タグ

タグ:日本史

5

カテゴリ:
日本人のための日本史を語り尽くす、
全8冊シリーズの第3回配本。
今回は明治篇。


学生時代、「日露戦争」関連で暗記した用語は
「1904年」「ポーツマス条約」「小村寿太郎」くらいだが、
歴史的意味について考えたことはなかった。

しかし、この日露戦争こそ20世紀における最大事件である
と、昇一先生は断言する。
それは有色人種が世界史上初めて白人に勝った戦争だったから。

それまで白人が世界中を植民地化し、
それが世界的にも当然のこととされていたが、
日本人が大国ロシアに勝利したことにより
その流れを止めた。

「有色人種が白人に勝てる!」ことを
目のあたりにし、有色人種は無限の希望を得た。
実際、日露戦争以後、白人の植民地は一つも増えていない。

立派な指揮官、勇敢な兵士、最新兵器、有能な政治家
これらが見事に融合しあい、大国ロシアに勝利した、
その舞台裏を縦横無尽に語り尽くす。

教科書には絶対出てこない歴史的事実が
今回もテンコ盛り。
歴史の授業でこんな話をしてくれたら、
授業は絶対もっとおもしろくなるし、
日本に誇りを持てるのに。

しかし、学校で教えてくれないのなら、
自ら学ぶ気概がもつだけのこと。
勉強するのに遅すぎることはない。

次回は「江戸時代」。7月配本。(^-^)

2010年度ブックレビュー#046
5

カテゴリ:
日本人のための日本史を縦横無尽に
語り尽くす全8冊シリーズの第2回配本。

第1回配本はこちら

今回は昭和編。
「第二次世界大戦」前夜の世界風景と日本の国内情勢。
今回も前回同様、教科書や学校では決して触れない、
数々の真実を歴史的文献を豊富に引用しつつ
昇一先生自らの体験を絡めて明快に語られている。
300ページ近い本だが、読み始めれば面白くてどうにも止まらない。一瀉千里。

良識ある日本人が知っておくべき必須の知識が詰まっている。
第二次世界大戦開戦の遠因と近因。
「真珠湾攻撃」を「奇襲」としてしまった外交官の国賊的大失策。
南京大虐殺などありえない理由。
闇に葬られた「通州事件」等。
枚挙に暇がない。

史実に基づいた正しい歴史知識こそ、
気概ある日本人の第一歩。
どんなに流暢な外国語を話そうが、
自国の歴史知識も矜持を持たぬ者は国際人の名に値しまい。
今の歴史教科書はマジメに学んだ優等生ほど
自虐史観に凝り固まった劣等感丸出しの日本人が出来上がってしまう。
息子には、教科書は入試のためと割り切らせ、
昇一先生のこのシリーズで歴史知識は学ばせている。(^-^)

次回は5月配本。「明治篇」。
日露戦争の意義を世界史的視点で雄弁に語ってくれるに違いない。\(o⌒∇⌒o)/

2010年度ブックレビュー#035

このページのトップヘ

見出し画像
×