Ordinary

日常生活の些細なことに幸せの種を見つけて楽しんでいる平凡なオヤジの視点

昇幹夫

「過労死」が頭をよぎったら読む本5

私自身は決して「過労死」が頭をよぎるほど
多忙な生活を送っているわけではない。(笑)
むしろ晴耕雨読の悠々自適に近い。
ただ最近、知り合いが「鬱病」になったため、
ちょっと読んでみる気になった。



章別タイトルは以下の通り。
1 過労死するタイプとは?がんになりやすい職業とは?
2 もし「自殺」の二文字が頭に浮かんだら…
3 七人に一人がかかるうつ病は「心のかぜ」です
4 うつ病とは何か?自殺につながる前兆とは?
5 ものの見方が狭くなるから悲劇が起きるのです
6 脳の構造が証明する男の限界と女の優位さ
7 食・運動・思考…今日から人生の軌道修正

なかなか衝撃的なタイトルが続く。(^^;)

医学的な見地から、鬱病になりやすいタイプや
ガンになりやすいタイプ等のチェックリストが
挙げられているので、心配な方はやってみるといい。

純粋に学問的な話ばかりでなく、
「日本笑い学会」副会長の肩書きをもつ著者だけあって
笑いのネタがアチコチに散りばめられている。
大笑いしながら、医学的知識も学べる、
一粒で二度美味しい本。(^-^)

年間の交通事故死者数(約5000人)のおよそ6倍の
自殺者数(約30000人)を抱える日本。
物質的にこんな満ち足りた国でこの数字は何かが狂っている。
これまでの尺度とは根本的に異なる、
心のフレームワークの再構築が必要だろう。
本書はその大いなる助けとなるに違いない。

尚、本書は2000年、すなわち、
今から10年前にすでに出版されている。
今読んでも全く古さを感じないどころか、
時節にピタリ適った提言がなされている。
事態が全く改善されていないことを嘆くべきか、
著者の慧眼を懼れるべきか!?
多分、両方だろう。

ストレス過多の現代人必読の書と言ってよい。

2010年度ブックレビュー#070

泣いて生まれて笑って死のう5


泣いて生まれて笑って死のう
  • 昇幹夫
  • 春陽堂書店
  • 1575円
Amazonで購入


著者は麻酔科、産婦人科の専門医でありながら、
「日本笑い学会」副会長として 笑いの医学的効用を研究
されている風変わりな経歴の方。自称「健康法師」。

まず驚いたことは、正観さんの本で読んだ話が
次々出てきたこと。
なんば花月で新喜劇を見た後で患者さんの
NK細胞の活性化した実験の話。
離婚率が一番少ないのは遠洋漁業の漁師さんという話。
ガンになり易い職業。
臨死体験された方が神さまから
「楽しい人生であったか?」と質問される話など。
共通点が非常に多い。
また駄洒落やことば遊びがスキな点もよく似ている。(;´▽`A``

正観さんの名前は全く出ていないが、
正観さんと何らかの接点があるのではないか!?
正観さんはその膨大な読書量から、
歴史の話や医学の話も幅広く語られているが、
その医学系のブレーンのひとりがこの昇先生だと
勝手に推量している。

そう感じつつ、付録のCDを聴いてみた。
そうしたら「友人の小林正観さんが・・・」
のコメントあり。
やっぱりなぁ!!\(o⌒∇⌒o)/

文系の歴史の逸話などはないものの
その分、専門の医学系の逸話は多数。
食事の重要性を物語る話や抗うつ剤の恐ろしさを
伝える逸話など興味深い実話が次々飛び出してきて
飽きることなく読み進めることができた。

章別構成は以下のとおり。
第1章 人生のはじめ
第2章 共育と食育
第3章 なんのために生まれたの?
第4章 病いはもとからたたなきゃ
第5章 病いと向き合う
第6章 笑いの効用
第7章 人生の養生
第8章 人生のエンディング

た「だ」しさよりた「の」しさを重視した
生き方を推奨する。
「自分が何とかしなければ」を止め、
「誰かが何とかするだろう」と考え直すことで
癌になることを防ぐ。
クソマジメに生きて病気になっていたら
バカらしい。
程々にマジメに、程々に遊ぶ。
非マジメのススメ。

正観さんの視点を医学的見地からより深く
探求した著作。
正観さんの視点を持たない方には
目からウロコの衝撃的事実の連続だろう。

著者のホームページもまた愉快。(^-^)

2010年度ブックレビュー#057
プロフィール

本宮とが



最新コメント
月別
カテゴリー別
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

twitter