タグ

タグ:ブックレビュー2010

5

カテゴリ:
本が好き!様よりご献本頂いた。
(^人^)感謝♪


まっすぐな生き方
  • 木村耕一
  • 1万年堂出版
  • 1575円
Amazonで購入
書評


私の小学校時代だから、今から40年も前のこと。
当時、「道徳」の授業では「明るい心」という
教科書を使用していた。
教科書らしい道徳的訓話を集めたもので、
新学期に教科書をもらうとまずそれを全部
読んでしまうほど好きだった。
今でもその性向は変わらない。(^^;)
三つ子の魂百まで。

さて、本書。
古今の偉人達人23名の43のエピソードを集めた説話集。
まさにそのまま道徳の教科書にできるような、
感動的実話に溢れている。
題名の通り、「まっすぐな生き方」を実践した人々の記録。
こういう本はぜひ多感な小中学校時代に読みたい。

それを考慮しているかのように、
上質な紙に色刷りで優しい印象を与える。
1万年堂出版さんの本はいつもそう。
ほとんどの漢字にフリガナが振られ、
重要なことばはフォントが大きくされ、
10枚のカラー写真と14枚の書が添えられている。
どれも心が洗われる。
これで1500円とは恐れ入る。
本づくりに対する志の高さが伺える。

著者と出版社自らが題名の通り「まっすぐな生き方」を
実践していることに感嘆せずにはいられない。

2010年度ブックレビュー#054
5

カテゴリ:
小林正観さんの最新刊。
ごえんの法則
小林 正観
大和書房 ( 2010-06-15 )
ISBN: 9784479792970
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


正観さんは昨年体調を崩され、入院を余儀なくされた。
その時に病院内で時間に余裕ができたので、
話をテープにとり、それを起こしたのが本書。
書き下ろしならぬ、語り下ろし。

ごえんとは「縁」「円」「援」「宴」「園」の
5つの「えん」を意味する。
この「ごえん」の視点から眺めると、
正観さんの思想が分かりやすくなると
編集者が提案したらしい。
確かに面白い視点だ。

タップリと時間をかけて作った、と
ご本人が述懐しているだけあって、
これまでの正観思想の集大成のような本。
正観さんの本にしては、文字も小さく、
中味がギッシリ詰まっている印象。
お得感もある。(^-^)

正観さんの本はほとんど読んでいる私にはお馴染みの事例
が多いが、初心者の方にはその余りに肩の力の抜けた生き方は
衝撃的かもしれない。(;´▽`A``

正観さん入門者には全体像を知る上で、
中級以上の方には総復習の意味で楽しめる仕上がりとなっている。

2010年度ブックレビュー#053
5

カテゴリ:
一人さんの最新刊。
眼力 (CD付)
斎藤 一人
サンマーク出版 ( 2010-06-21 )
ISBN: 9784763130617
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


「心」を意味する英単語には、heartとmindの2つがある。
heartは感情的側面、mindは思考的知的側面に重きをおく。
今までの多くの本がheartを温かくするのに対し、
今回の本はmind重視で書かれていると言えるだろう。

物事の本質を見抜く力を「眼力」と定義し、
マスコミや他人の意見に迷わされることなく、
真実を的確に見抜く力を涵養せよ、と説く。

要は有名な人が言ったとしても鵜呑みにせず、
自分の頭で考える習慣をつけること。
裏のカラクリを見抜くこと。

精神論が少ない本書の中にあって、
数少ない精神論的名言がこれ。
急がせるものは悪、落ち着かせるものが神(P183)
確かに、やたら急がせる契約がマトモだったためしはない。(;´▽`A``

尚、本書には付録CDが1枚付属。
9分のお話が1つ。
「悪口・陰口を叩く人への対処法」
こちらはいつもの一人さん節全開。\(o⌒∇⌒o)/
人間関係における眼力。

心も頭脳も明敏にしてくれる一冊。
今回も期待を裏切らない。

2010年度ブックレビュー#052
5

カテゴリ:
戦犯として18年間もシベリアと中国で抑留生活を
体験されたお二人の対談。
古海 忠之, 城野 宏
致知出版社 ( 2004-06 )
ISBN: 9784884746834
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


獄中という極限下での人間の生き様を
冷静な人間観察に基づき淡々と語っておられる。

神経衰弱になるタイプにはいくつかの特性があるという。
まず、看守に何かとゴマをする者。
得体の知れない相手なので神経が参ってしまう。

また家族に会いたい思いが募って、そのことばかりを
考えている者。その一事に意識が支配されてしまって
他のことに反応しなくなる。うつろに宙に目を向けているだけ。
人間の脳みそは外部的な刺激に反応しなくなったらおしまいだ、
と痛感したという。

そんな中生き延びたお二人は、
考えてもしようのないことは一切考えなかった、
と、述懐する。
このことは監獄ばかりではないよ。一般社会でも生きるための基本だね。・・・会社に勤めていて、不満を持つのも同じこと。不満をくすぶらせていても、不満は消えるものではない。それよりも、その不満を楽しいことに変えられないか。ほかに楽しいものはないか、と考えたほうがいい。どうせ生きるなら、おもしろく生きようとする。これが肝要なことですね。(P49)
監獄でも普通の会社でも全く同じであると看破する。

ぼくはソ連のGPUに逮捕されたのが45歳のときだった。そして中国から帰ってきたのが63のときだよ。人生でもっとも油ののった働き盛りの18年間を監獄暮らしで送ったということになる。出獄したときは、普通のサラリーマンなら定年を過ぎてる。これは困ったなと思わないことはなかったが、考えてもはじまらない。もう無我の心境だね(笑)。実際は少しも困ることはなかったけど。(P71)
今の私の年齢の頃にちょうど監獄暮らしだったんだ。。。
想像を絶する。
私が同じ境遇に耐えられるかどうか・・・

18年間も監獄にいて辛かったでしょう、大変な修羅場を
くぐって来られましたね、なんてよく言われるが、ぼく自身は
監獄を修羅場なんて考えたことは一度もないからね。・・・
修羅場だと思うから修羅場になるだけのことです。(P169)
この豪胆さには恐れ入る。(@Д@;

十分に自分の力を発揮するというのはなにも、総理大臣や将軍になったから発揮できるというものじゃない。社会には無数の職責、役割があるんだから、その時その時に置かれた条件の上に、常に自分の力を十分に発揮できるように動けばいいんです。それで結果はどうであれ、死ぬときには十分にやってきたという満足を持って死ねるわけですから。(P170)

ここでもまたいつもの答えに行き着く。
「今」自分の目の前にあることに「心」を込めて全力を尽くす。
すなわち、「念」を持って生きる。

いつ銃殺されるとも知れぬ極限状態の毎日を
平常心で生き延びた人生の達人お二人の珠玉の言葉。
平凡な日常にある我々にも十分適用しうる人生訓に満ちている。

2010年度ブックレビュー#051
4

カテゴリ:
本書は1788年ドイツで出版され、ベストセラーとなった。
その後ヨーロッパで100年以上読み続けられた名著の翻訳。

人間交際術 (智恵の贈り物)
アドルフ F.V.クニッゲ
イースト・プレス ( 2010-05-20 )
ISBN: 9784781603896


大きく5章に分かれ、それぞれ
第1章 人づきあいが楽になる智恵
第2章 自分も周りも愉快になる会話
第3章 一歩抜きん出る人づきあいの秘訣
第4章 どんな人ともうまくつきあえるコツ
第5章 友人や家族、隣人、異性とのつきあい方
をまとめる。

右ページにエッセンスを掲げ、
左ページでそれを解説。
見開き2ページが1セットとなっているので
読みやすい。
300ページ超の大著なれど、大きさは新書版サイズ。
持ち運んでちょっとした隙間時間に読むのに
適している。

内容は、本書の150年後に生まれることになる名著「人を動かす
の原石のような本。
しかし、後者は著者がアメリカ人のためか雰囲気は
ずいぶんと異なる。良くも悪くもフランクな感じ。
むしろ本書の85年後に生まれるイギリス人ハマトンによる
名著「知的生活」の空気に近い。同じヨーロッパ人だからだろうか。
どちらもいわば「ジェントルマンになる方法」を説く。

いずれにせよ、本書で述べられている内容に関しては
私としては、特に目新しい知識はない。
知識としては知っているものばかり。
むろん、「知っていること」と「実行できること」とは別物ではあるが・・・

若いうちに本書のような人間関係の基本ルールを
学んでおくのは得策だろう。
学校では教えてくれないが、
どんな社会においても普遍的に通用するルールだから。(^-^)

2010年度ブックレビュー#050
5

カテゴリ:
アマゾンで長い間ベストセラーランキング上位を
維持していたので興味を持ち読んでみた。


著者は現役東大生であると同時に
中・高校生の学習指導を行う株式会社社長。

「2ヶ月で7点が90点に」
「3ヶ月でE判定がA判定に」
という帯はこの手の勉強本にはありがちなキャッチコピーだが、
内容は同種の本とはかなり異なる。

東大生が教える「7つの学習習慣」が本書のキモ。
その7つは決して奇想天外で、アクロバティックなものでなく、
極めてシンプルかつ基本的なこと。

しかし、その中で示されている視点は教師生活30年
近くになる私でも考えたことなかったような斬新なもの。

たとえば、
予習は( 1 )の準備。
授業は( 2 )の準備。
復習は( 3 )の準備。(P104)

なるほど!!
考えたことない視点だった。
答えは1.授業 2.復習 3.テスト

また一見綺麗に見えるノートよりも実践的な
著者の2色ノート。(P118)
授業中にオリジナル問題集を自作してしまう発想!!

「忘れ物をなくすためには」(P149)

待ち合わせは12時19分(P76)

いずれも目から鱗の発想だ。

本書は7つの学習習慣を勧めているが
それは「3つの力」を習得するため。
すなわち、
1 「自分」をコントロールする力(自己管理能力)
2 「時間」をコントロールする力(時間管理能力)
3 「記憶」をコントロールする力(記憶管理能力)

この3つの力の習得が究極の目的。
これらは受験だけでなく、社会人としても
そのまま使える有用なスキルであろう。

本書は上記3つの力ごとに章別にまとめ、
章末ごとに「まとめ」と「コラム」を挿入し、
図表も多用し、読みやすい形を採っている。
本の作りといい、内容といい、
著者の良心と真摯さを本全体から強く感じる。
とても誠実で信頼できる人とみた。

中・高校生を読者対象にしているせいか
これで税込1000円とは破格の安さといってよい。
コストパフォーマンスは極めて高い。

これまで読んだ勉強法の本の中でもベスト3に入る、
極めて良質の学習指導本であると断言できる。
意欲ある中・高校生およびその親御さんには
一読を強くお薦めしたい。

2010年度ブックレビュー#049
5

カテゴリ:
大学を選ぶとき、これさえつかんでいれば
人生絶対大丈夫と思えるものを見つけたかった。
何が起きても、自分ひとりで立っていられる、
確固たる精神的支柱のようなもの。
それを求めて大学に行った。
その確固たるものを愚かにも「法律」に
求めてしまった。。。

そして入学半年で自らの誤りに気づいた。
そこからずっと探していた「幸せをひらく鍵」。

幸せをひらく鍵 (スマナサーラ長老の悩みをなくす7つの玉手箱 4)
アルボムッレ・スマナサーラ
国書刊行会 ( 2009-01 )
ISBN: 9784336050793
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

あれから30年経って、やっと最近この鍵を
見つけることができたかなという気がする。
これさえ掴んでいれば、どんな状況になっても
幸せでいられる鍵。
一人さんや正観さんが説かれている視点と
全く同じもの。
そのときそのとき、しなければならないことを、
なんのこともなくさっさと行なって、
いつでも明るく生活していれば、
人は幸せを感じていられます。・・・
ですから幸せになりたいという人は、なれます。
いますぐ、簡単に。(P.66)

おなじみの、「念」を込めるということ。(^-^)

逆に幸せになるために障害となるのは、
考えてもしようのないことをいつまでも
グズグズ考える事。
答えの出ないこと、どうでもいい、くだらないことを考えて、ぐるぐると回っていることは、不幸への落とし穴です。(P.78)


そうならないためには「智慧」を育てることだと言う。
考えすぎることは、けっして頭がいいことではありません。ほんとうに智慧があるとは、その場その場でなにをすべきか、さっと判断できるということなのです。 (P.78)


そして幸福への道筋を鮮やかに導く。
いつでも明るい、活発な、元気な、健康な心をもてるように努力すること。いつでもニコニコと笑える状態、なにがあってもすぐ笑える状態、そういう心を作ること。それが人間にとって最高の幸せであって、それ以外に幸せはありません。 (P.88)


自分の歩いている方向でまちがっていないようだ。
あとは知識としてもっているこの情報を
日常生活のあらゆる状況で実践していくだけのこと。

小さな苦労は、神さまの小テスト。
笑いながら軽くクリア。(^-^)

大きなトラブルは、実力テスト。
これを笑ってこなせるかを神さまは見ていらっしゃる。

日常生活の森羅万象がすべて神さまの試験として楽しめる。
物事それ自体にいいも悪いもない。
一切は無色透明。

自分で色をつけられるのなら、
すべてバラ色に染めてやればいい!!\(o⌒∇⌒o)/

2010年度ブックレビュー#048
5

カテゴリ:
本が好き!よりご献本頂いた。(^人^)感謝♪


子どもに教えてあげたいノートの取り方
  • 高濱正伸_::_持山泰三
  • 実務教育出版
  • 1470円
Amazonで購入
書評


昨年話題になったので、「東大合格生のノートはかならず美しい」を以前読んだことがある。
確かにキレイなノートではあり、
目の保養にはなったが、自分で実際にノート作成する
上では正直余り参考にならなかった。
それは著者自身に某かの指針があるわけではなく
「キレイ」に見えるノートを収集し、
その特徴と傾向を表面的に分析したに過ぎないから。

一方、本書。
著者は算数オリンピック委員会理事。
花まる学習会代表
残念ながら、指導のキャリアが「東大生のノート」の著者とは
比較すべくもなく、哲学の差がその著書に如実に現れてしまっている。

英数国社理5科目毎に、ノート作りのポイントを掲げ、
子どもたちの実際のノートを写真で見せながら説明する。
どの教科も4種類のノート作成を推奨していることには驚いた。
すなわち、「授業」「演習」「知識」「復習」。
それぞれに重点が異なり、それに応じてツボがある。

また「キレイに書きなさい!」
親からそう指摘されてきた子が学力不振に陥る原因が
本書で明確に示されている。

さらに驚嘆すべきは、例示されているノートのレベルの高さ!
主に小学生のノートだが、おそらく難関中学校受験生なのだろう、
中学生はもちろん、下手な高校生でも太刀打ち出来ないような
内容が見事なまでにまとめられている。

ノート作りと同時に科目毎の勉強方法も集約し、
最終章では子どもを勉強好きにするための
親へのアドバイスもまとめている。

題名は「ノートの取り方」となっているが、
題名以上の広い範囲をカバーした充実の一冊。
小中学生のお子さんを持つ、教育に関心のある
親御さんには必読といってよいだろう。

2010年度ブックレビュー#047
4

カテゴリ:
自分のあみだした勉強法に絶対的な自信をもち、
教え子たちを次々に難関校に合格させていた著者。
同じ勉強法で指導したにもかかわらず、
何と自分の息子を不合格にしてしまう。
なぜ!?
そこから著者の新たな試行錯誤が始まる。

子どもの成績は、お母さんの言葉で9割変わる!
西角 けい子
ダイヤモンド社 ( 2010-03-12 )
ISBN: 9784478009529
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


合格者のお母さんに共通の特徴があった。
それは「言葉がけ」。
「そうだよね」「信じてるよ」「応援してるよ」等
『はぐくむ言葉』を使っている。
それに対して、
「早くしなさい!」「いつまでテレビを見ているの!」
「お母さんは疲れているのよ!」「いい加減にゲームやめなさい」
といった『つみとる言葉』を使っていた著者。
一人さんのいう『天国言葉』と『地獄言葉』の
受験編と言って良いだろう。

そこで、『独自の勉強法』に『はぐくむ言葉』満載の
『お母さんの言葉』をミックスし、「ニシカド式勉強法」を
再構築する。
知力に『自信』と『精神力』をプラスし、
圧倒的な合格率を誇る「ニシカド式勉強法」を築き上げ、
現在に至る。

3章構成。
第1章 塾の生徒さんの実際の事例
第2章 ニシカド式勉強法の数々のアイテム紹介
第3章 ニシカド式勉強法エッセンス

勉強方法そのものは中学受験対策用なので
すべてのご家庭の参考になるものではないが、
『はぐくむ言葉』の数々は勉強だけでなく
子どもがどの道に進むにしろ、知っておいて損はない。
『言霊(ことだま)』の力を再認識するだろう。

2010年度ブックレビュー#044
5

カテゴリ:
幸福力(しあわせりょく)
斎藤一人
マキノ出版 ( 2010-04-08 )
ISBN: 9784837671299
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


雑誌『ゆほびか』に掲載された特集記事を
加筆・修正・再構成したもの。
読者からの質問に対し、一人さんが答える形になっている。
章別構成は以下の通り。

第1章「天国言葉」あなたの言葉で地球が天国になる
第2章「天国のお金持ち術」心も財布も豊かになるお金の知恵
第3章「天国の読書術」この世の悩みが消えていく本の読み方
第4章「天国の仕事術」自分も会社もお客さんも幸せになる働き方
第5章「天国の人づきあい術」泣いたり笑ったりしながら
第6章「天国ともしもし地獄」一生、幸福に生きられる生き方の神髄
第7章「不況のほんとうの原因」こうして地球は平和になっていく

個人的には、第3章「天国の読書術」で語られている一人さんの
読書体験のお話が初耳で興味深かった。
一人さんも『坂の上の雲』が大好きで何度も読まれたそうな。
司馬遼太郎を色々読まれているそうで、
好みが同じで嬉しくなる。(^-^)

日本というのは言霊(ことだま)の国です。きれいな言葉、自分が楽しくなるような言葉、相手が聞いてて楽しくなるような言葉を使っていると、ほんとうに、人生って、よくなってくるんです。(P.14)

「天国言葉」をドンドン使って
幸せになってしまおうといういつもの作戦。(笑)

長くつきあっていて、嫌なやつだなと思ったんだから、間違いなく嫌なやつなんです。そういう人と、うまくやろうとかって、しちゃいけないんです。そういう人とは離れるべきなんです。(P.116)

猛獣や爬虫類の魂を持つ人に出会ったら、まず逃げる。
そういう人を治してあげようとか、説得しようとか、そういうことをしちゃだめです。(P.118)

理性的な他の自己啓発本では決してお目にかかれない、
「感情論者」一人さんの面目躍如。ヾ(=^▽^=)ノ

質疑応答集のため、ポイントが明確になっている。
同種の疑問をもつ読者には読みやすいだろう。

尚、付録のCDは、第7章「不況のほんとうの原因」を
そのまま採録している。
いつものように全部そのままCDに採録くれたら
もっとよかった。(^^;)

2010年度ブックレビュー#043

このページのトップヘ

見出し画像
×