Ordinary

日常生活の些細なことに幸せの種を見つけて楽しんでいる平凡なオヤジの視点

英語

世界一わかりやすい英文法の授業5

私が受験生だった30年以上も昔、英語の参考書といえば
試験にでる英単語」で語彙をおさえ、
英語の構文150」で基本構文をつかみ、
英文法頻出問題演習」で文法を整理し
英文解釈教室」で解釈法をマスターすれば
偏差値70は取れた。
30年前はそれで完璧だった。

しかし、その後も受験英語の進化は進み、
単語集では「システム英単語 Ver.2」、英文法では「英文法講義の実況中継」と私たちの受験生の時にはなかった新しい視点の英語参考書の名著が次々に発刊されてきた。

そして今新たに英語参考書史上、必ずや名を残すであろう名著が登場した。


第1章の「現在形」からいきなり衝撃的説明。
現在形とは「現在/過去/未来形」と考える


What do you do?
あなたは何をしますか
ではわかりにくい。
過去も現在も未来も何をしますか
→職業なんですか
となる。

なるほど!!
何とわかり易い説明だろう!
現在形を見たらいつも「現在/過去/未来形」だと考えれば
すべて納得がいく。

こんな調子で英文法の主要な単元をすべて
斬新な視点から解きほぐしていく。
私も英語教師時代、「丸暗記」でなく、
「理解」し「納得」できる英文法を構築しよう
という視点で教えてきたつもりだったが、
この関先生のようなレベルまでは到底及んでいなかった。

使われている英文も決して難しい例文ではないので
高校一年生レベルでも十分理解できる。
なにより、英語を「理解する」ことが、どれだけ面白く、
知的興奮に満ちた作業であることが納得出来るだろう。

こんな知的世界を開拓してくださった、
関先生には心から拍手を送り、感謝したい。

英語が苦手な高校生(中学生にはちょっと無理)諸君には
本書は絶対の自信をもって推薦したい。
英語を見る目が100%変わることを保証する。
「世界一わかりやすい」の名は決して誇張でない!!

尚、関先生の授業をDVDで見ることができる。
世界一わかりやすい英文法の授業」。
わずか90分なので、むろん本のすべては含まれていない。
1.はじめに
2.時制
3.助動詞
4.熟語
5.助動詞
6.可算名詞
7.まとめ
の全7章構成。
TSUTAYAでレンタルできる方は見る価値充分にあり。

2011年度ブックレビュー#009

後置修飾5

久しぶりに英語の話。

英語を理解するうえで最も大きな障害は
中学レベルでは「後置修飾」、
高校レベルでは「ネクサス」、
というのが私の持論。

「ネクサス」とは、表面上の主語と述語動詞とは別に
陰に隠れた形で存在する主語と述語動詞の関係のこと。
たとえば第五文型である、
This letter made me happy.
meとhappyの間に「I was happy」という主述の関係が
隠れている。
この点が「理解」できないと決して英語が「わかる」
という次元までいかない。ストンと腑に落ちない。
そのために、「ネクサス」は必須事項。
使役動詞や感覚動詞、その他にこの関係が隠れているが
これは高校英語のレベルなどで今は触れない。
息子が高校になった時にまたまとめる機会があるだろう。(^-^)

今日は「後置修飾」をまとめてみる。

日本語では、名詞を修飾する場合必ず、
形容詞+名詞の語順になるが、
英語では、修飾する語が1語だけのときは、日本語と同じだが
2語以上になると
名詞+形容詞となる。
このように、日本語と異なり、名詞を後ろから修飾することを
後置修飾という。
パターンは6通り

1.前置詞(中1)
a book on the table(机の上の本)

2.to不定詞(中2)
the book to read today(今日読むべき本)

3.現在分詞(中3)
a boy running in the park(公園を走っている少年)

4.過去分詞(中3)
a library built last year(昨年建てられた図書館)

5.接触節(中3)
the boy I met yesterday(私が昨日会った少年)

6.関係代名詞(中3)
a boy who can swim well(上手に泳げる少年)

昔は「関係代名詞の目的格の省略」として教わった内容が
15年ほど前から「5.接触節」として独立した。
しかもそれが関係代名詞より先に出てくる。

さらに最も厄介な3-6が中3の2学期後半から3学期にかけて
2unit連続して登場する。この時期にこれだけの濃い内容が
一気に出てくるのは教える方も教えられる方も相当キツイ。(;´▽`A``
夏休みの予習が不可欠だろう。

楽天と英語

楽天さんには楽天カードをはじめ、ポイントを大量に頂き
大変お世話になっている。(^-^)
その楽天に関して、興味深い情報を読んだ。
「社内の公用語を英語にした」そうな。(⌒▽⌒;)

欧州のネット通販市場に参入する布石らしいが、
全会社的に英語使用を義務化するとは三木谷さんも
随分大胆なことをするものだ。

しかし、メルマガによればすでにいくつかの問題が生じているようだ。
>1)仕事ができないのに英語だけできる人間が
> 水を得た魚のようになって社内を闊歩している。
>2)英語はできないけど能力のある人間が辞めている。
>3)英語の資料を作る仕事だけが増え、仕事量が増えた。
>4)当然の帰結として、上層部に悪い話はいっそう届かなくなった。

以前の会社で英語だけできる人間と仕事をした経験がある。
「仕事ができないのに英語だけできる人間」がどれだけ
目障りで不愉快か身をもって体験している。
そんな人間が増えてくれば、
「英語はできないけど能力のある人間が辞めている。」
は、当然の帰結である。
私の場合は、私がスルーしたので、先方が辞めてくれたが。。。(^^;)

楽天がコケたら、Amazon独占になってしまうので、
楽天にはどうしてもガンバってもらいたい。

英語公用語が楽天市場にいかなる影響を及ぼすか
興味深く観察してみたい。

比較/最上級5

息子が休みに入ると、次学期の内容を
前もってひと通り予習しておくのが我が家のルール。
英語は学校の進むペースがなかなか順調で、
3学期に残っている文法事項としてはひとつだけ。
「比較級・最上級」。

この単元は中学英語の中では異質な存在。
それは、形容詞と副詞が主人公になる唯一の
単元だから。

中学文法は圧倒的に動詞絡みが多い。
3単元・進行形・過去形・未来形・
不定詞・動名詞・現在完了・受動態等々。
重要単元はことごとく動詞。
入試問題として狙われるのも当然「動詞」が
圧倒的に多い。

「形容詞・副詞」が主人公になるのは、二つのみ。
「比較・最上級」と「感嘆文」。
しかし、感嘆文が必須事項から外れたため、
今は完全に「比較・最上級」のみ。

その点を踏まえて教えていく。
2つのうち差がないときは、「同等比較」as~as
2つの差がある時は、「比較級」~er + than
3つ以上の中で一番は「最上級」the+~est

thanは日本語の意味は特になく、
数学でいう、「>(不等号)」を意味する。
つまり、前にあるものの方が必ず強い。
(否定語が付くと逆転する)

さらに最上級の範囲は
in・・・単数
of・・・複数
のいずれかが付く場合が多い。

さらに長い形容詞・副詞の場合はmore-mostを付ける。
good(well)-better-bestのように、単語自体が変化する
パターンもあり。

これで比較/最上級の基本は終わり。

あとは教科書を読んで、単語の確認。
難しい単語が沢山出てくる。
中2の2学期あたりから英語はとたんに難しくなる。
油断していると一気にわからなくなる。
注意する必要があるだろう

日本人なら必ず誤訳する英文5

Amazonのベストセラーにずっと名を連ねている、
珍しい英語参考書!?
英語からはすっかり落ちこぼれて久しいが、
こんなに売れている英語の参考書ってどんな
本だろう、そんな興味を抱いて本書を手に取った。

越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 (ディスカヴァー携書)越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文 (ディスカヴァー携書)
著者:越前 敏弥
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2009-02-18
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


読み始めてすぐ非常に懐かしい気分になった。
例題の英文があり、その後に翻訳例。
その後に解説というパターンは30年前に
読み慣れた受験参考書の形式そのまま。
しかもその解説のリズムが、
ある一冊の本の雰囲気に酷似している。

特にP.21からのTo不定詞の解釈法。
初めて読んだ時、その余りの明快さに狂喜乱舞した、
伊藤和夫先生の名著「英文解釈教室」の思考法そのまま。

著者は伊藤和夫先生のお弟子さんか!?
と思いつつ読み進めたら、案の定、
駿台で伊藤和夫先生に習った、とある。

そうか。
道理で。
英文を左から右に読む。
コンマひとつ、前置詞ひとつも疎かにせず
形から英文を解析していこうとするアプローチ法は、
伊藤先生のDNAを確実に引き継いでおり、
それで学んだ私の思考方法にもとてもよくあい、
合点がゆく。

久しぶりの英文解析もパズルを解くようで
絶好の頭の体操になった。
仕事としての翻訳となるとストレス溜まるだろうが、
趣味としての英文解釈は心地よい知的休息。

また本書の魅力は、誤訳の解説だけでなく
章の合間に「コーヒーブレイク」のように
書かれた著者の翻訳指導の体験談。
これが非常に面白い。

たとえば。
5年ほどアメリカ暮らしをしている生徒さんの話。

自分で英語を読んでいてわからないところは全くない、
と自信満々に言う生徒さん。(^_^;)
ところが、いざ訳させてみるとデタラメ。
わかった気になっていただけ。

英語を正しく理解できているかどうかは
結局訳させてみる他ない。
英語を英語のまま理解する、というのは
最終目標としては正しいが、日本語を母語として
育った者としては、正しく訳せないものは
理解できているとは決して言えない。
日本語の運用力と英語の読解力は完璧に比例する、
との指摘(P.188)。
さもありなん。

また、大学受験に真面目に取り組んできた人と
そうでない人とでは追求の度合いが異なる、
という指摘(P.219)も興味深い。
若い頃の知的格闘は「知を啓く」ことに
直結するという私の持論とも一致する。
両手を挙げて賛成。

昨今の会話重視方向への英語教育のシフトも
それはそれで是としながらも、ビジネスで
「限りなく正確に英語を読む」といった、
より高い次元での英語力を考えているのだったら
どこかで会話主体の学習から卒業して、
構文解析のような、地味で地道な勉強を
一定期間徹底してやる必要があると思う、
との指摘もわが意を得たりの感。(^^)V

私の英語学習法が間違っていないことがわかった。
息子の英語指導にも自信をもって臨める。
この確信を持つことができたことが、
本書を読んで得た一番の財産かな。(^_^)

2009年度ブックレビュー#33
プロフィール

本宮とが



最新コメント
月別
カテゴリー別
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

twitter