Ordinary

日常生活の些細なことに幸せの種を見つけて楽しんでいる平凡なオヤジの視点

Excel

複数のシートに分かれたデータを1枚のシートに合体する

今日は朝からタイピングテストの結果集計。
55クラス分をまとめるので、なかなか骨が折れる。
しかも今回は大学側からクラス単位でなく
個人単位でのデータも同時に欲しい、
旨の連絡を受けていたので一層大変。(^_^;)

1クラス1枚ずつにまとめられたデータを
1枚のシートに合体させなくてはならない。
5クラスくらいなら手作業でもできるが
55クラス分をひとつひとつやっていたら
さすがにメゲル。(^_^;)

何かいいマクロはないか探したら、あった。
複数のシートのデータを同じタイトルの列名でまとめるEXCELマクロ
どこかの賢い方が作ってくださったマクロ。

使い方は極めて簡単。
まとめたいブックを予め起動しておく。
そして上記マクロを起動し、「シート結合の実行」ボタンを押す。
すると開いているシート名がダイアログボックス内に
表示されるので、それをひとつひとつ選択して、「OK」を押す。
それだけ。

55枚のシートがほんの数秒で1枚の独立したシートに集う。
超便利!!
作成者の方に心から感謝したい。
ありがとうございました。m(_ _)m

Excelで1行おきに空白行を入れる

ある雑誌を読んでいたら、知らないExcel技を発見したので
シェアします。(^_^)

たとえば、こんなふうに連続データが入っている時
01

1行おきに空白行を入れたいとする。

普通に行番号をドラッグし、右クリックで挿入を入れる。
02

すると、10行目まで全部が空白行になってしまう。
03


そこで、10行目までドラッグするときに
Ctlを押しながら、1行ずつクリックする。
04

よく見ると範囲指定されている行の状態が微妙に異なる。

すると、1行ずつ空白行が挿入される。
05


こんな技知らなかったなぁ。
昔からできたのだろうか!?
どのバージョンからできるようになったんだろう!?

1行ずつ空白行を入れる機会は結構あるので
今度是非この技を使いたい!(^_^)

Excelはホントに奥が深いわ\(◎o◎)/!

丸付文字のオートフィル5

Excelで,鬟ートフィルして◆↓と出そうとしても、
数字と認識されていないため、,コピーされるだけ。
こんなふうに。
オートフィル1


しかし、ちょっとアタマを使うとオートフィルできる。
そのためには2つの関数を絡める。
1)code関数で丸付文字を文字コードに変換する。
すべての文字には番号が振られているのでそれを見つける
2)さらにそれに+1して次の文字を指定する。
3)最後にchar関数で文字コードを逆に文字に変換しなおす
こんな風に。
オートフィル2


その結果をオートフィルすると丸付文字を出せる。
オートフィル3
ただし、無限に出せるわけではなく、登録されている瓦泙如(^_^;)

しかし、これを応用すると、アルファベットやギリシャ文字も
オートフィルできる。
オートフィル4


久しぶりにPC雑誌をめくっていたらこんな記事があり、
感動したので早速シェアさせて頂きました。
新年最初のPC講座ということで。(笑)

1つのブックにまとめるマクロ

学生に提出してもらったExcelファイルを集計するような時
いちいちファイルを開いて、確認するのは面倒。
その際、一つのブックにワークシートを全部集めてしまえば、
串刺し計算やら分析やら色々と加工が容易くなる。
そんな時に使えるマクロ。

ファイルはすべて同じフォルダに入れてください。
集計用のシートを一枚作成しておき、以下のマクロを実行。
集計用シートの後ろにすべてのシートが集まってくれます。
集計終わると、何コのブックを集めたかもメッセージボックス
で表示してくれます。

ファイル数は何個でもOKのはずですが、私が実際に試したのは30コまでです。
------------------------------
Sub consolid()
Application.ScreenUpdating = False '画面更新を一時停止
Set mb = ThisWorkbook
myfdr = ThisWorkbook.Path
fname = Dir(myfdr & "\*.xls") 'フォルダ内のExcelファイルを検索
Do Until fname = Empty '全て検索し終えると、fname = Empty となるので、その間以下を実行
If fname <> mb.Name Then 'ファイル名がこのファイルじゃなければ
Set wb = Workbooks.Open(myfdr & "\" & fname) '選択したファイルを開く
wb.Worksheets(1).Copy After:=mb.Sheets(mb.Sheets.Count) 'コピーしてまとめ用ブック末尾に置く
wb.Close '選択したファイルを閉じる
n = n + 1 'ブック数をカウント
End If
fname = Dir '選択したフォルダ内の次のExcelファイルを検索します
Loop '繰り返す
Application.ScreenUpdating = True '画面更新一時停止を解除
MsgBox n & "件のブックをまとめましました。"
End Sub
------------------------------

一応、自己責任で自由にご活用ください。m(_ _)m

EXCELで1行おきに行削除する方法5

久しぶりにExcel講座。(^_^)

1行おきに空白行が残るこんなデータがあるとする。
001
偶数行が余分なので手っ取り早く削除する方法を考える。

順番が変わっていいのなら簡単。
A列全体を範囲指定し、昇順(または降順)に並べ替える。
002

するとこんな感じですべて空白行は消える。
003

もし順番を変えずに、空白行だけ削除するとなると
多少細工が必要。

まずは左側に1列挿入。
004

追加した列に残したい行に「0」、消したい行に「1」を入力。
オートフィルを使えば超簡単。
005

フィルタで「1」のみ抽出。
006

そこで残った行を全て削除
007

そしてフィルタを解除すると「0」のみ残る。
008

挿入したA列を削除すればゴール
009


マクロを使えば、上記のようなことは実現できるが
マクロは初心者にはちょっと敷居が高い。
「フィルタ」程度なら難易度ずっと下がるはず。
機会があったら使ってみてください。(^_^)

Excelの奥深さ5

PCインストラクタを始めて早10年以上。
WordとExcelを使わない日はない、
というほど毎日のように使用している。
それなのに先日エントリーしたように
いまだに知らない裏技がひょっこり出てくる。
今日はエクセルで。(^-^)

エクセルで合計・平均・最大・最小を出す。
以下のような典型的な場面。
関数1


ここで私は必ず、答えを表示したいセルをアクティブにして、
そのあと「オートSUM」のボタンをクリックする、と教える。

引数を範囲指定してからボタンを押す
関数2

のようなやりかたは、「合計」だけならともかく、
上図のように、「合計」「平均」「最大」「最小」と
項目が増えたときに困ってしまうから。

ところが今日とんでもないことを知った。

何と先に引数を範囲指定してから、関数を指定しても
関数3

ちゃんとすぐ下に正しい答えを表示してくれるのだ!
「最大」「最小」も同様にできた。

さらに行列を入れ替えて、横方向に伸ばしても
ちゃんと答えを表示してくれた。
つまり、隣接するセルなら先に引数を指定してから
関数を選択しても全く問題ないのだ。

むしろ、関数を指定してから引数を変更する際に
失敗する学生が多いので、先に引数を指定する方が
トラブルは少ないかも知れない。

でも基本関数ならともなく、IF関数などの引数が複数個
必要な関数へのつながりを考えると手順は揃えたほうが
混乱少ないか!?

う〜〜ん、悩む。
奥が深いなぁ〜〜、Excel。
これだから飽き性の私がこんなに長く
インストやっていられるんだよな〜。(笑)

また授業方法を練りなおす必要が出てきた。
フ〜〜。
もっともこの試行錯誤が最高に楽しいんだけどね。\(o⌒∇⌒o)/

PDFの変換5

以前PDFをテキスト変換する際には悪戦苦闘したが、
あれから2年経ち、すっかり状況は変化した。

PDFをWordに簡単に変換してくれるサービスを発見。
こちら―→「PDFtoWord
英語のサイトだが使い方は極めて簡単。
STEP1・・・ローカルPCから変換したいファイルを指定
STEP2・・・Word形式かリッチテキスト形式かを選択
STEP3・・・自分のメールアドレスを指定
たったこれだけ。
200KBのファイルで1分以内。
700KBのファイルでも2分以内にメール添付されて返送されてきた。
ともにZIP形式で圧縮。

クリップアートなどの図形もある程度きちんと変換されており、
無料サービスで、このスピードでやってくれるなら御の字。
バンザーイ \(≧∇≦)/\(≧∇≦)/\(≧∇≦)/\(≧∇≦)/ キャァ♪

さらに姉妹サイトではなんと「PDFtoExcel」も。
こちらは表形式はきちんと変換したが
さすがにグラフは変換してくれなかった。
これは仕方ないね。(^^;)

Word・Exce→PDFはOffice自体がすでに標準でサポート
しているが、逆は苦労していた。
有料のソフトはあるものの、そんなに頻繁につかうので
ないのならわざわざ買うのも惜しい。
今回のサービスは、クラウドで処理されるので
ソフトのインストールも不要でさらに無料ときて
申し分ない。

100%完全再生とは言えないものの、
充分実用に耐えるレベルだと思う。

機会があったらぜひ使ってみてください。(*^^)

Excelグラフ5

後期の授業の中心はエクセルのグラフ。
2007になって大幅に機能が強化された分野。
2007に慣れると。2003のデフォルトグラフのダサさは
ちょっと許し難いほど。(^_^;)

タブに慣れないと面食らうが、慣れてしまえば
極めてわかりやすい。

グラフツールタブのうち
1.根本からグラフを変更したいとき・・・「デザイン」
2.グラフにないパーツを後から追加・・・「レイアウト」
3.グラフにあるパーツの見ばえを変更・・・「Ctrl+1」(書式)
と、理解すれば何とかなる。(^_^)

いつもこの鉄則を繰り返し説明すれば、
学生も慣れていく。
後期始まって、ほぼ1ヶ月経過したが、
初めて見るグラフもそこそこ作成できる。

====================
グラフにもだんだん慣れてきたので、
スムーズにできるようになりました。
この感覚を忘れないようにしたいです。
====================
前回より戸惑わずにすばやく作ることができました。
さらにグラフを作るのに慣れてきたと感じました。
====================
だんだん分かるようになったので、楽しかったです。
色々やり方を習得していくと、徐々に慣れてきました。
====================
今日はきちんと内容についていくことができました。
少しずつでも以前よりできるようになってきたのでうれしいです。
覚えたことを忘れないようにしたいと思います。
====================

今どきの大学生には似つかわしくないほど、
真面目なクラス。(^_^;)
こちらも身が引き締まる。
週の最後にこのクラスが担当できて非常にありがたい。
今週も気持ちよく一週間を終えることができました。(^_^)
ありがとうございました。

Excelコンテストその後5

休みの間の気分転換に解いて遊んでいた、
Excelコンテスト
数ヶ月前のことなので、提出したあとすっかり忘れていた。

今日、帰宅したら日経PCから封筒が来ていた。

封を開けると、何と「努力賞」に選出されたとのこと。


500円の図書カード頂きました。(^o^)

3問のうち、最後の一問だけ自信がなかったのだが、
正解者一覧をみると
名前が載っているので、全部あっていたみたいだ。(^o^)

久しぶりの仕事で、肉体的にはハードだったが、
思わぬタナボタで疲れも吹き飛ぶ。
明日から休み。
うれP〜〜。

ツイてる、ツイてる、ありがたや。(-人-)ナームー...

エクセルの限界5

大学ではおもに、Word、Excel、PowerPointを教えているが
なんといっても奥が深いのはExcel。

Wordで入力ばかりやっていると飽きてくる学生たちも
Excelのオートフィルや関数の技を教えると
目の色変えて食いついてくる(事もある)。(^_^;)

Excelは表計算とグラフしか大学では教えないが
こんなこともできる。
こちらをやればもっと盛り上がることは十分
わかるが、さすがに大学では教えにくい。(笑)

さらに今日こんな芸術品を見つけた。
(視聴にはニコ動のIDが必要)
こんなことまでExcelの守備範囲だったとは!!\(◎o◎)/!
どうやって作るか全くわからないけれど・・・
Excelの限界は一体どこ??
プロフィール


最新コメント
月別
カテゴリー別
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

twitter