Ordinary

日常生活の些細なことに幸せの種を見つけて楽しんでいる平凡なオヤジの視点

Gmail

Gmailで大量のメールを一度に既読にする方法

Amazonもそうだが、GmailもUIを頻繁にコロコロ変える。
慣れるのに大変で、新たに追加された便利な機能に
気付かないことがしばしば。(^_^;)

Gmailは未読メールの数がラベルの横に(3)のように数字
で表示される。何となく気分としてそこに数字が残っていると
気になるので全部「既読」にしておきたいと思う方が、
几帳面な日本人なら多いはず。

その際、
1.メールをひとつひとつ選択して
2.「既読にする」のボタンを押す
の2STEPが必要だった。
しかし、新バージョンから不要になった。

メールをどれも選択しない状態で上のメニューの「その他」をクリック
gmail

「すべて既読にする」

一発で「未読」→「既読」メールに変換可能。(^^)v

ポイントはメールを選択していない状態で
「その他」をクリックすること。
お試しあれ!

Chrome上でのGmailの等幅フォント表示5

昔専用メーラーを使用していた頃、
等幅フォントのテキスト表示は当然のことだった。

しかし、今ではGmailで一元管理。
便利な事この上ないGmailだがフォント変更が
できないのは、ちと不便。
テキスト表示された表などは等幅フォントでないと
崩れて見える。
これまでは我慢してきたが、Extensionにあるのではと
調べてみたら案の定あった。

Fixed Width Text for Gmail

カンタンにインストールでき、Chromeを再起動すれば、
見事に等幅フォントに変更できた。\(^o^)/
これは便利。

これで、わがGmailはより一層自分の理想に近づいた。(*^^)v

Gmailのメール転送5

マケプレで本が売れると
私のGmailのアドレスに「注文確定」メールが届く。
私が大学の仕事に出かけているときには、
帰宅したあと書庫から持ち出し、カミさんに梱包を頼む。
10冊位まではそれで良かったが、毎日20冊近く売れ、
しかも夕方集荷に来てもらうようになると、
注文が確定した段階でなるべく早くカミサンに連絡し、
梱包してもらう必要が生じた。
午後3時に売れた本でもうまくいけば、
その日の集荷に間に合わせることができる。
そうすれば実質1日分早くお客様の元に
届けることができる。
自分で本を注文するからよく分かるが、
注文した本は一日でも早く読みたい。

これまではアマゾンからメールが届くと、
私がカミさんの携帯にメール連絡。
それで梱包の準備に入ってもらっていた。
しかし、私が授業中のときなど、すぐに
メールチェックできない時もある。
そんな時は残念ながら翌日発送となる。

何とかアマゾンからのメールをできるだけ早いタイミングで
嫁に読んでもらえないかを考えたら、
私宛のメールをカミさんの携帯にも転送すればいいことに気づいた。
そうすれば私がイチイチ介在せずとも一度で済む。

さっそく、Gmailの設定を変更する。
転送メールを嫁の携帯に指定して、
嫁のメールアドレスの確認をとる。
それがOKとなったところで、「フィルタ」を設定し、
転送先に指定する。

ところがこの段階で「メールアドレスが多すぎます」
のエラーメッセージが出て転送設定できない。
なぜだ!?
転送先なんて、私の携帯アドレス1つしか登録していないのに・・・

いろいろ調べたら、Gmailのフィルタ転送は最大20件の
上限があることを知った。
私の転送状況をみてみると、20件分たしかに
転送していた。
そんな制限あることを知らなかったので
重要度も考えずに、バンバン携帯に転送していた。(^_^;)
調べてみると、今は殆どやり取りのない、
重要度の低いアドレスまで転送指定してあったので、
さっさと削除。

余計なアドレスを削除して、カミさんのを
指定したらあっさり出来た。\(^o^)/
無事完了。

今日一日、この設定でやってみたらすべて嫁の携帯にも
メールが飛んで一層快適な環境を整えることが出来た。

Gmailの転送は20件がマックス。
意外な盲点でした。
うまくいかない方は一度ご確認あれ。(^_^)

Gmail5

私はホームページ(ブラウザで最初に開くページ)は
Gmailに設定してある。
色々試してみたが、これが一番使い勝手がよい。
さらにGmailからtwitterのラインが読めるようにしてしまった。
ますます快適。(^o^)

Gmailは左隅に「チャット」があり、
アドレス帳に登録しているユーザーがログインしていると
緑色になってわかるので、そのままチャットも出来る。
Skypeも無料で便利だが、アプリをもう一つ起動しないといけない。
その点、すべてブラウザ上でできるGmailに一日の長がある。

1Fの自分の部屋にいる息子に2Fから呼ぶときには
このGmailチャットを使う。
こんな調子でGmailに親しんでいる息子は
友人との連絡にもGmailを使っているようだ。

息子の友人の半数は携帯を持っているようだが
息子には中学の間は携帯を持たせないと宣言しているので、
メールのやりとりはすべてGmailを使っている。
それで十分機能は果たせる。(^o^)
さらにGoogleのアカウントをもっている子とは
Googleチャットもしている。

これが全部無料だもの。スゴスギ。
ChromeOSに移行するのも時間の問題か!?(^_^;)

スパムの嵐5

Gmailの利点のひとつに強力なスパムフィルタ
の機能が挙げられる。
とにかくハンパでないスパムの量なので
普通のメーラではスパムの山に必要な
メールが隠れてしまうほど。
お気に入りだったAL-Mailを諦めたのも
これが原因。

時々誤判断で必要なメールが紛れてしまうことも
あるが、それ以上にほぼ自動でスパムを
フィルタリングしてくれる機能の方がありがたい。

Gmailは30日間経過すると自動でスパムを
削除してくれるのでイチイチ削除する必要もない。
逆に言うと今残っているスパムが過去30日間に
送られてきたスパムの量を表している。
で、どのくらいあるかというと・・・



もうすぐ10K。
30日間で約10Kということは、
1日平均300通以上も送られてくる計算。
資源の無駄使い、と思うが送られる側としては
如何ともしがたい。┐(´-`)┌

10Kを超えるのも時間の問題。
X-Dayは明日くらいか!?

E-mailの送信アンドゥ5

「E-mailは一度送信してしまったら、
二度と取り消しはできないから注意するように」
授業ではずっとそう教えてきた。

しかし、今学期からこの説明は必ずしも正しくなくなった。
取り消しが可能になったから。\(◎o◎)/!

ある一定の条件がある。
1)Gmailを使用
2)Google Labs(グーグルラボ)を有効に
3)「送信取り消し」機能を有効に
以上3点を有効にすると、送信アンドゥが可能になる。

送信後、5秒(または10秒の選択可)間、
「キャンセル」の文字が表示される。


その間にクリックすれば、「送信を取り消しました」
と表示され、そのメールは「下書き」扱いとなる。



またまたGoogleが新たな機能を生み出してくれた。
大変ありがたいのだが、
ネットの常識が次々覆されるので、
教える方はなかなか大変。(^_^;)

Gmailが落ちた時5

メールをGmailで一括管理するようになって2年以上経つ。
プロバイダはSo-netだが、そちらのメールもすべて
Gmailに転送しているので、別個メーラを起動する必要もなく
ブラウザで全部処理できる。

YahooメールやHotmailで感じたWebメール独特の
ノロノロ感は全くなく、必要なメールも瞬時に
探し出してくれるし、7GBの大容量。
スパムメールもほとんど処理してくれて、申し分ない。(^^)V

自宅以外にも大学からもメールチェック出来、
PCが逝ってしまって、データが全部消えたが
メールだけは当然ながら生き延びた。
いい点ばかりのGmailだが、ひとつ問題点がある。
それはネットが繋がっていないと
メールが読めないこと。(^_^;)

ネットがあればどこからでもアクセス
できることの裏面。

先日、Gmailが全世界的規模でアクセス不能となった。
これまでも数分単位でなら、不安定なことは
時々あったが、何時間の単位でこんなに大規模に不具合が
起きた経験は私が使い始めてから初めて。

すでに完全に普及しており、また急ぎの仕事もなかったので、
私自身の実害はほとんどなかったのが不幸中の幸い。

もしかの時にそなえて、通常の入口以外の抜け道も
準備しておかないといけないことを痛感。
こんな手段を。

livedoorメール

ライブドアの「株主」であると同時に「利用者」である
という意味で前社長のホリエモンが造った、
「インベスタマー」<インベスター(投資家)+カスタマー(顧客)>
という概念が私はとても気に入っていた。

だから「Blog」も「Livedoor Reader」も
新しいサービスが出れば、とりあえず何でも
使ってみた。
そしてそのほとんどはとても使いやすく
す〜〜と使ってきた。

ただライブドア贔屓を自他共に認める私でも
「これだけは使えない」と思ったサービスが
一つだけあった。
それは「livedoorメール」。

余りにも重い。(×_×;)
メール1通削除するにも数十秒かかる
ようではとても実用に耐えない。
定期的にのぞいてきたが、一向に改善されないため
もう最近は「放置プレイ」状態だった。(^^ゞ

ところが、「livedoor メール」が「Gmail」になるらしい。
2007年8月「livedoor メール」をシステムリニューアル
これはGOOD NEWS!

これでライブドアも経費が節約でき、
しかもずっといいサービスになる。
一石二鳥。
メールアドレスも短くなり、いいことずくめ。
あと1ヶ月ほどで使えるようになるとのこと。

私の中でWebメールの悪印象をすべて取り去ってくれたGmail。
ライブドアのアカウントでもそれが使えてうれしい限り。
どうやって使い分けしようか、それを考えただけで
今からワクワクである。(^_^)

---------------
売上冊数:1冊
売上金額:376
在庫数:1,485冊
---------------
歩数:9,295歩
ノルマ未達成(T.T)
---------------
ありがとう:1,277
マラソン累計:1,269,162
---------------
今日の体重:63.5
プロフィール


最新コメント
月別
カテゴリー別
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

twitter