Ordinary

日常生活の些細なことに幸せの種を見つけて楽しんでいる平凡なオヤジの視点

パソコン

初回終了5

先週の金曜日から始まった授業が一巡した。
担当する13クラスを全部体験。
昨年度は成績の一番良いクラスの担当だったが
今年は一番上から一番下までさまざま。
ただ全般的にみな性格がいい。

もちろん、やんちゃ坊主ぽい風貌の者もいるが
一対一に対応すれば概ね良い子ばかり。
真面目な子がとても多い印象。
・授業に絶対遅れない。
・必ず出席。
・分からないことは聞く。
これを絶対守って授業に参加しようと思います。

今日は初めて会った子と会話もできて
とても楽しく授業できた。
先生にも質問できてよかった。
情報処理の授業がすごく楽しい!

今日は初めての授業で難しいものなのかと思っていたけれど、基本的なところもあって、少しほっとしました。Wordなど全然使い方がわからないので勉強していきたいです。先生の教え方もわかりやすいので、これから上手くなっていくのが楽しみです。

今日初めて授業をやって、想像してたより楽しかったです。
パソコンもっと詳しくなりたいし好きになりたいので、
これからも楽しい授業をして下さい。
よろしくお願いします!


中にはこんな子まで。
先生に対してタメ口を発する人が多いので、
とても腹が立ちました。
敬神愛人を心掛けてほしいと思います。
先生頑張ってください。

こんな同情されたのは初めてだ。(;・∀・)
そんなタメ口だったかな!?
余り覚えていない。
教師らしい言動を日頃から意識してないからな。(爆)

さて来週からいよいよ本格的なWord・Excel・PowerPointの授業となる。「こんな技があるのか!?」と学生たちが毎回度肝抜くような授業をする!楽しみにしておれ!!(^_^)

マンガでスイスイ「10歳のパソコン」15

本が好き!様よりご献本頂いた。(^人^)感謝♪


マンガでスイスイ「10歳のパソコン」1[ スゴイ技!]
  • かたりおん
  • 総合企画
  • 924円
Amazonで購入
書評


定石どおり、Windowsの基本操作から入り、
プリンタ・スキャナ等の周辺機器の使い方、
インターネットの活用法、
さらにセキュリティについての解説と
「10歳のパソコン」とはいえ、
幅広くひと通りの事柄は網羅している。

見開き2ページで1項目を解説する。
右ページに4コマ漫画。
左ページに詳しい解説。
詳しいと言ってもイラスト中心なので
10歳の子どもでも十分読める。

それでも「スクリーンショット」や「圧縮解凍ソフト」
さらに、Ctrl+C等の主な「ショートカットキー」までも言及する。
ブログやGoogle Earthの話題にまで触れているのはお見事。
(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ

「そこそこ」「まあまあ」「かんたん」の3つの
レベル分けがされているので、まずは「かんたん」
だけを読んでいくのが超初心者にはいいかもしれない。
基本用語の索引も付いて、
初心者への気配りが行き届いている。

題名どおり、「10歳の小学生」はもちろん、
その小学生にパソコンを教えなくてはいけない、
PCが苦手な先生方や、その小学生のお孫さんをもつ
シルバー世代にもオススメできる一冊に仕上がっている。
これで税込924円とは、
コストパフォーマンスは極めて高い。(^-^)

2010年度ブックレビュー#061

セレンディピティ5

とは、何かを探しているときに、本来探しているものとは
別の価値あるものを見つける能力・才能を意味することば。
今日、PC家庭教師に伺った彼にこの能力を感じた。(^-^)

Wordの表の編集方法を教えていた時のこと。

たとえば、Wordで以下のように表に入力されているとする。
Word表1

列ごとに入力されている文字数が異なるので、
丁度いい幅に調節するときに、我々は
「調節したい列の右側の境界線にマウスポインタを
あわせて、ダブルクリックする」と、教える。
こんなふうに・・・
Word表2

上記のように4列ある時には最低4回ダブルクリックすることになる。
最低と書いたのは一番左側の列のようにはみ出た文字が2文字
ある時には、1文字ずつしか調整されないのでその分、
ダブルクリックする回数も増えるのだ。

ところが、今日、彼に教えている時に彼が間違えて、右側でなく
左側の境界線でダブルクリックした。こんなふうに・・・
Word表3

そうしたらなんと一発ですべての列幅が最適値に変更できた。
Word表4

現場では平静を装ったが、自宅に戻ってきて
実験してみたら確かにできた!!
!!キャー!ビックリ!! (*゜ロ゜)ノミ☆(;>_<) バシバシ

一番左側をダブルクリックする発想はなかったなぁ〜。
教えに行って教わった。すごい得した気分。

Yちゃんはこの技、知っているかなぁ〜!?\(o⌒∇⌒o)/

GWのある一日5

今日は午前中はPCの家庭教師。
ワープロ検定と情報処理検定3級対策。
高校で使用しているものと同じテキストを
私も購入し、一通り解いてみる。

私自身、PC関連の資格を全くもっていないので、
初めて知ることが多く、新鮮で非常に楽しい。

「以上」や「敬具」の後ろにはスペースを1つ入れ、
間にもスペースを一つ入れて「以 上」「敬 具」にすること。
前付けの発信者の後ろにはスペースを2個入れる。
頭は階段状に揃えることなど。
そんな原則あったの!?ということが目白押し。

こんなことも知らずに教えていたのかと思うと、
検定対策の授業ではないとはいえ、
これまでの学生さんに申し訳ない限り。<(_ _)>
いい勉強になるわ〜。(;´▽`A``

午後から、GW最後のせどり。
明日は息子の弓道大会を見学に行くので
仕入れは今日しかない。
午後からで何店回れるか実験的せどり。
しかもGWで高速道路は大渋滞なので、
下の道で行く。

1:30に自宅を出て、3店舗回って
帰宅は5:00。35冊仕入。
半日あれば3店舗回れるんだ〜。
やろうと思えばできるじゃん!!>自分
モバイル会員になっているので5%オフ。

これでGWは70冊仕入れることができた。ヾ(=^▽^=)ノ
GW中にできるなら、大学のオフシーズンでも
物理的に可能だろう。

平凡ながら、充実した一日を過ごせました。
ありがとうございました。(^-^)

ドライブレターの変更5

今月初頭に、以前のクライアントさんから連絡があり、
新しいPCとシステムを納入したことは以前エントリーした。

新しいシステムを導入した場合、
予期せぬトラブルが起こるので、初めの1ヶ月くらいは
たいてい週一の割合で「メンテナンス」の名の様子見が必要。

先週は「データ検索ができない」とのご連絡だったが、
必要なデータをお客様が入力していないことが判明して
事なきを得た。(^_^;)

今週はUSBにバックアップしようとすると、
「エラーメッセージ」が出る、とのご連絡。
データを入力後に、USBメモリーに
バックアップをとるようにしていただいたのだ。

なぜ急にエラーメッセージが!?
ただ、ひとつ思い当たる点がある。

確か先週、携帯で撮った写真をパソコンにコピーするのに
カードリーダの利用をお勧めした。むろん、USB接続。
ドライバをインストールした段階で、
バックアップ先のUSBメモリーのドライブレターが
変更してしまったようだ。

しまった!!
これは私のミス。
バックアップアプリ(ACCESS)の
モジュールのドライブレターを書きなおしてもいいが、
今後また何かインストールして変わってしまうと面倒なので
保存用のUSBメモリーのドライブレターを固定した。
こちらを使って。

伺って5分で作業完了。
手数料を手渡そうとされるので、無論丁重にお断り。
こんなことで料金いただけませんよ。(^_^;)

1時間もかかる場所だとめげるが、車で15分なので
その点も気楽。ちょうどよい気分転換。
お客様に喜んでご利用いただければ、こちらもうれしい。(^o^)

一長一短5

遅ればせながら嫁のPCにOffice2007をインストールした。
私がスマートアートを使って、らしくない洗練された図形を
簡単に作っているのを見て、羨ましがるので。(*^^)v

息子のテスト前は、嫁が漢字テストやその他のプリントを
Wordを使って作成するのだが、今回バージョンアップした
Word2007のそのあまりのインターフェイスの変わりように
全く作業が進まなかったらしい。(^^ゞ
さもありなん。(笑)

私が帰宅早々、
「1行増やそうと思ったらページ設定がない」
と泣きつくので、「そんなのルーラーの
左右の余白部分をダブルクリックしてみて」と
言ってみたものの、デフォルトではルーラーも非表示だった。(笑)

「印刷もどこからやっていいのかわからん」というので
そんなの「Ctrl+P」のショートカットでやりん、と教える。

一事が万事。
私などはもうすっかり慣れてしまったので、2007の便利さのほうに
文句なく軍配を上げるが、世間一般のOffice2007に対する
抵抗の強さは根深いようだ、。
確かに最初の壁は相当高かったと記憶している。

それにしてももう次バージョンの2010も出るのだから
いい加減「メニューバー・ツールバー」への郷愁は捨てて
「タブとリボン」に慣れたらどうだろう。(笑)
実際使い慣れれば、出たりでなかったりする「ツールバー」より、
タブとリボンのほうがずっと使いやすい。

その昔、私がこの世界に35過ぎてから入ろうとした時、師匠に
「今からで遅くないですか?」と尋ねると
「この業界は次々に新しいソフトが開発されるから
長くやってても、新しいソフトがでれば、そこでまた
リセットされてイチから勉強し直し。
同じライン上からよーいドンで再スタート。
皆初心者に同じ。だから全然心配ない。」と
言われたのを思い出す。

次から次へMSが新しいUIを生み出してくれるので
我々インストラクタの仕事が創出されるのかもしれない。
止まることなく新しいソフトや機能がうまれるので
ずっと勉強し続けなくてはならない。
おかげで超飽き性の私も全く飽きることなく、
この仕事を続けていられるわけだ。

ず〜〜〜と勉強し続けていられる。
こんな幸せな仕事はない。(^_^)

MS-Access5

Access(アクセス)はWordやExcelの仲間、
MS-Officeの中の一つ。
データベース構築用のソフト。

ただ、WordとExcelとはちょっと次元が異なるソフトで
大学の通常の科目では教えることはない。
Accessを知らない方に「どんなソフトですか?」
と質問されるときに、音楽にたとえてよくこんな比喩を使う。

Word・・・歌を歌うレベル。
多少の旨い下手はあるが、皆、口はあるので歌うだけならできる。
Wordも同じ。速い遅いはあるが、基本的に入力するだけなので
だれでもある程度はできる。
我流でも能率は悪いが、できないことはない。

Excel・・・楽器演奏レベル
ピアノでも音を出すだけなら誰でもできるが、演奏するとなったら
ある程度の練習が必要。
Excelとなると、関数・グラフなど、単に入力するだけのレベルを
超えるので、訓練が必要。
我流でもできなくはないが、テキストなり指導者なりがいたほうが
効率は断然良い。

Access・・作曲レベル
Word・Excelが模範解答を提示できるが、Accessは答えがない。
というより、無限に存在する。
自分で必要とされるシステムを構築しないといけないので
創造力を必要とされる。
自由な発想で自ら作り出せるので、構築できたときの喜びは
Word・Excelと比べて、桁違いに大きい。
が、作成途上の苦しみはWord・Excelの比ではない。(^_^;)

私は以前、勤めていた塾を退社する際に、塾長から
「勤めたい塾があったらどこでも紹介してあげるから言って!」
と、言われた。

ただ当時、塾で英語を教えることより、「パソコン」の方に大きく興味が
移っていた。当時、富士通のDeskPowerが「価格破壊パソコン」
として大々的に売り出されていた。
パソコンの方が面白そう、と感じ、
「塾に出入りしているシステム屋さんを紹介して下さい」、
と頼んだ。

そして、そのシステム屋さんで3ヶ月ほど、修行させてもらった。
その頃、主にやったのはホームページ作成とアクセス。
インターネットが流行だした頃で、
ホームページビルダーも今のように高性能でないため
自分でタグを入力して作った。

アクセスも彼の下請けの形で原型をつくり、最後に
彼が全体を修正した。
そんなシステムを7-8コ作った頃だろうか
「Access応用」のセミナー講師の依頼が来た。

WordやExcelも使ったことがないのに
Accessですか〜〜\(◎o◎)/!?

講師稼業は長いので、人前で話すのは慣れているものの
Accessはまだ使い始めて数ヶ月の頃。
1ヶ月間、食べて寝る以外は全ての時間を
Accessに費やし、勉強しまくった。
そして無事3日間のセミナーを乗り切った。\(^o^)/

だからAccessは私にとってとても思い出深いソフト。

当時作ったシステムの中に学習塾の成績管理システムがある。
塾内テストの結果を集計し、順位や偏差値などの成績を出し、
宛名ラベルを出力する。

その塾がたまたま私の家から車で15分の隣町にあるので
そのシステム屋さんから私にメンテナンスが引き継がれ
数年に一度、トラブルがあると、電話が鳴る。

数年に一度のご依頼をちょうど先週頂いた。(^_^;)
PCが壊れて起動しない、とのこと。
Win98の年代モノ。
これはもう買い替えをオススメ。
何がいいのか全然わからないので、適当に買ってきて!、
とのご依頼。
で、愛用のeMachinesでXP(7はOffice2000はサポート外)の
デスクトップを購入し、「成績管理システム」を
インストールしてお持ちする。
バックアップ先をUSBメモリにするなど
一部モジュールを書き換えた。

1週間で元の状態に戻って、感謝感激された。
喜んで頂けて何より。(^o^)

何年ぶりかでAccess使ったが、やはり面白い。
いじっていると、時間を忘れる。
2-3時間はあっという間。
WordやExcelと違い、自分が指揮している喜びがある。(^o^)
プロフィール

本宮とが



最新コメント
月別
カテゴリー別
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

twitter