Ordinary

日常生活の些細なことに幸せの種を見つけて楽しんでいる平凡なオヤジの視点

SCAPE

裏Future Scape5

これまで数々のPodcastを聴いてきたが、
最も有益な情報が少なく、真面目さに欠け、
緊迫感がなく、ナビゲータにやる気がないのは
おそらくこのPodcastだろう。(笑)
裏Future Scape

小山薫堂さんと柳井麻希さん二人のDJの
ゆるさ加減がたまらなくイイ。
このコンビは最高だ!\(^o^)/
真面目な人には顰蹙ものの番組だろうが、
不真面目さを受け入れられる度量の大きい方なら(!?)
この番組の面白さは群を抜いている。

今年の4月に「おくりびと」を見て以来、
ずっとマイブームとなった薫堂さん。
裏Future Scape自体は3年前から始まっていたようだが
全く知らなかった。
ラジオ放送なら放送後の番組を聴くことは
不可能なのだが、Podcastは過去の放送分はすべて
保存されアップされているのでそれをダウンロードすれば
全部聴くことができる。
そこはPodcastの最もすばらしいところ!

ということで過去三年間分、160話余りを3ヶ月掛けて
通勤時間に電車の中で聴きまくった。
おかげで電車の中がどれだけ憩いの場になったか
しれない。

そして今日ついに過去ログ169話すべてを聞き終えた。
完全コンプリート。
(^^)//""""""パチパチ

明日からもう一度聴き直す。(笑)
一度聴いただけではもったいない。(^_^;)
それほどの面白さ。

ただ残念なのは、この面白さを共に語れる人が
周りにいないこと。それがちょっと淋しい。(T.T)

人を喜ばせるということ5

マイブームの小山薫堂さんシリーズ第5弾。(^o^)
人を喜ばせるということ―だからサプライズがやめられない (中公新書ラクレ)人を喜ばせるということ―だからサプライズがやめられない (中公新書ラクレ)
著者:小山 薫堂
販売元:中央公論新社
発売日:2009-04
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


薫堂さんはサプライズが大好き。
社員の方々の誕生日には必ずサプライズを
実施し、それをビデオ録画して忙しいさなかに
編集までするという。

そんな実際に行ったサプライズの数々を紹介している。
もっとも、ここに書かれているサプライズを
そのまま真似しても意味がない。
人を喜ばせて、わくわくした気分を疑似体験して
その現場の空気感を味わうことが本書の目的。

ただ、かなり個人的な話が多いので、
裏Future Scapeをある程度聴いて
人間関係を理解した上で読まないと
楽しさが十分伝わらないかもしれない。
それがちょっと残念。

かくいう私もこっそりサプライズは大好き。
秘かに準備して、相手が驚き、喜ぶ顔を見ると
本当に幸せな気分になれる。(*^_^*)

そういえば、EXILEのリーダーであるHIROさんも
サプライズ大好きで、メンバーの誕生日には
必ずサプライズプレゼントを準備することでも有名。

類は友を呼ぶ、というべきか、
すべてがあなたにちょうどよい、というべきか。
同じオーラを発している人に好感を感じるのか。

EXILEにも小山薫堂さんの周りにも
温かで幸せなオーラが満ちている。
人は「光」あるところに集まる。

ところで、今日更新された今週の裏Future Scapeでは、
自分が今週されたサプライズを楽しそうに告白している。(*^_^*)
それを聞いているだけでもこちらまで楽しくなってくる。
相方の柳井麻希さんとのコンビも最高。

2009年度ブックレビュー#55

薫堂ワールド5

相変わらず私の中では、薫堂さんブームは続いている。
Podcastは全164話のうち、
89話目まできた。やっと半分か。。。
まだまだ楽しめる。(^_^)。
毎日通勤電車内でクスクス笑いっぱなし。
ほとんど怪しいオヤジ。(^_^;)
あと1ヶ月夏休みに入るまでに
全部聴けるかな!?
最高に楽しいノルマ消化(^o^)

それ以外にも色々なところに顔を出している、
薫堂さんワールドを楽しめる。

たとえば、「アイ.ハコブ
「届けたい瞬間」は息子の出産時を思い出す。
「僕らをつなぐもの」は甘酸っぱい青春時代の一コマを思い出す。

たとえば。「旅先からの手紙
VOL.011 大人のラブレターが個人的には一番スキ。(*^_^*)

たとえば、誕生日サプライズ

探すと次々と出てくる。
どれだけ守備範囲が広いのだ!?(^_^;)

当分、薫堂ワールドで楽しめそう。(=^0^=)

おくりびと オリジナルシナリオ5

私の中では相変わらず、小山薫堂さんブームが
続いている。

Podcastの裏futurescapeは毎週土曜日はオンエア後
ただちに聞くことはもちろん、3年間分の過去ログを
すべてダウンロードし、毎日2-3話ずつ通勤途中に
聴いている。やっと1/3ほど消化。

今日読んだのはこれ。
おくりびと オリジナルシナリオ (小学館文庫)おくりびと オリジナルシナリオ (小学館文庫)
著者:小山 薫堂
販売元:小学館
発売日:2009-05-08
クチコミを見る


題名の通り、映画「おくりびと」のオリジナルシナリオ。
映画を見てから数ヶ月経過するが
映画のシーンが見事に蘇る。
当然といえば当然。(笑)

削られている箇所を比較すると、
シモネタ関係の所が多い気がするが、
偶然か!?(笑)

実質的原作といわれている「納棺夫日記」も
映画の「おくりびと」も見ている者としては
「納棺夫日記」がもはや「原作」とは、
とても呼べないことを痛感する。
全く別物である。

小説「納棺夫日記」の中には映画「おくりびと」に流れる、
「何か温かなもの」が感じられない。
この脚本があってこそのアカデミー賞であると再認識した。
映画を見ないのなら、「納棺夫日記」より
本書を読む方をお勧めしたい。

尚、以前この映画を自主的に宣伝してくれた小学生の話
をリンクしたが、その時に小学校に送ったビデオがYoutubeに
アップされていたので載せておきます。
薫堂さんの遊び心が満載でこちらも
とても温かな気持ちになれます。(*^_^*)




2009年度ブックレビュー#50

ヒトメボ5

街やカフェや電車の中で「いいな」
と思う人を見かけたとき、
携帯端末に表示されるスイッチを押して
位置情報を送信することで、
一目惚れした時間と場所を記録できるサービス。
ヒトメボ

もちろん、登録無料。

同じ時間、同じ場所で記録した2人がいたとき、
ヒトメボでは「2人は両想い」と通知してくれるそうな。(^_^)

粋なサービスだなぁ。(*^_^*)

これまでに2万人の会員登録があるそうで、
ひとめぼれの回数も2万回以上!
一目惚れランキング第1位は東京。
神奈川は第2位だそうです。
こういうとき都会はいいなぁ。

妻帯者なので今の私には無縁なサービスですが、
20年前だったら絶対登録してたな。(^_^;)

このシステムを考えた方がまた美人

小山薫堂さんのFUTURE SCAPEで知りました。(^_^)

考えないヒント5

映画「おくりびと」の脚本家・小山薫堂氏の作品。
私の中では、彼が今はブーム。(^^)V
本書は「おくりびと」が書かれる前、
2006年に書かれている。

考えないヒント―アイデアはこうして生まれる (幻冬舎新書)考えないヒント―アイデアはこうして生まれる (幻冬舎新書)
著者:小山 薫堂
販売元:幻冬舎
発売日:2006-11
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

もったいない主義」の底に流れている、
楽観主義の精神はここでも変わらない。

その精神の端緒が父親の教育にあることが明かされている。
「人生はつねにいいほうに、いいほうに、向かっているんだよ」
と子どもの頃から言われて育ったという。(P.27)
「ポジティブ・シンキング」という言葉のない、
ずっと前から超ポジティブ・シンキングだったそうな。

本書ではその楽観主義を前提に、
さらに「発想法」のコツが書かれている。
そのひとつ、「当たり前をリセットする」

突然ですが、横断歩道の絵を描いてください。
もし、
oudan_01
と描いてしまった貴方!
アラフォー世代ですね!?(^_^)

正しくは、
oudan_02


詳しくは、横断歩道を参考にしてください。

この横断歩道の話も本書に書かれています。(P.82)

当たり前に思っていることも一度リセットしてみると、
新しいアイディアの種を見つけるヒントになる、
という話。

彼はしかめっ面して、根詰めてものを考えるタイプでは全くない。
いつもしなやかに明るい視点で、人をどうやったら楽しませる
ことができるかをいつも考えている。
こんな風に

「人の喜ぶ顔を見るのが大好き」な彼の持ち前のサービス精神は
こんな番組にも垣間見られる。
裏FUTURE SCAPE。FM横浜のPodcast。

マッタリ感がたまらなくいい。
このくだけた雰囲気は、おぎやはぎを凌ぐ。(笑)
こちらの方も私と全く同じことをしていらっしゃるようだ。
毎週土曜日更新。
昨日は薫堂さんの会社の韓国への社員旅行の話。
超オモロ〜(^J^)
ほとんど雑談の延長線上に展開されてよもやま話の連続に大笑い。
そして時々語られる鋭い指摘に頭脳を刺激される。
このPodcastも十分「考えないヒント」となりうる。(^^)V

2009年度ブックレビュー#47
プロフィール

本宮とが



最新コメント
月別
カテゴリー別
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

twitter