこないんです。
・・・
基本は生かされていることに感謝する。(P.89)
=======================
ここでもやはり、「感謝」に至る。
達人共通の法則。

また「神道」と「仏教」の根本的な相違や
「神道」の基本概念を難しい言葉を一切使わない、
わかりやすい解説も勉強になる。

日本人であることの誇りと喜びを
感じずにはいられない一冊。必読!

2009年度ブックレビュー#39

エハラーとして

カテゴリ:
昔は「え」と入力すると、わが賢いATOKは
「エハラー」と変換候補を出してきたものだが
最近は「EXILE」と出てくる。
それほどEXILEという単語を打ちまくっている、
本宮です。(笑)

とは言っても、エハラーとしての活動をサボって
いるわけではむろんない。(^_^;

「オーラの泉」も欠かさず見るし、12月で切れる
サポーターズクラブの会員期間も延長した。

先日も「2008年スピリチュアル日めくり」を
サポーターズクラブ限定で売っていたので即購入。
今日それが届いた。





私は「日めくり」大好き人間で
大学生の頃から必ず部屋には日めくりがある。
毎日1枚ずつめくっていくと
1日ずつ時の経過を感じることができ、
とても感覚的に好きなのだ。(=^0^=)

これまではノーマルなものだったが
今年初めて、この「スピリチュアル系」を買ってみた。(^_^;

毎日、江原さんの「ひとこと」が書かれており、
朝それを読んで仕事に出かけるのが楽しみ。(^_^)

また、エハラーとして忘れてはいけない
年末恒例の番組が「天国からの手紙」。
この番組ほど「家族の絆」「平凡な日常」の大切さを
思い出させてくれるものはない。
今回のテーマは「家族のことをどれだけ理解していますか?」
今回も多くのことを学べると確信している。
明日12/26(水)18:30からなのでお忘れなく。(^_-)-☆

今日も平凡で幸せな一日でした。
ありがとうございました。

---------------
売上冊数:3冊
売上金額:1,119
在庫数:1,598冊
---------------
歩数:4,290歩
ノルマ未達成(T.T)
---------------
ありがとう:1,043
マラソン累計:1,638,213
---------------
今日の体重:62.3
5

カテゴリ:
録画したままずっと見られずにいた「天国からの手紙」。
やっと見ることができた。
「家族」がメインテーマだけに、「オーラの泉」以上に
ずっと身近な問題として自分自身を番組の中に投影できる。

家族が毎日平凡に生活できることがどれだけ幸せなことか。
愛おしくて泣きながら息子を抱きしめ、
そして息子に厭がられた私。(^◇^;)

今回もまた数々の珠玉の言葉が江原さんから語られた。

ついつい日常の忙しさに紛れて、子育てを
手抜きしてしまいたくなるときに思い出したい。
「親が身を削り、心を削って育てるからこそ子どもが輝く」

だれもが幼稚園・保育園で一番最初に習う事
でありながら、誰もが忘れてしまっている
最も基本的な社会ルール。
「みんななかよく」

すべては必然。
一見悲劇的な事態であろうと
そこには必ず意味があることを思い出せ。
「どんな試練であってもそこには絶望だけでなく
自分をより輝かせるためのメッセージが必ずある」

今回もこれまで同様、極めて質の高い、
濃い内容の番組だった。
毎回これだけのレベルを維持するのは
江原さんはじめ、スタッフの方々の
御努力と御苦労は大変なものだと思う。

こういう番組をほぼ半年に1度のペースで
見ることができる幸せに深く深く感謝したい。
ありがとうございました。
5

江原さんの特番「明日への扉」を見た。

生放送でなく、1時間ほど経過して段階で
追っかけ再生でキリの良いところまで
見るつもりで。
ジャニーズの訳わからんアイドルと共演なので
正直余り多くを期待していなかった。

「天国からの手紙」とは異なり
今現実に生きている人の悩みをスピリチュアルな
視点から導くという趣向。
これがまた予想以上におもしろい。

特に「障害」をもってうまれて来た子を
ひとつの「個性」と表現した江原さんのすばらしさ。
そしてその子が誕生したことによって
家族は貴重な宝を二つも得たこと。
人生には無駄はないんだ。
今更ながら再認識した次第。

結局最後まで泣きながら見てしまった。
それでこの時間。(×_×;)

今わかった。
「嵐」を使ったのは、10代の子にスピリチュアルな
世界を知らせるのが目的だったんだ!!

「天国からの手紙」や「オーラの泉」では10代を
引きつけられない。だから「嵐」で釣ったんだね。
どんな理由だろうと、若い子があのような
スピリチュアルな視点を持つことによって大きく
生き方を変えることができれば十分意味がある。

すばらしい番組が見られて幸せでした。
江原さん、ありがとうございました。

---------------
売上冊数:1冊
売上金額:302円
在庫数:1,473冊
---------------
歩数:12,121歩
歩行距離:398.7
---------------
ありがとう:1,012
マラソン累計:967,563
---------------
今日の体重:63.9

このページのトップヘ

見出し画像
×