Ordinary

日常生活の些細なことに幸せの種を見つけて楽しんでいる平凡なオヤジの視点

飯田史彦

スピリチュァリティ・カウンセリング5

大学を退官し、念願だったスピリチュアルケア研究所を開設された、
飯田史彦先生の最新刊。
スピリチュァリティ・カウンセリング
飯田 史彦
PHP研究所 ( 2009-12-22 )
ISBN: 9784569776958
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

27年間に及ぶカウンセリングでの実体験をもとに
「スピリチュアリティ・カウンセリング」の模様を
紙面で再現している。

前半は同じ状況でありながら、後半からは要因に応じて
異なる結論に流れて行くストーリー形式の展開。
1)つながり錯誤
2)多重人格
3)脳の機能障害
4)残存思念
5)実存思念
5つのパターンが挙げられている。
詳しくは本書をお読みください。(*^^)

僅かな現象の相違によって、その症例を引き起こす要因の
違いを見つけるプロセスが興味深い。
数千の症例を臨床体験されている著者だけに
その説得力は抜群。

中でも白眉なのは、最後の朗読劇の原作シナリオ。
これは著者のメッセンジャーとしての活動を演劇で
表したもので本邦初公開。
実際に体験した者でないと決して書けない内容。
死んじゃった後に、すべての仕組みが明らかになって、自分が仕掛けておいた学びのプラグラムが見えてきた(P.261)

わかりやすく言うと、自分で仕掛けておいた試験問題みたいなもんだね(P.262)

死んでみると、人生のあちこちに仕掛けてある試験問題の大切さが、とってもよくわかるんだ(P.262)

私も自分で仕掛けておいたテストをぜひ確認したい!!
光になるのも楽しみ!?(^^;)

尚、著者は「スピリチュアル・カウンセラー」と
「スピリチュアリティ・カウンセラー」を峻別する。
前者は「霊的能力を用いて」依頼者を救う。
江原さんあたりが最も有名。
後者は「依頼者の精神性」を健全に保つことを目的とする。
著者は後者であることを強調する。
真に人を救うのは、薬や奇跡やスピリチュアルな力でなく、「愛情」と「希望」なのです。未来への希望を抱いていただけるよう導くこと・・・それこそが、スピリチュアリティ・カウンセリングの方法にほかなりません。(P.305)

前者はその能力を持っている人しかできないが、
後者ならだれでも可能なはず。
皆が「スピリチュアリティ・カウンセラー」として
自分のまわりの人々を助けてあげられるように
今後、詳細な分析や指導法を随時発表されていくとのこと。
続編も大いに期待したい。

飯田先生の本はいつも温かさに包まれて、
先生のお人柄をそのまま映し出し、感動至極。
人生のあらゆる局面は意味があり、
自分で書いてきたシナリオであることを再確認できる。
何が起ころうとも笑顔で顔晴っていこうo(*^▽^*)o~♪
と、思える。

必読といっていい。

2010年度ブックレビュー#005

教授の恋4

教授の恋―彼はいかにして運命の人を探し出したか?
教授の恋―彼はいかにして運命の人を探し出したか?

マイブーム、福島大学教授・飯田史彦先生シリーズ。
通算10冊目。最新刊。

「小説という形でしか伝えられない真理がある」
と帯にある通り、これまでの論文調エッセイスタイル
をやめ、小説スタイルに初挑戦。

教授の「愛」でなく「恋」であることがポイント。
「愛」が語られることは多いが、
「恋」に重きを置いて語られることは少ない。
画期的と言っていいだろう。

ツインソウル」に気づき、臆することなく
勇気をもって「恋」を楽しめ
と、鼓舞する。
それも学びである、と。

この手のスピリチュアル系の本で、この手の実用的(!?)
アドバイスは極めて珍しいのではないか!?
勇気が凛々と湧いてくることは確か。(^o^)

ただ本書は全体で343ページ。
最初の2/3の部分で日本中を東に西に飛び回る旅行記となっている。
各地の名産品共々描かれているが、旅行に特に興味のない私には
正直、退屈な描写。

p.228以下の「光との会話」から
いよいよクライマックスに至る。
そこに至るまでの導入があまりに長い。
100ページくらいで本題に入って欲しかった(^_^;。
が、小説初挑戦なので、それもやむなし。
その部分を私は減点1とするが、
旅行好き、鉄道好きには前半も十分楽しめる内容だろう。

後半1/3の「光との会話」は例によって
臨場感あふれる独特の筆致。
しかも形而上学的恋「」論でなく
形而下学的「」愛論を展開しているので、
私のような俗物は一気に読み進める。(^_^;
その意味で小説的手法は十分成功している。

本書は真面目なタイプの20-30歳代の若者に読んでもらいたい。
今一歩、勇気を出せずに踏み込めないでいる方に。
「恋」することも今世のひとつの立派な学びであることを
スピリチュアル的に立証してくれているのだから。
こんな風に悩んでいる方にぜひ本書をお薦めしたい。

「運命のヒトは黙って待っているだけでは
出会えないよ。思い切って踏み出してごらん。」
そのひとことを添えながら。(*^_^*)

車椅子父さんの絵日記5

車椅子父さんの絵日記―Forever Love 「生きがいの創造」に挑戦した難病患者さんのドラマ
マイブーム、福島大学教授・飯田史彦先生シリーズ。
通算9冊目。
正確には、飯田先生と車椅子父さんの共著。

不治の病との闘いのさなか、飯田先生の著作を読み、
励まされ手紙を書いたことから始まったお二人の縁。
車椅子父さんのブログを中心に、その時に実際に起こっていた
裏の現実を飯田先生が補い解説している。

私自身はリアルタイムではそのブログを読んでいなかったが
嫁は読んでいたらしい。ただ、飯田先生とのつながりは全然
知らなかったらしい。

すでに車椅子父さんは「光」となって肉体は持っていないが、
「死とは肉体を持たずに生き続けることである」ことを
飯田先生から学んでおられるので、唯脳論者のような
悲観も失望も残されたご家族には薄い。
スピリチュアルな視点を持っておられた分
「天国からの手紙」のご家族のような後悔の思いが少なく思えた。
それもたましいレベルの違いによる必然なのだろうか。

しかし、我が身に置き換えたときに
身を切られるような切なさは如何ともしがたい。
号泣。

月並みながら、平凡な毎日の幸福感をしみじみ味わう。
普通に歩くことができ、普通に眠ることができ、
普通にご飯が食べられることの幸せ。

しっかりと生きていこう。
そう思わずにはいられない。
必読。

車椅子父さんの絵日記―Forever Love 「生きがいの創造」に挑戦した難病患者さんのドラマ

---------------
売上冊数:2冊
売上金額:758
在庫数:1,606冊
---------------
歩数:10,300歩
ノルマ達成\(^o^)/
---------------
ありがとう:1,037
マラソン累計:1,684,240
---------------
今日の体重:62.8

ツインソウル5

ツインソウル―死にゆく私が体験した奇跡
ツインソウル―死にゆく私が体験した奇跡

マイブーム、福島大学教授・飯田史彦先生シリーズ。
通算8冊目。
マケプレで別の店舗から先生の本を同じ時期に
3冊購入した中の一冊だが、たまたま一番最後に届いた本。
きっとこれを最後に読め、ということだろう。

2005年12月に100CCを超える大量の脳出血で意識障害を起こし
救急車で大病院へ運ばれ、緊急の開頭手術を受ける。
奇跡的僥倖が重なり、九死に一生を得るが、
その際のいわゆる「臨死体験」の中で
「究極の光との対話」によって賜った「珠玉の知恵」を集めた書。

その意味で、昨日の「生きがいの創造 2」より
一層スピリチュアル度は高い。
面白い人には究極の面白さ。
わからない人には、もうキ○○○の戯言。
むろん私は前者。
貪るように読んだ。(^o^)

人生を終わってから問われることはたった三つ。
それは、学ぶ努力、愛する努力、使命を果たす努力をしたか否か。
社会的成功とは全く関係なく、この三つだけに価値があるという。

また「大いに笑い、また笑わせる」ことが大切。
笑うことはいかなる治療にもまさる、万病に効く薬。
なぜなら笑うとき、人は「光」の次元とつながって
光のエネルギーを受け取ることができるから。
笑いは「あちらの世界からのエネルギー補給」
という意味があったんだ!!
新たな視点。(._.) φ メモメモ

そのほかにも「人生の目的」「予定外の死」「ツインソウル」
「残存思念」「宗教の真実」といった興味深い話題満載。
連日推薦本が続くが、本書もやはり「必読書」といわざるを得ない。(笑)

さておよそ一ヶ月間マイブームとなった飯田先生の著作も
本書でとりあえずひと休み。

飯田先生の一連の著作群によって
私の立脚点も一層定まった。
私の人生のベクトルは間違っていなかったし
体系的バックボーンの構築に大変役立った。
先生には深く感謝したいし、今後も先生の著作には
注目し続けていきたい。

最後にこれまで読んだ八冊のスピリチュアル度を書いておきます。
あくまで主観的なものですが、ご参考までに。
★が多いほどスピリチュアル度は高いとお考えください。
精神世界的アプローチがお好きな方は上から
科学的論理的アプローチがお好きな方は下の著作から
読まれると、入りやすいと思われます。

★★★★★「ツインソウル」「生きがいの創造2
★★★★・「生きがいの創造」「人生の価値」「生きがいの本質
★★★・・「生きがいの創造3
★★・・・「ソウルメイト
★・・・・「愛の論理

---------------
売上冊数:2冊
売上金額:604
在庫数:1,615冊
---------------
歩数:10,828歩
ノルマ達成\(^o^)/
---------------
ありがとう:2,396
マラソン累計:1,677,268
---------------
今日の体重:62.8

生きがいの創造 25

ついに来ました!
一番読みたかった「生きがいの創造 2
マイブーム、福島大学教授・飯田史彦先生シリーズ。
通算7冊目。
予想を裏切らない出色のおもしろさ。\(^o^)/
飯田先生が説かれてきた「生きがい」論の裏話的逸話が目白押し。

江原さんでいうと、自らの少年時代の霊的体験を
率直に語られている「スピリチュアルな人生に目覚めるために―心に「人生の地図」を持つ」に相当する著作。

スピリチュアルな世界を信じない方には
眉唾な笑い話の連続だろう。
それならそれでよし。
信じたい人だけが信じればよい。

「死後の世界」も「輪廻」も当然ことととして受け入れている、
私にとっては読んでいる2時間は至福の時間。
読みながらケタケタ笑ったり、シクシク泣いたりするので
隣で座っている嫁が「何事か!?」と訝しむことしばしば。(^_^;
著者の世界に完全に浸かっていられた。

いつものように穏やかな口調で「光」からのアドバイスを
提示する。しかし、決して説教臭くない。
利用したい方は自由に使ってください、という立場。

私にとって一番印象的だったのはP.302。
「試練に挑戦するということの意味は、辛いことに立ち向かうということだけではない。『人生を、いかに楽しむか』ということも、また『試練』のひとつ」という視点。
目から鱗が30枚ほど落ちた。\(◎o◎)/!

そして『バランス』という言葉に全ての答えはある、という。

「義務・仕事」と「自由・娯楽」との間のバランスを意識すること。
「どの時代の、どの場所に生まれるかということは、その者の学びと深く関係しており、この時代の日本に生まれた者は、物質主義とスピリチュアルなものとのバランスに挑戦するためにこの国を選んだ。」

腑に落ちた。

飯田先生の「生きがい」論の背景を知る上で、本書は不可欠な一冊。
スピリチュアルな世界を受け入れられる方なら100%満足
できる内容であることを断言したい。
私にとってはこれまで読んだ先生の中では文句なくナンバー1。
超お勧めの一冊。(^^)V

生きがいの創造 2

生きがいの創造3

生きがいの創造III
マイブーム、福島大学教授・飯田史彦先生シリーズ。
通算6冊目。

本書は2007年6月に超満員となった伝説の
「京都大学100周年記念ホール」講演を
ベースに加筆されたもの。
この講演の雰囲気に関してはこちらの7月3日
あたりに詳しく書かれています。

講演ということもあり、スピリチュアルな世界に
興味のない人にも受け入れやすい形で多くの事例を挙げ、
また同時に体系的な論文調にこだわり、
極めてバランスのよい形で全体をまとめ上げている。

それでもやはり私は先生の事例発表が一番興味深い。

喘息で入退院を繰り返している5歳の男の発言・・・
お母さんが「喘息になったのは、どうして?」と聞くと、
にっこりして「それは(生まれる前に自分で)決めてきた!
だって治すのが面白いからね」と言うなり、いたずらっぽく
クスッと笑って「ママ、ごめんね!」と言った。

人間関係に悩んでいる被験者が「光」からいただいた言葉・・・
「あなたが、相手の中に愛を見つけた時に、
あなたの中にその愛を感じるのです。
相手があなたに愛を与えてくれるのではなく、
あなたが相手の中に愛を見つけるのです」
つまり、
「人間関係は、あなたと、他の人との関係ではなく、
あなたと、本当のあなたとの関係なのです。
『あんなやつ、大嫌いだ』と思ってしまうあなたの表面意識と
『でも本心は、自分はあの人を愛したいのだ』という本当の
あなたとの関係、それが人間関係なのです」

これだ!!
お釈迦様の言われた
「すべてがあなたにちょうどいい」
とはこのことだったんだ!
自分の周りにいる人は全部自分自身の内面を
映し出している鏡に過ぎない。
だから自分が変わってしまえば、
見るもの全てが変わってしまう。

これ以外にも、先生の言われる「ブレイクスルー思考」
すなわち、「全ての物事には意味と価値があり、
表面的には失敗・挫折・不幸のように見えることも
全て自分の成長のために用意されている順調な試練である」
という視点を裏付ける数々の事例を読むことができる。

自分に超えられない困難はない、
なぜならそれらは全部自分が生まれる前に前もって
準備していたトラブルだから。
それを確信できる。

前向きに生きられること必至。
スピリチュアルが苦手な方にもオススメできる良書。
これまでの先生の理論が体系的にまとめられているので
整理する意味でも効果的。(^^)V
生きがいの創造III

---------------
売上冊数:2冊
売上金額:906
在庫数:1,618冊
---------------
歩数:11,135歩
ノルマ達成\(^o^)/
---------------
ありがとう:1,124
マラソン累計:1,674,872
---------------
今日の体重:63.2

人生の価値5

人生の価値―私たちは、どのように生きるべきか

最近のマイブーム、福島大学教授・飯田史彦先生シリーズ。
わが通算4冊目。
昨日の「愛の論理」が予想外の出来だっただけに
恐る恐る読み始めたが、今回の作品はバッチリ期待通り。(^^)V

豊富な臨床事例と膨大な読者からの手紙を中心に
「ロジック」でなく「レトリック」によって
先生の「仮説」の正当性を訴える。
いかに「論理」的であろうとも、そんな抽象論より
100の生の事実をあげてもらった方が
少なくとも私にとってはずっと説得力を持つ。

先生が提示した仮説は以下の5つ。

1.人生はトランスパーソナルな(物質としての自分を越えた精神的な)存在である。

2.人間の本質は、肉体に宿っている意識体であり、いわば研修所(修行の場)である物質世界を訪れては、生と死を繰り返しながら成長している。

3.人生とは、死・病気・人間関係などの様々な試練や経験を通して学び、成長するための学校であり、自分自身で計画した問題集である。
したがって、人生で直面する全ての事象には意味や価値があり、
全ての体験は、予定通りに順調な学びの過程である。

4.人生では、「自分が発した感情や言動が、巡り巡って自分に返ってくる」という、因果関係の法則が働いている。この法則を活用して、愛のある創造的な言動を心がければ自分の未来は、自分の意志と努力によって変えることができる。

5.人間は、自分に最適な両親(修行環境)を選んで生まれており、
夫婦や家族や親友のような身近な人々は、過去や未来の数多くの人生でも、立場を交代しながら身近に生まれている(いく)。

本書のエッセンスはまさに上記5点である。
それを証明するために、膨大な事例を挙げる。

この「仮説」を100%受け入れている私としては
どれもこれも感動的なシーンの連続。
TV「奇跡体験アンビリバボー」を100回見るのと同値。(笑)

昨日の失望を補っても余りある充実感。
早速、嫁にも推薦。
楽しい日曜日となりました。
ありがとうございました。(^_^)

---------------
売上冊数:4冊
売上金額:2,281
在庫数:1,446冊
---------------
歩数:1,336歩
ノルマ未達成(T.T)
---------------
ありがとう:1,007
マラソン累計:1,669,395
---------------
今日の体重:63.1

人生の価値―私たちは、どのように生きるべきか

愛の論理

◆今日はEXILEパフォーマのひとり、USAの誕生日。
おめでとう!
.☆.+:^ヽ(∇^*)o【♪祝♪】o(*^∇)ノ^;+.☆.

個性的なEXILEの中でも特に異彩を放つ彼。
他のメンバーはほとんど「白黒」の色が好みだが
彼だけが「緑、水色」が好き。
「趣味がパーティ」という、私とは個人的には決して
友達になれないタイプ。(笑)

今、ブラジルに旅立っており、、
サンバカーニバルとDANCE EARTHの旅を楽しんでいるに違いない。

愛の論理―私たちは、どこまで愛せばゆるされるのか
飯田先生の3冊目の本。

ただ残念ながら、今回のは
私にとっては全くあわず。(×_×;)
「愛」をテーマにした著作ということで
楽しみにしていたが、これまで読んだ本の
構成とはまるで異なり、キリスト、釈迦、
トルストイ、ヒルティ、アランなど
古今東西の偉人・哲学者の引用ばかりで
まさに学者の「論文」そのもの。

「恋」と「愛」の相違を論理的に説明してくれているが
「恋」は「心」が下にあり(下心)
「愛」は「心」が真ん中にある(真心)
で十分だと思うけど・・・(笑)

残念ながら、これまでの飯田先生の本の作りが
好きだった者には全くあわず。
2ページ読んでは欠伸、3ページ読んでは欠伸。
この連続。

今回は飯田先生の本の中では初めての「ハズレ」でした。
ただアマゾンのレビューを読むと、高い評価を
つけておられる方もみえるので、
こういう文章があう方にはあうのでしょう。

少なくとも今の私には全く無味乾燥で空虚な論文。
大学時代に行政法の教科書を読んでいる時を思い出し、
読む進むのに大変な精神力を要した。

こんなこともあるでしょう。
もう一冊購入した「人生の価値」に期待したい。

生きがいの本質5

先週「生きがいの創造」を読んだ。
マケプレでは何度も売っていたが、初めて自分読んでみて
予想以上におもしろかった。(^_^;
先週末にいつものBOに仕入れに出かけたら、
今度は「生きがいの本質―私たちは、なぜ生きているのか
が105円棚に並んでいたので、早速買って読んでみた。

私は全く知らなかったのだが、「生きがいシリーズ3部作」の完結版が
この「生きがいの本質」らしい。
奥付を見ると先に読んだ「生きがいの創造」の3年後に出版されている。
確かに「創造」が問題提起だとすると、「本質」は著者なりの根源的な答えを提示しているように読める。

前作同様、膨大な文献と読者からの手紙、著者の体験談
を折り込み、オカルト的な心霊話は一切排除し、
事実のみを記述し、著者の「仮説」を述べる、
論文のような体裁は変わらない。
そこに説教臭さや宗教的野望は微塵も感じられない。

さて、「生きがいの本質」について。
結論は実は冒頭で書かれている。
三歳児と四歳児の生まれる前の記憶をもとに
「生きることの意味」を解釈する。

それは「思い通りにいかないことを体験すること」
だと仮定する。
この一見意味不明な仮説に対する著者の
論証が残りの300ページでなされる。

著者は自分の意見は「絶対的な真理」ではなく、
「仮説」であり、ひとつの「解釈」である、
と、繰り返し力説している。
最終的には「自分で判断してほしい」と。

が、著者と同じスタンスに立つ私としては
本書はまさに「模範解答」そのものであり、
それ以外の解などあるはずもない。

豊富な事例とそこここに見られるユーモア溢れる
文体は私の好みにピタリはまる。
しばらくは「飯田ワールド」にドップリの予感。(^^)V

今日も快適な一日をありがとうございました。

---------------
売上冊数:1冊
売上金額:306
在庫数:1,618冊
---------------
歩数:10,273歩
ノルマ達成\(^o^)/
---------------
ありがとう:1,035
マラソン累計:1,664,612
---------------
今日の体重:62.8

生きがいの創造

生きがいの創造―“生まれ変わりの科学”が人生を変える

前回の野口先生のPodcastで紹介されていた本。
旧版だったが、ちょうどせどりで仕入れてあったので、
早速読んでみた。

輪廻転生に関する科学的事実を膨大なデータとともに
提示し、生きる意味と目的を論じている。
「輪廻」を当然の真理として受け入れている
私としては「天地がひっくり返るような」
衝撃は全くないものの、本書が
今から10年以上も前に出版されていることと
大学の経営学の現役教授の著作であることに
驚かされる。

本書に書かれていることは、江原さんや正観さんの
言われていることと全く同じ内容であり、
個人的には全く信じて疑わない。

その能力を科学者から認められた数少ない「魂と会話のできる人間」
としてジョージ・アンダーソンという男性が登場し
そこで様々な実験(リーディング)が報告されているが(P.198)、
江原さんが「オーラの泉」や「天国からの手紙」で示されている
ものと全く同じである。

これだけ示されて未だに「やらせ」と大騒ぎしている
日本のマスコミのレベルの低さに呆れる。
信じたくない者は信じなくてよい。
本書でも何度も語られているが、
「いずれにしても、死ねばわかること」なのだから。

ほぼ同じ内容ながら、読み慣れている江原さんや
正観さんとはまた違う語り口で、「真理」を語って
もらえたのは新鮮だった。

何が起ころうと、この人生はすべて自分で選択している。
責任主体は全て自分であることを肝に銘じて
この人生をこれまで以上に「楽しみ」たいと思う。
その思いを一層強くすることができた。
ありがとうございました。

生きがいの創造―“生まれ変わりの科学”が人生を変える

---------------
売上冊数:3冊
売上金額:1,111
在庫数:1,618冊
---------------
歩数:11,954歩
ノルマ達成\(^o^)/
---------------
ありがとう:1,061
マラソン累計:1,660,468
---------------
今日の体重:63.0
プロフィール


最新コメント
月別
カテゴリー別
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

twitter