Ordinary

日常生活の些細なことに幸せの種を見つけて楽しんでいる平凡なオヤジの視点

青山繁晴

ぼくらの哲学



やっと家庭教師の仕事もひと山越え、
時間的にも多少ゆとりが出てきたので
大量に「積読」してある本を少しずつ解消していく。(笑)

まずは手始めに我が師、青山さんの新刊本。

青山さんの回の「虎ノ門ニュース」はすべて閲覧済みなので
大体の逸話は聞いたことのなる話。
復習している気分。

彼の話はいつも行動が伴う点が
メディアに登場する大半の評論家・コメンテーター
と大きく異なる。
だから説得力がまるで違う。

まだ青山さんを知らない方はぜひ本書を手にとって
「一緒に考えて」欲しい。
日本人であることの矜持を持てるように。

ペルー事件

青山さんがアンカー内でペルー事件について語ったもの。
必見。
こんな真実全く知らなかった!!



それにしても青山さんは志の高さが今と全く変わらない。
この人は本当にブレない。
心の底から信頼できる。

青山繁晴さん当選!!

青山さんが当選された。\(^o^)/
嬉しい限り。


バックに組織の支持はなくても
ネットだけでこれだけやれることを証明してみせた。
要は人物なのだ。

青山さんなら必ず何かやってくれるに違いない。
これからの6年間がほんとうに楽しみだ!!

青山繁晴と書く

ついに18日間の長いような短い選挙戦が終わった。
もちろん、青山さんのこと。

ほとんど毎日青山さんの街頭演説の動画を見た。
おかげでこの間の「ザ・ボイス」や「虎ノ門ニュース」
は、ほとんど見ていない。
青山さんの演説のほうが面白いし、勉強になる。(^_^;)

最後の演説がこれ。


あ〜〜、当選して欲しい。
心の底からそう思う。

青山繁晴個人演説会

青山さんが参院選に立候補していることを
知らない人が多いそうなので、
今日はこの動画を拡散したい。

昨日、板橋区で開催された個人演説会。
ただ、とても選挙演説会といえず、
ほとんど講演会。(^_^;)







今日の必見動画

今日の必見動画はこれ。


今回はペルー事件の真相を中心に語られている。
青山さんの演説を見ると、他の候補者のそれは
中味がなさすぎて聞いていられない。(笑)
他の候補者とはもう次元が違う。

必見の動画

青山さんが参院選に立候補したため、
毎日聞いていた「ザ・ボイス」も「虎ノ門ニュース」
もすっかり見なくなってしまった。
青山さんが出ていたのはもちろん週一ではあるけれど、
番組そのものが遠く感じてしまい、
魅力が半減してしまった。

青山さんの存在というのはそれだけ
格別なものということだろう。

その代わり、ネットに青山さんの街頭演説が
次々アップされるので、それを見て「青山ロス」を
慰めている。(笑)

これまでこんなに街頭演説の動画をアップされた
ことがあっただろうか!?

その中でも以下の動画は必見。
硫黄島の件はおおよそ話の内容は知っているのだが、
何度聞いても心が揺さぶられる。



街頭演説で無料で聞くにはもったいないような
深い重いお話だ。

この方だけはなんとしても当選してもらいたい!!
しかも圧倒的な投票数で当選してもらいたい。

PS.週刊文春は二度と手に取らないことを決めた。

大好き木曜日

1週間のなかで一番好きな曜日。
なぜなら、午前中は青山さんの「虎ノ門ニュース」
お昼にはNHKの「サラメシ」
そして夕方は青山さんの「ザ・ボイス」。

眼から鱗がボロボロ落ちる情報がたくさん聞ける。\(^o^)/

今日もいきなり小保方さんの話でひっくり返る。
マスコミの話と全然違うじゃん。

真実はマスコミと正反対のところにあることを再認識。

青山ロス

私は新聞テレビ等マスコミ一般は全く信じていない。
私の最も信頼できる情報源は青山繁晴氏である。

その意味で毎週木曜日はパラダイス。
午前中は「虎ノ門ニュース8時入り」
夕方は「ザ・ボイス」。

先週から年末年始の特別シフトで
生放送が1週間休みとなっている。
そこで禁断症状が出ている。(笑)

皮相的なテレビ解説など何の説得力もない。
次回の青山さんの番組は明日の夕方の「ザ・ボイス」。

今日の北朝鮮の「水爆実験」をどう解説してくれるか。
超楽しみだ。

青山繁晴の「逆転」ガイド - その1 ハワイ真珠湾の巻



20代の私の精神的支柱は渡部昇一先生だった。
その後、30代は斎藤一人さん、40代は小林正観さん
と変遷してきた。
そして50代の今、私のメンターは間違いなく、
青山繁晴さんだろう。

死ぬ理由、生きる理由 -英霊の渇く島に問う」「ぼくらの祖国」はもちろん、
ネット配信の「虎8」「ザ・ボイス」も
すべて追いかけている。
その青山さんの最新刊。

青山さんの主催している会員制のクラブで
強行スケジュールでハワイに行かれたことは、
幾つかの番組で語られていたので、知っていた。

その旅行の一部始終を活字にしたものが本書。
カラー写真もたくさん載せられているし、
会員の方に行われた説明がそのまま
語られているので、まるで自分もハワイを
一緒に旅しているような、嬉しい錯覚に陥る。

予期せぬトラブルもあり、臨場感いっぱいだ。

これまでの青山さんの本とはちょっと趣が異なり、
良い意味で裏切られた。

「逆転ガイド」とは内容を反映したうまいタイトルだと思う。

尚、「ガイド」の名はついているが、青山さんのことだから
当然安易な「模範解答」を用意しない。

いつもおっしゃっている通り、
青山さんの提示すものは考える「材料」だけ。
ただ、戦後今まで全く隠されていた「生の、新鮮な」材料。

国民一人ひとりがこの正確な材料から「熟考」しなくては
意味がない。

本書を読んで、「一緒に考えましょう!」
プロフィール


最新コメント
月別
カテゴリー別
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

twitter