Ordinary

日常生活の些細なことに幸せの種を見つけて楽しんでいる平凡なオヤジの視点

安楽椅子探偵

安楽椅子探偵、再び5



我が家における最近の最大ブーム「安楽椅子探偵」シリーズ。
その第2作目。
我が家は先にVol.3を観てしまったので
3作目となる。

3作目ともなると、すっかり注目すべきポイントは
完全に押さえた、嫁と息子。
私は二人の話を聞いて
( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・
パチッ☆-(^ー'*)bナルホドね、
と頷いているだけ。(^^;)

先に見たvol.3は95%正解してポイントを1点
外したところはあったが、今回はポイントとなる
3点はすべてクリアにして、犯人までたどり着く。

今回は犯人を当てるのはそれほど難しくないが、
その根拠を3点すべて網羅するのがなかなか
難しかったようだ。

とくにトランプのダイイングメッセージの
謎は息子がズバリ当てる。
嫁は息子がお腹にいるときの激しいツワリの
苦しみを数学の問題を解いて忘れるほどの
パズル好き。
その胎教(!?)の甲斐あってか、
息子は私よりはるかに数学的な思考センスがある。

すっかり我が家の週末の最大娯楽となった感のある、
この「安楽椅子探偵」シリーズ。
これまでの3作とも質は全く落ちることなく、
ロジックを積み上げていけば必ず答えに取どり着く、
という正統派ミステリーの王道を貫いている。

次のvol.4も非常に楽しみ!!(^-^)

安楽椅子探偵の聖夜5



ご存知、「安楽椅子探偵」シリーズ第3弾。
初回分はこちらに

我が家では時期はずれのブームとなっている、
このシリーズ。(^-^)
1作目を見たので、本来なら2作目を見るところだが、
2作目は全部見ていると3時間もかかるので、
Vol.3を先に鑑賞。
問題編だけなら60分で見られる。

本シリーズは1話完結なので、
特に1話から順に見る必然性はない。
Vol.2は週末の楽しみにとっておく。

さて、Vol.3。
これまで関西ローカルだけの放送だったのが、
初めて全国放送となった。
2000年TV放送。2001年DVD発売。

全国放送になったせいか、
vol.1ではほとんど有名な役者は出ていなかったが
今回は私でも知っている役者が多数登場。
さとう珠緒、 河相我聞、 青田典子他。

ただ、キャスティングはドラマの面白さに
特別役立っていない気がする。(^^;)
謎解きに夢中なので、演技が特別下手でない限り
誰でも良い。そういう性質のドラマ。(笑)

vol.1で注目すべきポイントを学習したので、
今回は絶対犯人を見つけてみせる!
と、気合が入っている嫁。
綾辻の小説と同じで100%論理的に考えていけば
必ず答えはわかる、と。

1回目家族皆で見たときはチンプンカンプンだったが、
私が仕事に行っている間に、繰り返し鑑賞した嫁。
私が帰宅するまでに犯人とそのトリックをすべて解読。

その夜、解説編を皆で見たが、嫁の読みで95%正解。
お見事!!(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ

動機は詮索せず、純粋に映像に見えているものから
推理して論理的に推理していくのがコツ。
いわば、「見る数学」と言っていいかもしれない。
その手の思考が好きな方にはこのシリーズは最高に
楽しめること請け合い。
今年中に全シリーズ揃えてしまいそうな勢い。(;´▽`A``

2日連続5

普段なら日曜日は朝からブックオフをハシゴするのだが、
今日はちょっと本業の仕事が溜まっている。

年明け直ぐに実施される学年末のテストを作成しなくてはいけない。
WordとExcelのグラフを絡めて3パターン。
昔はクラスが多くて異なった日に実施すると
カンニングの恐れもあり、
それを防止する目的で3パターン作成していた。
が、今は4クラスしかないので、考えてみたら
こんなに不要な気もするが
これまでの慣用で3通り作成しなくてはならない。(^^;)

さらに来年度から情報処理の授業を能力別に実施することになり、
そのクラス編成用のマークシートテストを作成して欲しい、
との依頼も頂いた。

珍しく頭をフル稼働している状態。(笑)

朝からずっと問題作成に追われていたら少々疲労感
も出てきたので、午後から気分転換に昨日も行った、
ホームのBOに仕入れ。

そうしたら何とまたお宝発見。\(^o^)/
安楽椅子探偵


今、我が家の一大ブームを巻き起こしている、
「安楽椅子探偵」のDVD#2-4を見つけた。
いつもはTVドラマのコーナーで探していたが
今日何気なく映画のコーナーに行ったらあっさり
見つけた。すべてマケプレより1000円以上安い。
昨日あったかな〜!?
なかったと思うんだけど・・・

「安楽椅子探偵」は趣味的にもせどり的にも超お宝。
2日連続のお宝発見で我が家は飲めや歌えの大騒ぎです。
w(( ̄ ̄0 ̄ ̄))wワオッ!!
ツイ☆てる〜〜(^_-)-☆

安楽椅子探偵5



人気ミステリー作家、綾辻行人氏と有栖川有栖氏二人が
懸賞金付きで視聴者に挑戦した本格ミステリードラマ。
今から10年以上前に関西地区でTV放送されたもの。
TVでは2週にわたり、放映したものをDVD化。
出題編90分+解決編68分+ボーナス映像27分からなる。

推理ドラマと言っても並のドラマではない。(^^;)
「綾辻行人」と「有栖川有栖」のお二人の名前を
冠した番組だけあって十重二十重に陥穽が準備されている。
お二人の推理作家としてのプライドを賭けて。

家族3人で目を皿のようにしてTVに没入し、
アレコレ推理し合ったが、ついに誰も犯人わからず。
(∩_∩;)P 白旗〜!

解説編を見る。
これを見れば、ヒントが本編の至る所に散りばめられており、
決して無茶なコジツケないことがわかる。
大ドンデン返しではあるものの、論理的に突き詰めて
考えていけば確実に正解にたどり着ける。

ミステリー大好きで、綾辻作品はほとんど全部読破している嫁は
正答に至らず地団駄踏んで悔しがる。(笑)

ミステリーを相当読み慣れている嫁はもちろん、
文字のミステリが苦手な私でも全く飽きない。

古畑任三郎のように、有名な俳優は一切登場しないが、
完全に謎解きだけで十分楽しめる、これまでにないタイプのドラマ。
TV放映は1999年、DVDは2001年発売。
評判がよかったのか、続編が次々と制作され、
現在第7作まで放映されている。

「#2が見たい!!」家族皆の意見が一致したので、
このDVDは買い揃えていくことになるでしょう。(笑)
休日の1日を家族皆で鑑賞して、犯人当てを楽しむ。
インドア派の我が家にとって、最適なエンターテイメントでした。(^-^)
プロフィール

本宮とが



最新コメント
月別
カテゴリー別
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

twitter