Ordinary

日常生活の些細なことに幸せの種を見つけて楽しんでいる平凡なオヤジの視点

勝間和代

効率が10倍アップする新・知的生産術5

「知的生産」に関する書籍と言ったら、
今から30年ほど前、私が大学生の頃、有名だったのは
「知的生産の技術」
「考える技術・書く技術」
「知的生活の方法」
あたり。

私自身大変お世話になった本ばかりで、
今読んでも「心構え」の部分では啓発される部分が多く、
良書だと思うが、いかんせん古さは否めない。
「京大型カード」も悪くはないが、
PCの登場しない「知的生産の技術」は21世紀では
片手落ちと言わざるをえない。

そこで、これ。


初めて勝間さんの本を読んでみた。
驚いたことに、TVのインタビューで見る、
彼女の話と同じリズムで語られている。
怒濤のマシンガントーク。(笑)

280ページほどの本だが、中味は極めて濃い。
彼女は情報を出し惜しみするタイプでないので、
コストパフォーマンスはすこぶる高い本と言ってよい。
大学入学と同時に本書を参考に知的生産を
始めれば、有意義な大学生活を送れるにちがいない。

「情報こそ現在の通貨である」という前提のもとに
いかにして良質な情報を獲得し、それを加工し、
富に変えるか、その合理的な方法を本書全体を
通して語っている。

そのためには「GoogleとIt機器を120%つかいこなし(P.39)」
「情報洪水から1%の本質を見極める6つの技術(P.64)」を駆使し、
「インプット力を高める6つの技術(P.106)」を身につけ
「アウトプット力を高める6つの技術(P.178)」を使いこなせ、
と説く。
一方で「知的生産を支える5つの生活習慣(P.220)」の改善し、
「5つの人脈作りの技術(P.248)」を使って情報をGiveし続ける。
そのためには
「今日から5つの新しい行動を今すぐ始めよう(P.272)」
と励ます。

返す刀で、「知的生産の邪魔になる6つの危険因子(P.222)」を
避けるよう忠告する。
すなわち、「喫煙」「過度の飲酒」「過度のテレビ視聴」
「過度のゲーム」「過度の人づきあい」「不安・心配事・疲労」。

語られていることは至極ごもっとも。
私も同意できることばかり。

ただ、これほど論理的・合理的に畳みかけられると
天邪鬼の私はちょっと鼻白んでしまいたくなるのも確か。
香山リカ氏が最新刊「「しがみつかない生き方」で「勝間和代をめざすな」」と書いている気持ちがわからないではない。(笑)

もっとも、著者もすべてを真似しろと言ってはいない。
「1つでも2つでも、今この本を閉じた瞬間に、何か新しい行動
をおこして」(P.285)と言っているに過ぎない。

自分が最も得意な方法で知的生産を行い、
その成果を自分が最も得意とするコミュニケーションスタイルで、
相手に情報のGive5乗をすることによって粛々と人脈を気づいていく。
要は「自分自身」の魅力を増すことが、究極の人脈の技術
と、まとめている。

いたく至言。

本書をバイブルに、勝間さんを目指す「カツマー」になるもよし。
こんな慌ただしい生活はイヤだ、と思えば、反面教師にすればよい。
要は「自分らしく」「楽しく」生きること。
これに尽きる。(^o^)

2009年度ブックレビュー#66

Book Lovers5

毎週楽しみにしているPodcastのひとつである、「Book Lovers」。
勝間和代さんが、毎週ひとりゲストを迎えそのゲストに関係する、
または推薦する本を、月〜金まで一日1冊ずつ紹介する番組。

本を紹介するPodcastは「新刊JP」や「日高晤郎 私の本棚
などいくつか聴いているが、この番組の特徴は何と言っても
勝間さんの分析力の鋭さと口数の多さ。(^^ゞ

ゲストが「1」話すと、その5倍くらい話して、
ゲストの言葉を敷衍し、さまざまな方向から
読者の理解を助ける。
ゲストが「ギョッ」としている雰囲気が伝わってきて
おもしろい。

シャイなひすいこたろうさんがゲストの回
特に笑えた。
緊張しまくるこたろうさんがボソボゾと一言しゃべると、
それを5倍位にふくらませて解説する勝間さん。
こたろうさんが
「まとめるのが無茶苦茶うまいですね〜」と
思わずつぶやいた。
iPodで聞きながら噴き出した。

実は私は勝間さんの本は1冊も読んでいない。
でも大好き。(笑)
PodcastやTVでの発言から、
彼女のポジティブでPureな心根が見えるから。
彼女は本当に素直で、裏表がない。
わからないものはわからない、とはっきり言う、
知的正直さを持っており、そういう人は信頼できる。

先週のこの番組にマイブームの小山薫堂さんがゲスト
として登場した。
薫堂さんの本はほとんど読んでいるので、
「勝手にテコ入れ」と言った彼のテクニカルターム
は知っていたが、勝間さんとのやりとりの中で
彼の思考方法の秘密を一層知ることができて
大変楽しい回だった。

薫堂さんはこの番組では紳士の側面が前面に出ていたが、
実はこの人、こんなこともする。
そのギャップが面白い。
薫堂さんもポジティブ。
お二人とも影より光に目を向けようとする視点が
同じなので話もよくかみ合って、私にとっては
いつも以上に中身の濃い、Book Loversでした。(^^)V
プロフィール

本宮とが



最新コメント
月別
カテゴリー別
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

twitter