タグ

タグ:病気

カテゴリ:
ちょうど昨年の今頃、私が帯状疱疹を患った。
あの頃はまだブログ休止中だったので
その頃のことはエントリーしていないので
写真もないが、ググってもらえばいくらでも
症例は出てくる。

要は、50代以上のシルバー世代によくみられる病で、
なぜか体の右半分(または左半分)にだけ、
痛みを伴う湿疹が出る。

私は新学期が始まってちょうど一か月ほど経過して
疲れがピークに達していたころだった。
1〜4時限目まであり、そのあと家庭教師で
TOEIC対策の授業をしていた月曜日。
よく覚えている。

昼間から妙に左胸から背中にかけて痒かった。
痛みより痒み。
帰宅して風呂に入ろうとシャツを脱いだら、
体半分に真っ赤な湿疹が広がっていた。
私よりそれを見た嫁が卒倒しかけた。(笑)
すぐにググったら、どうやら「帯状疱疹」というものらしい
と、その時初めて知った。
翌日、皮膚科に行ったら、先生も「かなりひどい帯状疱疹ですね。
何か強い疲労かストレスありました?」と訊かれた。

ストレスはないが、疲労は自覚はないものの
あったのだろう。
昔から4〜7月は大学で忙しかったから、慣れているつもりだったが
気持ちはともかく体の方はかなり疲れていたようだ。

で、今年。
帯状疱疹は一度かかれば、二度はかからないものらしい。
だから今年の方が、昨年よりはるかに多忙でストレス感じるのだが
私はならない。
その代わりに嫁が患った。(;^_^A

ただ、腕だけに出て、症状は私よりはるかに軽症。
昨日、同じ病院へ行って診察してもらった。
「昨年は主人がお世話になりました」と嫁が伝えると、
先生苦笑いだったそうな。
二年連続で夫婦で帯状疱疹って、どんな苦労している
夫婦と思っただろうな。(笑)


カテゴリ:
昨日の夕方から原因不明の下痢に悩まされている。
特別変わった生モノを食べた記憶もないし、
冷たいものを食べてお腹を冷やした覚えもない。
お腹を下すことはよくあるが、そんな時は正露丸を
飲んでおけば翌日には治る。

ところが今回は全く効かず。
汚い話だが、便が全く液体状態。
昨晩は夜中にも一度トイレに駆け込んだ。
私が夜中に起きるなんて非常に珍しい。

こんな下痢は久しぶり。
しかし、これといって体がだるいとか、病気の症状はない。
ただひたすらお腹が下っている。

いつ発作が起きるかわからないので、
遠征せどりには怖くて出かけられない。
ホームの1店舗にだけ行ってきた。

タイミングの悪いことに、嫁はひどい腰痛。
コルセットをして日常生活を何とかこなしている。
夫婦揃ってガタガタで、予定のFBA発送もままならない。

なかなか1ヶ月間健康を維持して、コンスタントに
発送を続けるのは意外に難しいことだと感じる。

遠出ができないので、家でできる確定申告の帳簿の整理を始める。

災難に遭いそうになったら、遭う。
病気になりそうになったら、なる。
死にそうになったら、死ぬ。
それが災難よけの最良の方法。

              良寛和尚の言葉

下痢の時には下痢でよい。
下痢の時でもできることをして楽しむだけ。(^_^)
5

カテゴリ:
今週は久しぶりに肉体的にハードな一週間だった。
我が家の基本スタンスは薬は極力飲まず、
自然治癒力で治すこと。
そのための不可欠な要素は3つ。
一つ、暖かい布団
二つ、十分な睡眠
そして三つ、大笑い。(^o^)

この一週間は毎晩、9時前には布団に入り、
昔のお笑いDVDを見まくった。
家族皆の趣味の一致点を見たのはこれ。



何も考えずにただ笑うには昔ならドリフのコント。
今ならこの「ガキ使」シリーズだろう。

何度見てもただ笑える。
何も考えずにただ笑える。
今回もこれのおかげで一週間でほぼ皆復活できた。
我が家にとって「ガキ使」は最高の薬。(^^)V

このページのトップヘ

見出し画像
×