Ordinary

日常生活の些細なことに幸せの種を見つけて楽しんでいる平凡なオヤジの視点

ラジオ

英語5分間トレーニング5

息子は中学時代はリスニング対策に、NHKのラジオ「基礎英語」シリーズをずっと聴いてきた。そのシリーズは中学文法の習得順に番組が構成され、難易度も段階を追って上がっていき、申し分のない番組だった。

高校入学ともに、次のレベルである「ラジオ英会話」に進んだ。
私自身も高校1年時からずっと聴いていた、これまた定評のある番組。
ところだ1ヶ月聞いたところで息子が「難しすぎる」と言い出した。
私も試しに聞いてみたが、スピードも内容も基礎英語とはちょっと落差が激しいように感じた。

私自身が聴いていた頃より、絶対に難易度上がっている。
ある程度は、難しめの英文を聞くことも必要だが、
余りに難易度が高すぎてもモチベーションが下がる。

当時はこれ以外に高校生が聴ける番組はなかったのだが、
調べてみると今は色々新しい番組が誕生していた。
そこで目をつけたのがこれ

週の前半は音読中心。
後半を質問形式のリスニング問題。
語彙のまとめ等もテキストに載っており、充実度120%。
5分間だけにちょっとしたスキマ時間に勉強でき、
その点も○。
単語レベルも高校1年にはほどよい難易度。

この講座で1-2年勉強した後、
「ラジオ英会話」に進む作戦に変更。

ネットで放送が無料で聞けるので、テキスト代380円だけで
これほどの内容を勉強できる!!
なんて素晴らしい時代だろう\(^o^)/

80点コロッケ5

車いすのパティシエ」「母ちゃんダンプ」に続く、
『上柳昌彦のラジオ』シリーズの第3弾。

前2作同様、ラジオで放送された「8時のGOOD STORY
の中から、特に評判のよかった20話を集める。
1話6ページでコンパクトに完結してくれているので
ちょっとした気分転換に読めて、ちょうどよい。(^o^)

今回は、いくつか知っている話も出てきて
一層身近に感じられた。
本の題名にもなっている「80点コロッケ」の話は
地元のテレビでも時々取り上げられてる、有名なおじいちゃん。
「儲ける」ことより「喜んでもらえる」ことに軸足を
おいている生き方は一つの理想像。

また「終身刑の制定を訴えて」に登場するストッキ・アルベルトさんは
2005年12月に放送された江原さんの「天国からの手紙」に
登場する、放火で奥さんと娘さんを亡くされた被害者の方。
「天国からの手紙」ではそんな活動をしていることは
全く触れられていなかったが、
「終身刑」求めバイクで全国行脚をしているらしい。

家族を理不尽な形で失った者の生き方として、
これもまた理解できる。
ただ、ちょっと切ない。

8時のGOOD STORY」は
平日毎日更新されるので、これを読むのが完全に日課になっている。
素晴らしい番組なので、是非とも一度生の声を聴いてみたいもの。
Podcastで聴けるようにしてくれないかな!?




2009年度ブックレビュー#7

車いすのパティシエ5



先日エントリーした「希望をうちたてる力
で紹介した「8時のGOOD STORY」の話を集めた本。
放送されたものの中でも特に評判のよかった話を23話集めている。

WEBサイトでも更新されているが、こういういい話は
やはり紙媒体でゆっくり何度も読み返したい。(^o^)

まず私が一通り全部読んだが、余りに感動的な話が多く、
私一人だけで終わりにするのはもったいないので、
毎晩寝る前に一話ずつ3人で交代で読むことにした。
1話7ページほどなので10分もあれば読める。
家族皆もお気に入り。
1ヶ月近くこれで楽しめる。(^^)V

温かい気持ちになれて
就寝前の睡眠本として最適。

尚、このシリーズとても気に入ったので、
第2弾の「母ちゃんダンプ」もマケプレで購入し、
それが今日届いた。

さらっと眺めてみたら、今回はフリガナがたくさん振られていて
一層読みやすく進化している。
番組の底流に流れている人への「優しさ」の一端を感じることが
出来てますます気に入った。(*^_^*)。
プロフィール

本宮とが



最新コメント
月別
カテゴリー別
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

twitter
「最新トラックバック」は提供を終了しました。