Ordinary

日常生活の些細なことに幸せの種を見つけて楽しんでいる平凡なオヤジの視点

海堂尊

医学のたまご5

メディカルエンターテイメント作家、
海堂尊氏の作品。
ジーン・ワルツ』に続いて、
この夏2冊目の海堂作品。
 医学のたまご(ミステリーYA!)
海堂 尊
理論社 ( 2008-01-17 )
ISBN: 9784652086209
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

主人公は14歳・中学生の薫。
潜在能力試験で全国一位を取ってしまったことから
東城大学医学部で研究するハメになる。
日本一といっても、実はその能力試験問題を作成したのが
世界的なゲーム理論学者である彼の父で、
事前に問題を知っていたからこその一位。
決して本当の実力ではない。(;´▽`A``

現実と虚像とのギャップが大きすぎるとき、
しばしばそこに喜劇と悲劇が生じる。
本作では俗物の塊である藤田教授が絡むことにより、
事態はより複雑に悲劇的に傾斜していく。

スポットライトを浴びるときには前面に出たがり、
問題が生じたときに裏に隠れて周りに責任転嫁して
恥ずかしげもなく生きている俗物がいる。
どの集団にもいる藤田教授のような人間。
私のような狭い社会でしか生きていない人間でさえ
以前勤めていた会社で同類の人間を上司にもったことがある。

激しい雨の中、合羽着て自転車で一時間走ってきた後、
汗と雨で体がびしょ濡れになって服が体にまとわりつき
なかなか着替えることができない時のような不快感。
そんな人間と会わずに済むだけでも自営業は
ツクヅクありがたいと思う。。。
が、これは余談。

本作では、最終章で薫の父の華麗な波状攻撃によって
悪代官藤田教授は完膚なきまでに叩かれ、
我々は溜飲を下げることができる。(^_-)v

ここでは勧善懲悪が貫かれたが、
大学、しかも医学部という象牙の塔では、
いまだ同種の不条理は多いと聞いている。

海堂氏の作品には必ず医療行政・医療問題に対する
何らかの問題提起がなされているが、
今回は大学医学部内の固定化したヒエラルキーに
スポットが当てられている。

先日読んだ、「生物と無生物のあいだ」にも
類似の記述があったので、
おそらくどこの大学でも同じような現実が見られるのだろう。

また各章の最初に短い警句が掲げられている。
それがなかなか鋭い。たとえば、
悪意と無能は区別がつかないし、つける必要もない。(P159)
全部で12こ。
これを読むだけでも面白い。

本作品はもともと中高校生用に向けて書かれただけあって、
舞台も中学と大学内のみで非常に読みやすい。
しかし、中味はなかなかドロドロしており、
大人でも十分楽しめる(!?)。
第一級のメディカルエンターテインメントに仕上がっている。

中高生の読書感想文用の本にどうでしょう!?
ちょっと遅いかな。(^^;)

2010年度ブックレビュー#069

ジーン・ワルツ5

メディカルエンターテイメント作家、海堂尊氏の作品。
私にとっては『チームバチスタの栄光』
『ジェネラル・ルージュの凱旋』に続く3冊目。


ジーン・ワルツ
  • 海堂尊
  • 新潮社
  • 1575円
Amazonで購入


現役の医師として、「不妊治療」を中心に
現実に直面する医療問題を取り上げ、
そこに娯楽性を盛りこんで、
一般人にもわかりやすく問題意識を喚起する。

ただ、ミステリーとは言え、先の2冊とは趣が大きく異なる。
ひとことで言うと、「殺人」の犯人探しでなく、
「誕生」に絡むミステリー。

ミステリーの苦手な私でも読み始めたら止まらない。
保険の利かない体外受精の手技代は一回30万円前後。
受精率を上げるためにオプション追加すれば、たちまち費用は50万円に跳ね上がる。
着床しなければ、それらはすべて無に帰す。
つまり人工授精とは、リッチでなければ選択しえない治療なのだ。(P73)

不妊治療は費用がかかることは聞いていたが
まさかこんなに高いとは!?
こんなプチ知識が散りばめられているので
全く飽きずに読み進められる。

大学医学部内の権謀術数、
厚労省の的はずれな制度改革により崩壊する地域医療等、
読みどころ満載。
さらに健康な子どもが生まれることが
奇跡的な僥倖であることも思い出させてくれる。
ところどころ強い主張が全面に出すぎて、
反対意見の側からは気色ばむところもあるかもしれないが、
問題点をあぶり出してくれていることは確か。

ミステリーを交えた、医療ドキュメンタリの色濃厚。
最終章でのタネあかしも鮮やか。
思わず膝を打つ。

複雑な人間関係を絡ませた上での殺人事件の謎解きには
私は全く興味はないが、この手の未知なる分野の知識を
娯楽色豊かに提示してくれる小説は大歓迎。

海堂尊氏には今後も楽しませてもらえそうだ。(^-^)

2010年度ブックレビュー#058
プロフィール

本宮とが



最新コメント
月別
カテゴリー別
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

twitter