本が好き!様よりご献本頂いた。
いつもありがとうございます。(^人^)♪


くじけないで
  • 柴田トヨ
  • 飛鳥新社
  • 1000円
Amazonで購入
書評


著者の柴田トヨさんは1911年生まれ。齢99歳。
プロ詩人というわけではなく、
90歳を過ぎてから、一人暮らしの退屈しのぎにと
息子さんから詩作を勧められたのがきっかけ。
産経新聞「朝の詩」に投稿をすると、
選者の目に留まり、今回の出版となったという。
そんなドラマティックな展開が本当に世の中に
あるものなんだ!?

職業詩人ではないので、
妙な技巧やエキセントリックな仕掛けもなく、
とても素直に読める。
情景がそのまま目に浮かんでくる。

特に印象に残っているのは、
息子さんと一緒にご主人を駅に迎えに行き、
家族3人で歩きながら自宅に戻るまでを描いた「思い出2」(P80)
素直な心根と純真な感性が春風のように心地良い。
彼女もこれが一番のお気に入りだそうだ。

100歳近いご高齢で、尚且つこのようなみずみずしい
感性を保ちうるのはプロの詩人でも稀である、
と、選者の弁。
宜なる哉。

普通の生活を送る市井の方でも生き方次第で、
ここまでPureな精神を保ちうるのだ。
精神生活がいかに満たされているかは
巻頭の笑顔の写真が何より物語っている。
心が洗われる。

2010年度ブックレビュー#066